日本はもう新年となりましたね
あけましておめでとうございます

ドイツはまだもうちょっと2015年です。あと少しで新年!4年目に突入するフランクフルト生活ですが、現地で迎える初の大晦日となります。今夜はお家で年越しそばを茹でてから、友人宅で盛大なドイツ恒例のジルベスター花火観戦です ちょっと怖い・・。
元旦からニューイヤーコンサートがある為、あまりお正月らしい事が出来ないのですが、せめて年越し蕎麦で日本気分を味わいたいと思います



昨年は、数えてみれば、イスラエル、インド、スリランカ、セルビア、アルゼンチン、スイス、スペイン(×2)、ポーランドなどなど、ドイツを含めると9ヶ国の演奏会へ呼んで頂き、飛び回っていたらあっという間に過ぎていた密度の濃い1年でした。
多くのプロジェクトに関わる事が出来て、昔からの夢が、一歩一歩叶ってきた実り多き1年でもありました。 
目の前に積み上がる様々な物事や、次々来る新しい曲を、仕事として冷たくこなしてしまっている自分を発見する度に、怖くなったり反省したりもした1年でした。
でも、打楽器コンチェルトをはじめ、舞台ではただただ音楽に没頭し、それを聴衆の方々に楽しんで頂けるこの仕事を思うと、とても幸せだと一層感謝の思いが募ります。
どの国も、ゆっくりとは観光する事が出来なかったのが心残りですが、プライベートでも、またいつか訪れたいと思います。


2016年は、私にとって大きな変化の始まる年です。
元旦のニューイヤーコンサート、市立歌劇場との打楽器協奏曲、スイス、ルガーノ、ベルギー、フランスへの演奏会の合間に、国家演奏家資格の終了リサイタル、ドイツ国営放送でのレコーディング、新しいエレクトロニクス作曲家との舞台リハーサル開始などが控えています。


気を引き締めて、新年からも精進してまいります。




2015年に訪れた国々、演奏会や料理などなど、撮りためた写真を載せます



打楽器協奏曲 ブロストロム作曲のARENA

image


image


image


image




スペイン!料理が最高に美味しい国です。。
{44BD8474-1D8E-4A07-85AD-58C6D438033C:01}

{DAD1432D-8ADC-49B0-B609-EC23F685393B:01}

image


ポーランド ・ ワルシャワ音楽祭
{4FF0929C-F8EA-416C-9718-6D6A50C07833:01}

{CA4B21C2-0EC4-4E73-9419-9397FE278114:01}

{4098F24D-A830-4EE3-B0A2-A07A02D7282F:01}


アルゼンチン ・ ブエノスアイレス
{51C7B3A7-0E89-4157-993D-75691D195A8E:01}

{7D0680BF-BB6B-4E6B-95C8-A4062F9C2EF9:01}

{67667238-91BC-4F47-9536-03A9CF605519:01}

市場の看板が大太鼓でした
{70BF34A9-AAA8-4860-8905-08B05E5FCEF9:01}


エンパナーダという、タイク生地の中に様々な具が入った伝統料理。手軽でおいしくて、ホテルの近くにあったレストランで毎日食べていました・・・。
{8430253F-1560-4AC5-9B5E-773B027245C6:01}

ブエノスアイレス歌劇場
{CA816650-A4FE-43D2-BD44-BCFFE7F471F6:01}

日曜市。帰国の日だったので慌ただしくですが、お買い物も出来ました。珍しいものがたくさん。並び方にもびっくり!
{A77FD69E-CCAD-4A73-A8A5-2136A17D4366:01}

image


とある演奏会では、スイスの作曲者の希望でスチールギターを演奏する事になり、1週間の仮初めギタリストになりました。

image

これも同じコンサートでのセットアップ。こちらが本業です
ゴングスタンドを忘れるというミスの為、スタッフの方に衣装掛けをお借りしました。
これまたぴったり!! このスタンドほしい・・・

image

image



クリスマスは、真鯛でアクアパッツァを作ってお祝いしました。
ふふ!ドイツでも新鮮なのが手に入った!ふふふふ!

image

image


プラネタリウムの中みたいなホールで演奏。こちらはドイツです。

image



どうか、ここを訪れて下さった皆さまが、幸せ多き1年を過ごせますように
Ganz liebe Grüße aus Deutschland 

image


お久しぶりです。
気付けば今年ももう半分が過ぎ、またまた久々の更新になってしまいました。


この半年の間は、ドイツ各地、スイス、スペイン、スリランカ、インド、セルビア(旧ユーゴスラビア)などで演奏する機会を頂き、移動の多い時間でした。
先日セルビアからフランクフルトに帰ってきて、ドイツの厳しい夏日に直面し、時間のはやさに驚くばかりです。


この半年間の事を、写真が残っているものをかいつまんで、近況をつづって参ります。


スイス ~ローザンヌ~

image

美しい湖がある、スイス中央に位置するローザンヌ。
ここでは、本当に驚いたのですが、デトモルト国立音大時代の打楽器の恩師、Prommel教授と道で偶然ばったり会いました!
彼は丁度アムステルダムから、私はフランクフルトからそれぞれ違う電車に乗って、違う主催者に招かれて・・・。にも関わらず、同じ時間にスイス・ローザンヌに到着。そして道でばったり。
ご用意して頂いてた宿泊先も同じ! なんたる偶然。
久々にお会い出来て、嬉しかったです。

image




スリランカ ~コロンボ~

image

もう・・・大好きです。スリランカ!
偶然伺った寺院では、日曜礼拝を直接に拝見(体験)させて頂いて、伝統音楽(笛と太鼓)の演奏を聴いて涙してしまったり、現地の子どもたちの屈託のない笑顔や、地元の方々の優しさに触れたり。
また、私は普段めったにお買いものに心躍る事がないのですが、ここでは久々にルンルンしてお買い物も楽しむ事が出来ました



現地の文化庁の方におすすめして頂いた庭園は、日本からの寄贈で建てられたものでした。まるで天国にいるような柔らかい時間や自然の音の中で、時間を忘れるひと時でした。

image


日本との文化交流で寄贈された学習机も、庭園内の図書館で使用されていました。

image


西洋文化がまだまだ浸透していないインド・スリランカ。
皆さん、ティンパニの事すらご存じありませんでした・・・・そんな中で、打楽器の現代音楽を演奏したのですが、あまり女性の打楽器奏者がいない事も手伝ってか、みなさん驚かれていましたが、大変喜んで下さいました。



そんな訳で、ティンパ二の変わりにスリランカの和太鼓が来た時には、もう、どうしたもんかと思ったけど・・・おっ。意外に良い音 急遽アレンジを変えて、スリランカバージョンで演奏する事となりました。

とっても応用力の幅が広がりました

image



ホテルからはスリランカの綺麗な海が一望出来ました。
赤い列車がとても映えて、素晴らしい眺めでした。

image




インド ~ベンガルール・チェンナイ~

インドではずっと同じアシスタントの方々がセッティングのお手伝いして下さって、大変助かりました。
あの・・・日本では 「はい」 と了承する時には首を縦に振りますよね? でも、インドの方は皆さん首を残して横に振りながら 「はい」 と答えるのです。 とても驚きました。 
何度も真似してみたんですが、出来ませんでした

image

分かりづらいけれど、ホール全体がヴァイオリンの形をしています。

image


至る所に うしさん!! うしさん!! きゃー!

image


ベンガルールでは、知人のインドの作家の奥様に街を案内して頂き、本屋さんへも連れていって頂きました。
多言語のインドでは英語が公用語として使用されている為、英語の書籍も多く、おすすめして頂いた本を購入しました・・・・が、まだ全部読めていませんね。 ははは・・・。

本の積み方にもびっくり! 非効率よー!

image


image

ホテルの中には、森!?もありました。
演奏会前にはジャスミンオイルを使ったマッサージも受け、極楽極楽でした~。
この辺りから、私はすっかりジャスミンの虜になってしまいました。

image


丁度、寺院に伺った時には、神様をお祭りする行事が行われており、スリランカ同様、ここインドでも伝統の音楽や歌を聴く事が出来ました。

image




ドイツ ~ケルン・フランクフルト・デュッセルドルフ・ハノーファーなど~

デュッセルドルフでのコンサート with Ensemble Garage
日本人の街、デュッセルドルフ。演奏会後は、みんなでラーメンを食べて帰りました~
その他、デュッセルドルフのトンハレでの演奏会も行いました~。

image


ハノーファーでのコンサート
作曲家のシュネラー教授のお招きで、Ensemble Garageでの演奏でした。
その他、ソロではクセナキスのRebonds Aなども演奏致しました。写真はないのですが、インドで購入した衣装を着て演奏出来たので、個人的にとっても上機嫌な演奏会でした~ 衣裳って大事ね~

image



フランクフルトでゆっくりお散歩。少し郊外には一面の菜の花畑があり、大好きな散歩コースです。

image


フランクフルト・オペラで Edger Varese with Ensemble Modern さん 

image


フランクフルトでコンサート。ゼンケンベルグ美術館で、George CrumbをEnsemble Modernさんと。 ティラノサウルスに囲まれての打楽器トリオ+ホルンのコンサートでした~。はは・・・。
※奥の子恐竜は、募金箱でした

image



こちらはEnsemble Garageさんで、ピアノ・クラリネット・フルート・打楽器のカルテット。
指揮なしゆえに、難しい曲でしたが、そういうのに逆に燃えてしまい、楽しかったです!
また再演したい曲の一つです。

image



ギリシャのお土産に、ローズマリーにはちみつ、チーズやオリーブ石鹸(*^_^*)

image



サプライズに、寿司ケーキなる物を作りました~

演奏会での移動中は、どうしても外食続きになってしまうので、フランクフルトのお家に居れる時は、ゆっくりと料理が出来るのが一番嬉しいです。

image

友人を招いて、小さなパーティーもしました
スペインのリンゴケーキを焼きました お気に入りのレシピ入りです

image




これもフランクフルトでのコンサート。この日は近くでナチスのデモンストレーションがあり、ちょっと騒がしい日で、会場まで行くのに不安でしたが、友人のドイツ人が付いててくれたので、安心でした。
フランクフルトはヨーロッパでも重要な都市ゆえに、様々なテーマのデモが多いです。
毎回電車や道路が規制されたりすると、市民は大変です。

image





セルビア ~ノビサド~

先週は、セルビア(旧ユーゴスラビア)のノビサド国立劇場で、演奏してきました。
東ヨーロッパは初めてで、西ヨーロッパとはまた違う街や人々の雰囲気。 
かれこれ15ヶ国以上で演奏してきましたが、まだまだ世界には知らない事がたくさん。
日々勉強です・・。

image


国立劇場前の通りの奥に、ひっそりと建つ小さなハンドメイド作品を扱うお店を偶然発見しました。
こういう感じの大好き~ 店主さんはセルビア語オンリーの方だったので、ジェスチャーでの会話だったのですが、現地の方と小さな交流が出来て、演奏会前にとてもほっこりした気持になれました

image


丁度、街では市場が開催されていたので、家族や友人へのお土産を買う事も出来ました

image





今年は特に国移動が多く、今月はドイツでのコンサートをしてから、スペイン、そしてその足でイスラエルのテルアビブへ伺います。
テルアビブの現代音楽祭に呼んで頂いており、とても楽しみにしています。


夏以降にはポーランドの「ワルシャワの秋」現代音楽祭への出演や、ドイツ各地、オランダ、スイス、フランス、ベルギーでのコンサートが続き、ドイツではオーケストラとのコンチェルトも予定しています。


やはり国が違ってくると大変な事も多々ありますが、それ以上に得られる感動や経験が大きいので、色々な場所に呼んで頂ける事に感謝し、今は貴重なそれぞれの舞台を、精一杯演奏していきたいと思っています。


次回更新は・・・・また半年後? 
イエイエ!!ノンノン!!ネーネー!!
もうちょっと早めの更新を目指します・・・
不定期ブログですが、気長にお付き合い下さると嬉しいです。


暑い日が続きますが、どうぞ体調にはくれぐれも気をつけて下さいね



有香



みなさま、ご無沙汰しております。
自分のSNS離れがさらに加速しています・・・。筆まめな方々を見習い、
先日ロシアにて久々にブログの更新にチャレンジしてみたのですが、上手くアップロード出来ず、心が折れてまたしばらく放置しておりましたが、再!チャレンジしてみたいと思います合格



クローバークローバークローバー



昨年は、夏から息つぎなく走り続け、様々な舞台を踏ませて頂きました。
途中、とってもありがたい事なのですが、演奏会が重なり、ちょっと息切れ気味だった事や色々な反省点を踏まえ、体調管理、予定管理などしっかりして、今年も精一杯、色々な方とご一緒させて頂く機会を大切に活動していきたいと思います。


昨年、特に印象的だった演奏会は、ドレスデンにて演奏した『The Past』という、ベルリンのDance Companyとの舞台でした。
急な依頼だった為、2日間しかなく、自分の打楽器ソロ部分と、デュオ、舞台での自分の振付を覚えるのには、たっぷりとエネルギーを使う事となりましたが、支えて下さった共演者の方々や事務所の方々のおかげで、無事にプレミア公演が終わり、また次の公演へもお声掛け頂き、嬉しい限りです。


その他では、打楽器トリオでの本番やEnsemble Garageとの演奏会、オーケストラでの演奏会を経て、年始年末はスペインと日本で休暇をとり、しっかり息抜きも出来ました!


スペインで今回1番好きになったのが、"魔法の街" という、巨大な岩ばかりがある所でした。古代から時間をかけて様々なカタチに変形してきた巨大な岩の間を静かに時間をかけて歩きました。
"無音…に近い"というのを久々に体験でき、たくさんエネルギーを充電出来ましたひらめき電球

{B2099EB3-9820-4512-B1DF-5E701A992807:01}


{08133A01-AC63-4D39-A1C2-5EA2999C64DD:01}



1月は移動が多く、日本には嬉しい事に一度ドイツへ帰ってから2週間もたたず帰国する事になり、マイルが貯まりました(笑)
久々に母校の国立音楽大学へ行き、在校生の方々に1時間程で、お話をさせて頂きました。その後ドイツへ帰ってすぐにケルン・デュッセルドルフにてコンサートの為、ここしばらくはホテル滞在が続いていておりました・・・
今日は丁度折り返しな辺りで、明日からはインド・スリランカへの演奏旅行が始まります


まさか自分が仕事でインドへ行く事になるとは想像もしていなかったし、人生で初めて暑~い(気温30度)誕生日(2月8日)を過ごせる事も、びっくりです。
 ドイツとインドの気温差、約30度・・・

空港には事務局の方が迎えに来て下さるそうなのですが、到着は深夜2時・・・。色々楽器の事も現地の方とお話しなければならないので、飛行機ではゆっくり眠れるといいなと思います


インドでは色々な事を感じて学べれたらいいなぁ!

お見せできるような素敵な写真もいっぱい撮って来ますね