渋谷の路上ライブについて

テーマ:
こんばんは!北原ゆかです!




今日は献血に行って、ラジオ収録と取材をしてからおじいちゃんの家に昨日渋谷で非公認で路上ライブした事を謝りにいきました。



ツイッターでは書ききれないのでブログに書くことにします。





ん??何が問題なんだろう、、と思われる方いらっしゃると思うので
をご覧ください。





まず路上ライブをするに至った経緯についてです。





1年半音楽の活動をしてきましたが、ただ路上で叫んでいるだけでは限界があるから何かしたい!!普段立ち止まってもらえない人に立ち止まってもらうにはどうしたらいいのかな、、と悩んでいて、きっと"オオカミくんには騙されない"が今の状況から抜け出せるチャンスなのではないかと思いました。





しかし、オオカミくんが始まるとコメント欄はほぼ私の外見の事で埋まっていました。音楽がしたいのになんで外見の事を言われなきゃいけないの!?この人達は私の曲一度でもちゃんと聞いたことがあるの!?って言いたくなりました。





だけどそんな時に大原櫻子さんや西野カナさんのライブ映像を観て、外見も大切なんだなと、自分が変わらないと何も状況は変わらないんだと思いました。





顔の骨格はなおらないし、歯並びは矯正してるけど長い時間がかかります。だけどメイクとか髪型とか体型は頑張れば、練習すれば変える事ができる!!と思って、音楽以外にも力を注ぐようになりました。







そんな中、一昨日のMixChannel のイベントの時にカメラで観るのと実際会った時全然違うね!!会った時のがいい!!と言われました。





そこで視聴者さんと実際に会えるような機会を自分でつくろう!と考えて路上ライブを決行しました。





その時考えていたのはいつも支えてくれている親族やお世話になっている大切な方、ファンの存在ではなく、批判の声ばかりでした。






昨日はたまたま警察に注意されなかったけど、非公認でライブをする事によって親族に心配をかけたり、連行されてそれがきっかけで番組が降板になってしまったり、降板になった事で大切なファンの方を悲しませてしまうかもしれないと先の事まで考えられませんでした。





これからは、批判する人じゃなくて応援してくださる方、心配してくださる方を幸せにできる方法を一番に考えて活動していきたいです。





私は現在事務所に入っておらず、基本的に私が出演やCDの製作、日々の活動を探して取り組んでいます。後先が見えず、日々どうしたら夢に近づけるのか考えています。





まだまだ未熟で考えが浅い部分が多いと自覚しているのでしっかり考えて夢を実現するためにするべき事、してはいけない事を判断していかなければならないと痛感しています。







twitterやMixChannel 、Instagram、LINE LIVE等でいただくコメントにいつもいつも励まされています。不安になったらすぐにコメントを読みます、、





誰かの背中を押したいのにいつも背中を押されて、私は1人じゃないと思う事ができています。







これからもっと強くて芯があって優しいかっこいい感謝の気持ちを伝えられるアーティストになれるよう日々活動していきます。





嫌な思いにさせちゃったかもしれないです
ごめんなさい。。。
最後まで読んでくださって本当にありがとうございます!!
これからもよろしくお願いします!!