付き合って1ヶ月になる彼がいます。その間、何の揉め事もなく楽しく過ごしていました。

 

 

会う頻度は週1〜2で、「いつも彼から次はいつにする?」 と聞いてくれる感じでした。ですが、普段通り会った翌日から、突然、音信不通になりました。

 

 

連絡がとてもマメな彼だったので何かトラブルかな? と思い、「何かあったのか心配です、落ち着いたらで大丈夫なので連絡下さい」と送りました。

翌日、「ちょっとひとりになりたい。やっぱり人と付き合うの向いてないかもと思って。長く一緒にいれそうにない」と返信がきました。

 


びっくりしましたが、そんな気持ちを気づいていなかったことを謝り、私は好きでいることと、彼のペースでいいので連絡を待っていることを伝えました。

 


彼からは「優しすぎる。年齢のこともあるし待たなくて大丈夫だよ」と言われ、「待つのは私がそうしたいだけだから、何も気にしないで自由にしてね」と送りました。
 

 

その返事は、「困るよ」と一言だけでした。
 

 

その後、少し電話が出来ないかと送りました。けれど、ずっと既読無視のまま、1週間以上経っています。

 

ただ、一人時間を過ごしたいだけなのか、「付き合えないから、諦めて次へ行ってほしい」と言われているのかがわかりません。だから、ずっと気になってしまっています。
 

 

彼は、このまま、自然消滅を狙っているのでしょうか?

 

 

こんにちは。恋愛コンサルタントの田端裕司です。僕は、橋下徹さんや、堀江貴文さんの動画をついつい見てしまうことがあります。

 

 

もちろん、おふたりの主義主張に全て同意とか共感しているわけではありません。何でつい見てしまうんだろう? と思っていたら、最近、ふと気がついたんです。

 

 

おふたりが、嫌われることを怖れずに、はっきりした物言いをすることを見ていて気持ちがいいからだということに。

 

 

僕も、はっきり言うほうだとは思います。けれど、過去、過ごしていた環境の影響や性格で、それでも、怯んでしまったり、遠慮してしまうことがあります。

 

 

だから、「羨ましいな」と思ってみていたんだと思っています。

 

 

それに関連して、半沢直樹シリーズが視聴率が取れるのも、上司や取引先に対して、思っていること、言いにくいことをハッキリ言うからだと思います。

 

 

もっと言えば、本当は、みんな、言いたい、でも、言えないという心理を刺激しているからだと思うんです。

 

 

と書いていたら、半沢直樹シリーズが見たくなりました。原作は全て読んでいるのですが、まだ、シーズン2は見ていないんです。

 

 


 

 

さて、ご質問に戻ります。正直、彼がなぜそういった行動に出たのかは分かりせん。考えられるケースとしては、下記になります。

 

 

  • カラダの関係を持つといったあなたと一緒にいる目的を達成した
  • 他に好きな人ができた
  • あなたと付き合ってはみたものの、何か違和感を感じた

 

 

僕が、今、ザッと思いつくものは、このくらいです。他にも何か思いつけば、追記します。

 

 

過去に何度かお伝えしましたが、人は誰も嫌われたくありません。だから、ハッキリ言ったほうが伝わるのに、あえて、遠回しな表現を使うんです。

 

 

彼とあなたとのやり取りを読みましたが、彼は「あなたとの関係は終わりにしたい」と言っています。

 

 

それは、

 

  • 一人になりたい
  • 待ってほしくない
  • (勝手に待ってもらっても)困るよ

 

といったところから読みとれます。じゃあ、なぜ、ハッキリ別れたいと言ってくれないのか? と思いますよね。

 

 

それは、前述のとおり、あなたが傷つかないように、自分が悪者にならないようにと遠回しな表現を使うことで、自分の中の罪悪感を和らげたいからです。

 

 

この相談内容を読む限り、あなたにとっては、突然のことで、気持ちがついていかなくても仕方がありません。

 

 

だから、彼との関係を続けたいと思うのも、自然なことです。ただ、起こってしまったことについては、どうにもできません。

 

 

生きていれば、「まさか」、ということが必ずありますから。ちゃんと落ち込んだ後は、この経験をどう活かすか? に意識を向けたほうがいいですよ。

 

 

自分に優しくしてあげてくださいね。

 

 

関連記事はこちら↓

 

 

 

 

 

 

 

販売開始!

 

 

LINE@で恋愛の質問を募集しています。

 

 

公式メルマガはこちら

 

田端裕司公式メルマガ「こっそり本当の恋愛の話をしよう」をスタートします。

 

 

がっつりいろいろ読みたい方はこちら

 

 

恋するBLOG