私のマタニティフォト

懐かしいですね…笑


16週以降の妊婦さんもご参加頂ける
まんまヨガのレッスン

妊娠されてからヨガを始められる方も多く
現在もプレママさんがご参加されています

グループレッスンですが
足を腰幅に広げたり
お腹を圧迫しないようにと
丁寧に注意点をお伝えしながら
レッスンしていきます

出産までに陣痛時に対応出来る呼吸法
しなやかな身体作り
そして出産に必要な体力をつけましょう


また、以前からまんまヨガに参加されている
ママが妊娠されるケースも多く
妊娠が分かってすぐに
相談を受けることが増えてきました

そんな方に共通していることは…

妊娠したからこそヨガを続けたいということ

妊娠前より一層身体に気を遣って
出産まで健やかに過ごしたいという思い

とても素晴らしいことです

私は自身が妊娠する前より
マタニティヨガのレッスンをしています

ですがその頃から今も変わらないこと


結論から言いますと…

安定期に入るまでは
お休みして頂いております


妊娠までの過程、妊娠期間、分娩、
すごく個人差があることで、
何も気にせず動き回っていても
経過が順調な方もいらっしゃれば、
妊娠期間中ずっと安静にと言われる方も

例え性別が一緒だったとしても
上のお子さんと現在の妊娠で
状況が違うこともよくあることです

安定期までは特に
赤ちゃんからのゆっくりしてねの
サインとなるお腹の張りも
まだ子宮が小さく感じにくく、
特に上のお子さんがいる中での生活は
ママのペースではなく気が付かない間に
無理をすることも多いのが現実です…

妊婦さんは病気という訳ではないので、
出産までに柔軟性や筋力をつけることは
もちろん必要ですが、
先程書いた様にその時々によって
いろんな状況や環境が違い難しいところです

命を育むことを最優先に、
私のレッスンでは安定期まで
お休み頂いております

動くことよりものんびりすることに
努めてみてください

動くことに意識を向けるより
起床時間や就寝時間、
お食事、身体を温めること
あまり目や頭を使わないようにするなど
生活習慣を今一度見直してみては
いかがでしょうか?

そんなこと妊娠前からしているよと
言う声も聞こえてきそうですが…

それならとても素晴らしいので
妊娠中、産後も是非続けて頂きたいです


私としては
ヨガしたいという気持ちが率直に大変嬉しく
お断りするのは大変心苦しいです

お会いしたいですしね

もしそれまでに何かしたいということなら
お家でヨガレッスンで行う穏やかな呼吸を
行いリラックスしてみてください

呼吸法を教えて欲しい、
リラックス法を知りたいという方は
お家ヨガサロンでのプライベートレッスンで
対応させて頂きますので
1度ご相談ください

そして16週以降お医者さんに
ヨガをしてもいいか聞いて頂いて
大丈夫でしたらご参加頂ければと思います

その場合でもその日の体調を優先し
万が一体調が優れないようでしたら
直前でもお気遣いなく
キャンセルしてくださいね

どんな時も気持ちの余裕が大切です

長くなりましたが
何か気になることがございましたら
いつでもご相談ください

ヨガインストラクター yuka