あの日、あの時。

テーマ:

3月11日 2時46分。


7年前のきょう、東日本大震災が起きました。


その時、私は美容室にいました。

何気ない休日。これからとんでもないことが起きるとは全く思ってもいませんでした。


大きな揺れを感じ、会社へ直行。

そこからは、被災地で取材をしたり、一時的に帰宅を許され、停電した自宅で一夜を過ごしたりもしました。帰ってよい、そう上司から言われたとはいえ自宅に戻ったこと、自分の取材の仕方、発言できること。

全てにおいて、アナウンサー1年目の私は、無力さを感じました。正直、今の私だったら、出来ること、発言できること、感じたこと。もっともっとあったのに…


地震発生から刻々と過ぎ、夕方頃に八戸港を最大波が襲いました。

まるで映画か、SFか、悪夢か、、そんな気分にもなる、八戸港の様子をANN系列では延々と流していました。


もちろん。あんなこと、もう二度と起きないことを願うばかりです。ですが、この出来事が、今の私を作ってくれたのは確かです。報道に携わる者としての姿勢、マスメディアだからこそできること、生きるということ、大切な誰かを失うということ、とてつもない悲しみを前にすること、、、色んなことを初めて考えたように思います。


きょうは色んな方が、色んな立場で発信している。

実際に被災された方の思いをすることはできないけれど、寄り添うことはできると信じたい…


東北へ思いを込めて。


こんな日だからこそ、皆さんに希望の光がありますように。

最近、私が勇気をもらっているお気に入りの画像をアップします。


{5B7023BD-ED05-4656-AA89-9EB4A1657607}