6/28。

せんがわ劇場にて、北斎の公演が無事に終了音譜
平日昼間なのに、たくさんのお客様にいらしていただきました。




渾身のように見えますが、本番ではなく、リハ風景です。
皆さん素晴らしいです!
今回、北斎の娘「応為」をお願いした三橋千鶴さん。
本当に歌も、人柄も、舞台での圧倒的な存在感も…素晴らしく、全てが憧れになってしまいました。

演出家の希望で、衣装は全員…
「イッセイミヤケキラキラ!!

やっぱりかっこいい…
そして着心地が抜群。楽…

買ったのかって?
買えるわけが…笑い泣き

普段からイッセイミヤケを着ている先生がおり、手に入れるなら何を…どこで…など伺おうとしたところ。

「貸してあげるわよ」

うっひょ〜ポーンポーンポーンポーンポーン
素敵すぎます笑い泣き


おかげさまで私もイッセイミヤケを着ることができました笑い泣きドキドキ
いつか自分で手に入れたいです。


今を生きる作曲家、今を生きる作家、演出家の作品。
新作ということもあり、いろいろ賛否があるのは当然。
良かった!何回もやってほしい!どんどん進化させてほしい!いろんな形でできそうで面白い!
賛否ありながらも、たくさんの嬉しい感想が届いており、時を経て、世に残っていく作品になればいいなと、願うばかりです。


憧れの三橋千鶴さんと、作曲の竹内一樹さん。