タイに入国出来る日本人詳細(ガモン病院の対応) | ひまわりカフェみんなのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

ひまわりカフェみんなのブログ

ひまわりカフェFTMスタッフマサヤとヒロの合同ブログになりました。
ヤンヒー病院、ガモンホスピタル、FTMSRS手術の画像 、陰茎形成手術、アテンド会社裏話etc...幅広いジャンルにアンテナをめぐらし毎日更新を目指して頑張ります♪♪

タイに日本人が入国する為に必要な
検査や書類の詳細が発表されました。

7月の航空便はタイ人の日本からの帰国便や
日本のビジネスマン用の航空機しか
運航しておらずビジネスマン以外での
入国は非常に難しいようです。

弊社がアテンドをしているヤンヒー病院では、
日本や外国から来られた患者様は
手術の14日以上前にタイに到着し
隔離された後、コロナに感染している症状が
無い事が確認できないと手術を
受ける事はできません。
(7月2日現在の状況です。
現在、外国人病棟は一時的に
閉鎖されております。)

ガモン病院では必要な検査や書類が
そろってタイに入国出来れば
手術を受けることは可能です。

本日、ガモン病院から発表された情報によりますと、今のところ9月末までの渡航の場合は
下記の手順を踏んで渡航しないといけません。

①ガモン病院で患者情報に
基づいて作成した書類を
日本のタイ大使館へ持って行き
タイ入国証明書を申請
(電話やメールで予約必要)

②出発72時間前までに発行される書類取得
 健康証明書(Fit to travel /
渡航に適しているか)様式は下記になります。

③Covid-19 コロナウイルス陰性英文証明書

④新型コロナ感染症をカバーしている
 海外旅行保険加入(10万ドル以上の保証)

⑤ 渡航前,出発国の出入国審査場において
渡航者の呼 吸器症状の検査及び検温を行う
(Exit screening)
         

タイ到着時滞在中の必要事項

①タイに入国する際出入国審査場において
呼吸器症状の検査及び検温を行う
(Entry screening)

②出入国審査場において感染予防担当者に
書類を提出する

③医療機関の車両によってのみ、
移動を許可する (弊社スタッフ同行します)

④隔離中の症状について経過観察を
行うため、政府が課した
追跡システムもしくは
アプリケーションを使用する

⑤RT-PCR 法によって
新型コロナウイルスの検査を 
3度行う。

1度目は医療機関に到着した際、
2度目は隔離期間の5日目から7日目の期間に
3度目は13日目から14日目の期間に行う

⑥医療機関での治療が14日間に
満たなかった場合も、14日間隔離を行う

もし滞在中コロナ陽性が確認されれば、
隔離施設病院に移動になります。
(費用は保険でカバー)

・渡航前の入国証明書
・健康診断、検査費用
・コロナウイルス感染者に
感染していない証明書取得
全ての費用や交通費など自己負担となります。

タイ(ガモン病院)での
1回当たりのコロナウイルス検査費用は、
今のところ4,000バーツ予定です。

日本帰国後は日本政府の要請により、
空港にて検査を受けることになります。
(公共交通機関は使えないので、
自家用車等のお迎えが必要です)

自家用車がない場合は
日本政府指定の宿泊施設で隔離
(宿泊費用は自己負担)となります。
 
上記が9月末までにガモン病院で
手術を受ける場合のだいたいの流れになります。

情報は、状況に応じて
変更になる可能性があります。

検査や許可なく病院や宿泊施設から
外出する事は不可になります。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のための
タイに入国する渡航者に対する防疫措置
(仏暦2563年6月30日付 
CCSA命令(7/2563)附票)
日本語 詳しい詳細
必要検査書類が確認出来ます。 

タイで治療を受けようとする
外国人とその介護者は(10)に
なります。

PCR検査の検体採取及び検査証明の発行が可能な医療機関リストについては,以下のリンク先からご確認頂けます。
(一般社団法人 日本渡航医学会ホームページ)


詳しくは
LINEでも直接質問など可能です。

Line ID
himawari-cafe


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
 
クリック応援宜しくお願い致します。