先日、長野にてホームコンサートがありました。

高校の時の担任、池内先生が毎年開催しているホームコンサート。
地域の方を自宅に招いてコンサートをする、というのを12年前から続けています。

続けるってすごい。

今回は高校同期の杉原麻美ちゃんと。

彼女はサンリオピューロランドで長らくエンターテイナーを務めてきた子おねがい

今回は、ピューロランドで何年も公演されていた1時間半のミュージカルを30分に短縮したものと、ミュージカルナンバーを20曲強を演奏するというコンサートおねがい

ピューロでのミュージカルは、メロディ譜とオーケストラの音源しかないので、ピアノで演奏できるよう耳コピとアレンジをしました。

子供2人は主人と主人の実家にお願いし、いざ長野へ。


先生の御宅の庭。。。
しかも一部。。。。。

敷地も広すぎて旅館みたいびっくり

150年前からあるという土蔵があったり、コンサート場所は昔は味噌蔵で、そこを改装したとのこと。


合わせはしてきたけど、当日になって、ミュージカルだし、やっぱりマイクを使おう!ということになり、そうなると、もう少しピアノのアレンジも更に壮大にしても良さそうだな〜と。


彼女の歌、表現力はホント素晴らしいし、本番も常に呼吸感や間、空気を感じながら、良さを引き出せるようなアレンジにして弾きました。
その時その時で、感じたままにアレンジできるの、なんかすごく楽しかった!!!!

更に、池内先生の高校生の息子さんがドラムをやっているとのことで、電子ドラムで数曲入ってもらい、盛り上げてくれました!!

ミュージカルナンバーって、日本語だし言葉もダイレクトに伝わって、わかりやすいし、彼女も伝えるのがとてもうまいので、たくさんのお客様が涙していました。


高校の同級生がわざわざ新潟から聴きに来てくれましたおねがい

先生も先生のご家族も本当に温かく、優しさと温かさに包まれ帰宅しました。