猛暑が続いた今夏でしたが、9月下旬を迎え早朝の空気はピンと張りつめた秋本番を感じさせます。今年の十五夜は10月に入ってからだそうで、日本の四季は暦に沿った方が正しいのかもしれないですね。鉄道撮影も今は辛抱と時で休日出勤時に撮影した定点観測?名鉄三河線豊田市駅の記録です。

シルバーウィーク12月20日、豊田市駅の1番線と2番線に名鉄らしい電車が並びました。1番線からは三河線普通列車猿投行きが発車します。

 

 

後打ち撮影です。6000系4連の編成は今や美しさを感じさせます。

 

 

2番線からは豊田線普通列車上小田井行きが発車しました。こちらも6000系の流れを継ぐ100系で運転されています。デビュー当時6000系がウルトラマンとすればこちら100系はウルトラマンタロウ?そんなイメージだったでしょうか。

 

 

後打ち撮影で見送ります。

 

 

しばらくすると梅坪方面から三河線普通列車知立行きが到着します。休日や平日でも閑散時間帯は6000系2連で運転されています。

 

 

続いて豊田線から豊田市駅終着列車が到着しました。こちらは名古屋市営の新型車両N3000系で運転されていました。市営地下鉄は着実に置き換えが進んでいるようです。

  

(撮影:Canon EOS7D)

 


↓↓↓

ブログ村に参加しています。よろしければクリックをお願い致します。