足立真里亜さんは、東京バレエ団のセカンドソリスト。

私は真里亜さんと個人レッスンでコンテンポラリーダンスの基礎や心身の調整法を指導しております。

のびやかな踊りで、笑顔がチャーミングなこれからが楽しみなダンサーです。

 

今年は次々と大役をいただき、7月4日は ベジャール版のロミオとジュリエットのパ・ド・ドゥ。8月8日はねむりの森の美女のオーロラ姫。

 

ぜひ応援よろしくお願いいたします!

 

ダンスアーカイヴ構想サイトの、オンライン舞踏番組「Re-Butoooh(リ・ブトー)」第2号が公開されています!

https://dance-archive.net/re-butoooh/episode2/index.html

 

番組最後のあたりで、生前の折田克子先生がインタビューを受けています。内容は石井漠の「マスク」について。1926年に三越百貨店屋上で踊っている石井漠の貴重な映像アリ。ぜひぜひ!!

 

草刈民代が12年振りの舞台復帰で、演出と出演し、バレエダンサー、コンテンポラリーダンサー、舞踏の競演を観ました。

2021.1.29  14:00  於:オーチャードホール

 

2月6日まで、有料動画配信アリ。

なんと言っても、、、熊谷和徳のタップダンスが泣けるほどの圧巻でした~~!!必見です!!

http://www.classics-festival.com/rc/infinity/

 

出演者の目玉でもあった、菅原小春が直前に怪我で休演になったのは残念でしたが。。

 

正直こういうコラボはあまり期待していなかったんですが、、無謀な企画の可能性に拍手。

「ダンス」について、いろいろ考えさせられました。

いろんなダンスに触れられるありそうでなかった企画で、ダンスの新たな魅力の発見に繋がり、ダンスファンが増えますように!