町田・横浜 アドラー心理学ベースのアクセスバーズセッション

町田・横浜 アドラー心理学ベースのアクセスバーズセッション

町田・横浜 アドラー心理学に基づくアクセスバーズセッションを行っています。

イベントのお知らせ

PARADISE VOL.3
ニーズがあるところにリソースをお届けする

「知って得するマネーセミナー」
「自分の骨格を知って
     自分だけの眉毛を描けるようになる講座」

などのセッションを開催します。


開催日時:2017年8月26日(土)13:00~17:30
開催場所:代々木上原
入場料:1,000円

テーマ:
今朝8時半にお迎えが来て、母はショートステイに出かけました。
私にも自由が欲しい❗と奮起して、8月からスタートしたお泊まりですが……


初回から必ずお昼が終わった、13時~15時半の間に母から電話が来ます。

「何かね、よくわからない所にいるのよ、何時ごろ迎えに来てくれる?」
………

「今ね、お風呂に来てるの。だから○○←(町田に住む叔母)に電話して一緒に過ごそうと思って」 
………

「今ね、お友達と熊本に来てるの。これからお風呂なんだけど…」
ついにキレた私は、
「違うから❗あなたは介護施設のお泊まりバージョンで、明日の夕方までそこにいるのよ❗」
「あら~それならそうと言ってくれないとわからないじゃない?」

何回このやり取りを繰り返さなきゃならないんだろう😓

前日から荷物を準備して、お風呂道具、翌日の着替え、化粧品等々説明してる。



「嫌なら行かなくても良いのよ、私が楽したいだけだから。」と言うと、
「でもね、あなただって大変でしょ?毎日毎日神経すり減らして😒」
と、わかったような事を言ってます😓


8月・9月でキャンセルしたのが4回💦=毎週水曜日のお泊まりだけど、月に2回になってます。

家族には、
「私が週一でのんびりゆったりする為に企画したのだけど、
電話が入ると余計にイライラしちゃうから、お泊まりは止めて通所にしようかな~」と
先週話をしての今日。

朝は元気に支度をして、
「お母さん、遠足のおやつは幾らまで?」なんて言っていたのに、
13時半私の携帯が鳴る💦💦


見ると母。先週は一度も電話して来なかったのに……

「ね~確かどこかに泊まりに行くって行ってたわよね。どこに行くんだっけ?」

「あなたは今いる介護施設にお泊まりするのよ、今朝話したでしょう?」

「えー😱何にも聞いてないじゃない❗ここはどこなの?」

……もう、知らない💥💥 少し時間を置いて電話をかける。

「少しは落ち着いた?現状把握できてる?」

○○○○○○😱とんでもない発言をしています😓

何回泊まっても把握しない❗感想もなし❗この意味を数ヶ月考えましたが、
まだショートステイは早いのかもしれない😒
来月からは通所に戻そうかと、半分決断している私です😅




テーマ:

12月20日に我が家の近くに引っ越して来た母。

最初は環境が変わった事が起因しての
暴言、暴力行動がありましたが、
今年2月に入ってからは落ち着きを取り戻して、

徐々に笑顔も増え、デイサービスでもコミュニケーション力抜群✨
元来の前向きな母に戻り始め私も安心。
周囲からもありがたい報告をいただいていました。

それが……6月半ば過ぎ、腰と足の痛みを訴え……
日々加速して行き……

前述したように14日の徘徊、
翌日15日の救急車騒動💦と、
色々経験させていただいている私です😅


心臓がいつまで持ちこたえるか?
そこが肝のようになっている生活です💪


とにかく毎日毎日痛みを訴え、
「痛いのよ❗わかってくれてるの?」と言い、
痛みが酷い時には、這いながら
「お父さ~ん、早く迎えに来て~😱」と叫びます。


最初は私も、
「大丈夫?どこが痛いの?😨」
「病院に行ってみる?」と直ぐ様反応していました。

が、ある時ある瞬間、

「母は痛みを使っているのではないか?」と、
私の中で変な猜疑心が芽生えて来て、


行く病院病院、担当の先生に(母に気づかれないように)
「先生、ひょっとしたら母は心が痛いのでしょうか?」

認知症専門の先生、母が20年通院している整形外科の先生、
お二人とも痛みを訴えている母に対して、完璧にスルーしています。
話を聴く姿勢さえ見えません⤵

そんな日々、先週金曜日、
朝いつものように7時にシャッターを開けに行くと、
暗い寝室でベッドに座っている母。

「おはよう☀🙋❗何暗い所でそんな格好しているの?」

3ヶ所のシャッターを開け光を入れた瞬間、
え〰〰〰😱😱😱

母の右目が開いていません😢

「ママちゃん、どうしたの右目❗」

「どうしたの?何か変になってる?」と慌てて目を開ける母。

…開かない、開いたと思ったら斜視に……
黒目が右斜めを見て戻りません💦💦


☆最後までお読み下さりありがとうございます。
続きはまた。




テーマ:

12月20日に我が家の近くに引っ越して来た母。

最初は環境が変わった事が起因しての
暴言、暴力行動がありましたが、
今年2月に入ってからは落ち着きを取り戻して、

徐々に笑顔も増え、デイサービスでもコミュニケーション力抜群✨
元来の前向きな母に戻り始め私も安心。
周囲からもありがたい報告をいただいていました。

それが……6月半ば過ぎ、腰と足の痛みを訴え……
日々加速して行き……

前述したように14日の徘徊、
翌日15日の救急車騒動💦と、
色々経験させていただいている私です😅


心臓がいつまで持ちこたえるか?
そこが肝のようになっている生活です💪


とにかく毎日毎日痛みを訴え、
「痛いのよ❗わかってくれてるの?」と言い、
痛みが酷い時には、這いながら
「お父さ~ん、早く迎えに来て~😱」と叫びます。


最初は私も、
「大丈夫?どこが痛いの?😨」
「病院に行ってみる?」と直ぐ様反応していました。

が、ある時ある瞬間、

「母は痛みを使っているのではないか?」と、
私の中で変な猜疑心が芽生えて来て、


行く病院病院、担当の先生に(母に気づかれないように)
「先生、ひょっとしたら母は心が痛いのでしょうか?」

認知症専門の先生、母が20年通院している整形外科の先生、
お二人とも痛みを訴えている母に対して、完璧にスルーしています。
話を聴く姿勢さえ見えません⤵

そんな日々、先週金曜日、
朝いつものように7時にシャッターを開けに行くと、
暗い寝室でベッドに座っている母。

「おはよう☀🙋❗何暗い所でそんな格好しているの?」

3ヶ所のシャッターを開け光を入れた瞬間、
え〰〰〰😱😱😱

母の右目が開いていません😢

「ママちゃん、どうしたの右目❗」

「どうしたの?何か変になってる?」と慌てて目を開ける母。

…開かない、開いたと思ったら斜視に……
黒目が右斜めを見て戻りません💦💦


☆最後までお読み下さりありがとうございます。
続きはまた。




テーマ:

先日の続きです。

連休初日のお昼時、呼吸困難を起こしそうな暑さの中、
ひとり歩行器を押して、ふだん行かない道を歩いたらしい母。


バッグ、洋服等々準備して、
「12時には外出するから。私が迎えに来るから支度しておいてね❗」
と言い残し、母の自宅を出たのは11時10分。
帰宅してシャワーを浴びて、メイクしている時妙~な胸騒ぎ💦

「なんだろう?この感覚は……。」

45分に母の自宅にスピーカー電話をしながらドライヤーをかける。
1、2、………13回のコール。

とりあえず2分待つ😒

もしかして、トイレかもしれないじゃない❗とリフレームする。

でも、心が落ち着かない💦💦

50分、自宅に電話してみる。13回鳴らしても出ない❗
携帯にかける。鳴らしても出ない❗

「まずい🌀母の行動パターンから外れている💦」
私が心配するのを知っている母は、出られなかったらかけ直す性格。
「これは久しぶりの徘徊に違いない❗」

その日、駅まで送ってくれる予定の夫に、
「パパ、急いで❗ママちゃん電話に出ない。
これは徘徊の可能性があるから~😱」と告げ急いでもらい
母の自宅の鍵を開けると……

「玄関の靴が一足ない💦え?部屋も真っ暗😱歩行器もない。」

「やられた😨😨😨間違いなく徘徊だ〰〰😢」

夫に周辺を車で走ってもらいながら、
後部座席で母の携帯に電話する。出ない⤵何度も何度もかけてみる。

何回目だっただろう?「はい、もしもし⤴」と母の声。

一次感情で話せば良いものを、思い切り二次感情を使って、
「どこにいるのよ❗💥迎えに来たのにいないじゃない❗」

すると、「あのね、車に乗せていただいて、今駅に向かっているのよ~」

な・な・なんですとぉ➰😓😓

「代わりましょうか?」と優しい声が聞こえて来た。
勿論直ぐに代わってもらってお話を伺う。

「ちょうど私達が外出しようと思いましたらね、
お母様が歩行器を押されていまして。どちらまで?と伺いましたら、
駅で人と待ち合わせています🎵と仰いましたので、ご一緒してるんですよ。」と、
温厚でムダのない説明をいただきました。感謝です✨✨
お近くの方らしい。


こちらの予定をお話させていただくと、
「どのようにしたら宜しいですか?」と言っていただけたので、
まずは善意を無駄にしない為にも、

「申し訳ありません⤵ご迷惑をおかけしていながらにして、大変申し上げ難いのですが。
母をひとり駅に下ろしていただいても、またどこかに行く可能性があります。
○○のバス停まで送っていただけませんでしょうか?」←我が家の目の前

「はい、宜しいですよ。歩行器は如何しましょうか?」

「え?あの~歩行器はどこにあるのでしょうか?」

「歩行器はですね、我が家に置いて来たんですよ。」

……という事で、駅に着く寸前でUターンしてご自宅に戻り、
歩行器を乗せてバス停まで送って下さったSさん。

バス停に車を停めて待つ事、15分。時間は12時40分。

母を乗せた青い車が到着し、迎えに降りながら深々と頭を下げ
お礼を述べながら連絡先を聞こうとすると、

「先ほどね、お母様から頼まれましたので手帳に書いてあるんですよ🎵」
と言っていただきましたが、母の手帳を見ても書いてはありませんでした😢


母を迎えに降りたのは、私だけではありませんでした。
夫まで降りて来て、深々と頭を下げていました。胸が暑くなりました😢 

今回の事で私が学んだ事は、
認知症サポーターでもあるので、電車の中や街中で、
認知症かな!という方を見かけたら、
「どちらまでお出かけですか?」と声をかけている私ですが、
この行動を強化して行く事❗無駄な事は何ひとつない。


愛ある方々のおかげで、母は無事に戻りました。
ありがとうございます。









テーマ:

3連休初日の14日、
本当は母の足の痛みを治す為に群馬に行く予定でした。
魔法の手を持つ先生。私が知っているおじいちゃん先生は亡くなり、
今は息子さんが継いでいる❗その医院に。


この治療院には、世界各国から患者さんが来るらしく、
私は、離婚して翌年ストレスからか?急に子宮がんになり、
戦っている数年後、乳ガンの疑いで慶応病院での検査の日々😨の時に、

何故か?離婚した今の夫から、
「一緒に行ってみない?治るかもしれないよ。」

往復6時間はかかる場所に連れて行ってもらったっけ😊
日帰りで夫の母、私の母、連れて5人で。離婚してるのに……
私の診察は左胸の岩のように石灰化した症状でしたが、
確か、右足の親指の付け根辺りをマッサージしてもらって、

次の慶応での検査後、異常なし❗をもらったのです。
それから、頭のどこかに残っていた治療院。
だけど残念ながら空いてなくて、デイサービスも定員オーバーで💦

という事で以前から誘われていたし、顔を出したかったピアノの演奏会へ。
全てが引き寄せられるような、行く場所はそこしかない❗的な、
感じで、仲間のピアノの演奏会へ。


彼女は腱鞘炎を患いながらも、何とかピアノを弾いて待っている方々を
勇気づけたい❗と頑張っています😊エネルギーが凄いんです。


歩行器の母を連れて行こうと朝からバタバタ支度をして、
母が着ていく洋服も決めて、
「ママちゃん、開始が13時からだから、12時には外出するからね、
遅れないように支度してね❗」


……私も時間がなく帰宅してシャワーを浴びて、11時50分になり
何だか胸騒ぎ💦💦母に迎えに行く❗電話をしても出ない⤵⤵
いつもなら、私が電話をすればきちんと対応する母。

何故?何故出ない❓すごく嫌な予感。駅まで送る予定の夫に、
「パパごめん。ママちゃん電話に出なくて嫌な予感なの。
早めに出かけたいからお願い。」

嫌な予感は必ず当たるタイプの私。
母の自宅の鍵、閉まっていますが、部屋は真っ暗💣
「ヤバい❗」徘徊しちゃった。

……20分後、善意の方が車で母を拾って下さり、最寄り駅まで引率して下さり……😅
連絡が取れて、落ち合える場所で待ち合わせ。


何とかピックアップして、電車に乗ってよみうりランドまで。
着いてからは、仲間が助けてくれて演奏会へ参加。
宴は深夜まで続きふたりで何とか帰宅。


「じゃね、明日はデイサービスだから。
直ぐに休んでね❗」と母の自宅で別れ翌日…… 

 
またまた、私の勘が的中❗とんでもない事態に💦💦



続きはまた明日😓




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス