クラリネット奏者 中村由加里オフィシャルブログ

東海地方を中心に活動しているクラリネット奏者・中村由加里のオフィシャルブログです。


テーマ:
こんにちは!

クラリネット奏者の中村由加里です。

今年の4月に、ある記事を書きました。

その時の記事はこちら。→視野を広げること

記事内容を簡単に要約すると、

アートマネジメントを学べることになった。

という内容だったのですが、具体的にどう学んでいたかというと、今年から母校の愛知県芸にて、大学院生向けに開講された「アートマネジメント」の授業を聴講させてもらっていました。

アートマネジメントとはひらめき電球
芸術で地域を活性化できないか、ということを追求していく活動の総称です。

この授業が、私にとってかなり大きな学びの場になっています
ビックリマークビックリマーク

実際の授業内容は、学生の子にとってみたら卒業後に実用性の高いことが得られるので、夢のような授業だと思います。今の学生はめちゃくちゃ幸せだなぁお願い

前期は公共劇場と大学とが協力をし、児童センターや保育園などで「アウトリーチ」を行いました。

実際の活動が新聞にも取り上げられました
ビックリマーク

{B96FED17-53FE-43AA-A181-54FD483BD63B}


アウトリーチとはひらめき電球
劇場ではなく、学校や福祉施設のような日常的な場所に奏者が出向き、コンサートをするというような活動。

授業の中で数人ずつのグループを組み、各グループごとでアウトリーチプログラムを作って実践することに取り組みます。

新聞に取り上げられた回では、絵本の読み聞かせ+ピアノ演奏で、子供たちの心をぐっと掴みました

ただ本を読んで、ピアノを弾くだけではありませんキョロキョロ

絵本を読んだのは作曲科の子。その子が絵本に合わせて作曲をし、それをピアノ科の子が演奏。

場面によって、アクティビティも交ぜながら、最後まで子ども達を飽きさせないようにするんです。
{465EC951-AE19-4BC2-8ED8-03A174C46F62}

小道具にもチカラが入っています!
{379E23D4-1447-4624-B39F-56107C877DC4}

{E41C508A-356B-4057-BBAF-E2EEAA6412CC}

企画開始から本番までは、約4ヵ月!!

何度も試行錯誤しながら、妥協しません。

私は聴講生のため、グループに入ってアウトリーチをすることはしませんでしたが、評価をするというカタチで関わらせていただきました。

各グループがどんな目的をもってプログラムを組み立て、実践する上で目的が達成できたのか。

そのあたりをチェックしたり、分析したりする役割です。
{68810CAA-C941-4A26-AC1D-B399A02EE651}

普段、自分が演奏者の立場でアウトリーチすることはあっても、人の企画を見て分析することは無かったので、すごく貴重な体験をさせてもらっていますキョロキョロ

関われば関わるほど興味が湧き、アウトリーチの魅力にはまっていくのですが、普通のコンサートとアウトリーチって何が違うのか?

例を挙げてみます。

1つめは、最近私が演奏者として参加した児童館での子ども向けコンサート。
{FB2F0BD3-A5F9-4F22-9C2B-F75D9A7A5AD1}

場所:児童館
対象年齢:1歳くらいの子どもと、その親
編成:クラリネット、ピアノ、ベース、パーカッション
準備期間:数日
プログラム:
夢をかなえてドラえもん
秋の歌特集~小さい秋みつけた~もみじ~里の秋~赤とんぼ~まっかな秋~どんぐりころころ
やさしさに包まれたなら
アンパンマンのマーチ


もう一つは、愛知県芸の大学院生の子たちが行った子ども向けアウトリーチ。
{96AD3F45-84E3-4519-9186-CB3F8BFE170F}

場所:保育園
対象年齢:1~2歳/3~5歳(2回公演)
編成:弦楽四重奏、ピアノ、作曲・編曲家
準備期間:3~4ヵ月
プログラム:
きらきら星
トルコ行進曲
愛の挨拶
プレリュード
ドナホーニのトリオ
ドヴォルザークのピアノクインテット

どちらも、場所や対象年齢はそこまで違いがありません。

明らかに違うのは、
プログラム。

1つめのコンサートは、子ども達が好きそうなアニメの曲や、聴いたことのありそうな童謡などで構成されているのに対し、アウトリーチはクラッシックの曲ばかりで、おそらく子ども達は知らない曲がほとんど。最後の曲は、なんと10分間もありますビックリマーク

もう一つはの違いは、準備期間や準備内容。

アウトリーチの準備期間はとても長い時間を費やします。なんせ、難しいプログラムをいかに子ども達に聴いてもらうか、徹底的に考えるからです。
そして何度も通し練習をし、実践に移します。
演奏だけでなく、コンサート全体をプロデュースするのです。


こうやって比べてみると、違いは出てきますが、実はどちらのコンサートも、子供たちはとても喜んでくれました。

演奏者が聴き手のことを徹底的に考え、それでいて自分たちの伝えたいことも伝えられるアウトリーチの可能性に、私は心惹かれるんですドキドキ

対象者は子どもだけではないし、普段私たちが行っているコンサートも、アウトリーチの要素を取り入れたら、より楽しんでいただけるものになるかもしれない照れ!!

そんなことを考えると、いつもワクワクしてしまいますアップ

後期からは、対象者を変えたプロジェクトが開始され、私の関わり方も少し変わってくるので、そちらもまた記事にしようと思います。

それでは、また!!

--------------
コンサートのお知らせ音譜

リヴレ木管3重奏
Feeling Session vol.3   11月5日(日)
{5B090FD7-0D1B-407A-9AB0-22B9ED1ED2AA}

昼の部14:00~、夜の部18:00~   ¥3,000
詳しい内容は→記事にて☝️
HPから見てみる→リヴレ木管3重奏HP









AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

中村由加里さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。