関連記事はこちらからご覧ください。

陶器の窯元めぐり 〜四日市 竹政製陶〜

 
竹政製陶様を見学させていただいた後に、ちょうどばんこの里会館で行われていた「萬古焼の粋」という期限限定で開催されている企画展示会に伺ってきました。
ここには陶芸教室もあり、萬古焼ゆかりの地で学べる陶芸教室はとても魅力的です。
土に触ることって心の癒しにも繋がるな〜と思います。
陶芸体験はまだほんの数回ほどしかしたことがありませんが、事柄は違いますが、ガーデニングをして土を触っているとなんか心が落ち着きます。
 
とにかくすごいコレクション!
個性豊かな萬古焼が圧巻で展示されていました。
まだ竹政製陶さまでの興奮冷めやらないまま見学開始です。
 
時代の流れに沿って分かりやすく萬古焼の歴史をたどりながら見学することができます。
 
■ 萬古焼の始まり
室町時代に、楽市楽座の自由商業都市として栄えた桑名の有力な回船問屋沼波家[ぬなみけ]は、陶器専属の問屋で、当時茶碗として有名だった伊勢天目[てんもく]を扱った。その沼波家が江戸時代に作り始めたのが萬古焼である。屋号の萬古屋から命名した「萬古」「萬古不易[ばんこふえき]」の名は、何時の世までも栄える優れた焼き物という意味であり、伝統は現在に受け継がれている。(ばんこの里会館 HPより)
 
江戸時代中期に萬古焼を立ち上げた沼波弄山(ぬなみろうざん)生誕300年です。
萬古不易の印。
 
 
おなじみの鍋。(笑)
私も日本にいた時持ってました^^
 
江戸時代のものは赤が多く印象的。
歴史を遡りこうして目の前で貴重な作品を見られます。
 
 
鮮やかな色がぱっと目の前に!
明治あたりからはとっても華やかで、斬新な色合いに目が釘付けです。
世界のどんなお料理を盛り付けてもなんかおしゃれに決まっちゃいそうな器です。
とっても繊細で美しい細工が施された急須。
蓋の持ち手も微妙な形。ああ〜ため息〜🎵
落ち着いたなんとも言えないピンク色に恋をしてしまいました。
さて、ここからがちょっとシニカルで面白い展示。(笑)
 
天国と地獄とタイトルのついている部屋がありました。
こちら、地獄のお部屋。
じっと見ると骸骨の頭の上にはカエル!きゃ〜〜〜〜><
 
 
そして天国のお部屋にはキューピーちゃん。
なにかを企んでいるような微笑みに見えて仕方ない。(笑)
そして万古焼の面白さを見られたコーナーがこちら。
 
猫と魚。
なんだか意味深な構図です^^;
おかめとひょっとこの急須。
天狗の鼻が蓋の取っ手って・・・
ひょっとこの口が注ぎ口って・・・
面白い発想〜〜〜🎵
 
このポーズ萌え〜〜!
手が注ぎ口。かわゆい><
細やかな柄も美しい。
これでお茶を飲むと福がやってきそうですね。(笑)
 
リアルな象に注目〜〜!
急須というより置物に近いぐらいの細かさ。
 
持ち手と注ぎ口が繋がっているようなデザイン。
これもかなり個性的。

こちらは今回の企画のイメージのお写真にも使われていた美しい急須。

ちょっと面白い急須が続いたので、ここでホッとしました。(笑)

 

限られた時間の中でしたが、解説までしていただいての見学は学びも多く楽しかったです。

そしてハンサムな子を発見。

今にも喋り出しそうな表情に見とれてしまいました。

こちらでは作業の工程をビデオにて流してくださっていました。

百聞は一見にしかず。そんな感じで、ここで見ているだけでより理解を深めることができました。

この展示は、12月28日まででしたが大好評のため2019年2月3日(日)まで延長になったそうです。

私自身も今回こちらにお伺いして今まで持っていた萬古焼のイメージが新しく塗り替えられました。

ここまでのコレクションが集まることもなかなかないそうです!

ぜひ開催中にご興味のある方は足を運んでみてください^^

 

ばんこの里会館 【月曜休館】
〒510-0035 四日市市陶栄町4番8号
TEL:059-330-2020 FAX:059-330-2021
AM9:00~PM5:00

 

最後に、私が一番欲しい〜〜と思ったのは・・

たぬきの無防備なポーズの急須。(笑)

こちょこちょしたくなっちゃう〜〜><

 

この後は、旅の目的の一つの食ミッションとして四日市名物とんてきを食べる予定でしたが、あまりに見学が楽しかったので時間を押してしまい残念ながら今回はお預け・・・(笑)

でも、とんてきを食べにまた四日市にお伺いする理由もできた〜と前向きな見送りです。

この後は新幹線で博多に向かいます!

駅弁買わなくっちゃ!(笑)

 

続きます。

 

12月7日(金曜日)と12月8日(土曜日)に行われる自宅での特別レッスンですが、キャンセルが出たので改めまして募集させていただきます。

ご興味がある方はぜひこちらから詳細はこちらからご覧ください〜🌟

↓   ↓   ↓

年末年始に役立つ簡単おもてなし料理

 レシピブログに参加中♪