石井みどり「ー体(たい)ー」1961年初演

江口隆哉・宮操子「プロメテウスの火ー全景ー」1950年初演

 

2018年3月24日(土)18:30開演

     3月25日(日)15:30開演

彩の国さいたま芸術劇場 大ホール

 

両作品ともに、2015年に新国立劇場で再演され、時代を経ても色あせず現代に通じるダイナミックな名作と大絶賛されました。

 

私は1980年初旬に「体」が再演された時に出演していました。2015年の再演を初めて客席から観て、なんて躍動感がある魂を揺さぶる骨太な作品なんだろうと、あらためて感動しました。

 

「プロメテの火」は、伊福部昭氏の音楽で、藝大フィルハーモニア管弦楽団の生演奏です。こちらも楽しみですね。

 

チケットのお取り扱いは、チケットぴあ、Confetti 

残席僅か! ぜひご覧下さい!

寒中お見舞い申し上げます

テーマ:

大雪のあとも厳しい寒さが続きますね。

 

昨年12月22日に私の母が88歳にて永眠いたしましたので

年始のご挨拶を失礼させていただきました

 

いつものように朝刊を読み朝食を済ませ

そのまま椅子に座ったまま苦しむことなく眠ったように旅立ちました

突然ではありましたが母が望んだ通りの母らしい最期でした

 

年末からの疲れが出たのかインフルエンザB型でダウンしやっと回復したところです

 

本年も何卒よろしくお願い申し上げます

お寒さ厳しき折柄みなさまどうぞくれぐれもご自愛くださいませ

特定非営利活動法人 リトミック研究センターは、会員数1万人を有する日本でも最大のリトミック指導者組織です。

 

私は40年来のお付き合いになりますが、リトミック指導者の方達にボディテクニックを指導しております。

この通称リト研は、全国の会員が集うリトミック・フォーラムを5年に一度開催しています。

前回は、東北の震災と重なり開催を見送ったので、今年はなんとリト研創立30周年でもあり、10年振りの開催となりました。

 

ずっと準備していらしたスタッフのみなさま、本当にお疲れさまでした!

 

 

2017年8月19日〜21日

神戸ポートピアホテル & ポートピアホール で開催されました。

 

 

1日目は、子安増生先生(京都大学名誉教授)の記念講演「乳幼児の発達を考える」

飯野明日香先生による記念演奏〜ジャック=ダルクローズおよび、同世代の作曲家の作品を中心に〜

 

夜はウェルカムパーティで、久しぶりの再会を楽しみました。

 

2日目は、13人のリトミックに関連する講師による分科会。

身体からの講座は私の「リトミック指導にいかす身体の動きについて」、そして藤田桃子先生(カンパニーデラシネラでご活躍中)の「パントマイムとリトミック」でした。

 

 

3日目は、全国40支局の中からの支局発表。

今回は、宮城・兵庫・茨城・富山でしたが、日々の活動を垣間見ることができる貴重な発表でした。

 

そして、クロージング・セレモニー。

今までのフォーラムは、クロージング・セレモニーも音楽関係が多かったのですが、今回は何か動きのパフォーマンスができないかと相談を受け、思いきって私の師匠、折田克子先生にお願いいたしました。

1700人も入る大ホール。とっても大きな舞台です。

一般公開できなくて残念でした。。

 

これに関しては、また別の機会に詳細をレポートする予定です。

 

そもそも私の師匠、石井みどり先生・折田克子先生はリトミックととても深いご縁がある方です。

石井みどり先生の師匠、石井漠先生は友人の山田耕作さんからリトミックを教わりました。それを石井みどり先生と小林宗作先生が、あちこちの幼稚園に普及していきました。

石井みどり先生は、その後舞踊家のためのリトミックを確立しました。

 

今回は、リトミックの創始者、ジャック=ダルクローズ作曲の「嘘をつくジプシー」に折田先生が振付け「昨日の旅人」という作品が誕生しました。

さすが・・折田先生ならでは・・という作品です!

 

折田先生とリト研の杉本明先生のトークをはさみ、折田作品の代表作「杜の譜」を今回は12人の縮小バージョンで。

 

私も出演したのですが、なんと約30年振りに折田作品を踊りました!!(^^;;

古巣はやっぱり楽しいぃ〜〜!

東京・大阪・岡山のダンサーの方達にご協力頂き、遠距離での稽古は本当にたいへんでしたが、みなさんの折田作品を踊りたいという強い熱意に支えられ、なんとか無事終えることができました。本当にありがとうございました!

 

今回の杜の譜のエンディングは従来と演出を変え、客席から支局長さん達35名を舞台に上げ、ちょっとダンサーとも絡んで頂きました。

これで客席は一気に盛り上がり、支局長さん達もノリノリで! ダンサー達は観客と絡むような経験はないので、みなさんの笑顔とノリと拍手に感動したようです。(^^;;

 

「音楽教育としてのリトミック」と「舞踊家のためのリトミック」近いけれど別々のことをしている人達が、一瞬にして繋がった時間だったと思います。

やっとこの時がやってきた、、、そんな感じでしょうか、、

 

石井みどり先生、折田克子先生、そして私とリト研を繋いでくださった岩崎光弘先生に、ちょっとでもご恩返しできたらうれしいな。。

 

ダルクローズさんも、石井みどり先生も、小林宗作先生も、石井漠先生も、山田耕筰先生も、、

あの瞬間、どこかでニコニコしてくださっていたに違いありません・・よね?!音譜