鏡で見た印象でも、
写真を見ても、
やっぱりこの中で
似合うのは
リボンだなと思い…




「ドレスを
決めました」と
伝えに
サロンに行ったときのこと。



「もう他に
気になるものは
なさそうですか
っという、
担当のお姉さんの
悪魔の囁き…。



そこでつい、
「ホルターネックも
気になるはなるんです…」
っと
言ってしまったばかりに
「じゃ
着てみましょう
っと
なりました



もともと
優柔不断のわたし。



着てみたら
また
迷ってしまうと思ったので
そうお伝えしたんですけど…



「迷うのも、
今しかできない
楽しい時間ですよー!」
っと
言われて
つい
着てしまう



結局、
この日も
「決めた」と
思っていた
リボンのドレスと合わせて
4着
着させてもらったのだけど…



ホルターネックも
やっぱり
かわいかった



あ、
写真は
消してしまったようでした…。



でも結局、
やっぱり
リボンがいいなと思って
リボンに決定



担当のお姉さんに、
「無駄な時間を
すみません…」
って
言ったら…



「無駄なんかじゃ
ないですよー。
『やっぱり
これが一番!』って
思えたんですから



って。



なんという
ポジティブ思考



今考えると
やっぱり
このリボンのドレスしか
ないなーと
改めて思う。



2回目の試着しなかったら
ホルターネックだったら
どんな感じだったんだろ
って
なってたかも
しれないなー。



うむ。
ドレス選び、
深い。



そして、
ここから
わたしの
ウェディング熱が
高まって行くのであった…