岸祐二オフィシャルブログ『岸道』by「アメブロ」
★Official Fan club『 岸団 』発足!!!

★ミュージカル「ペテン師と詐欺師」出演決定!!

新橋演舞場
2019年9月


詳しい情報はオフィシャルサイト
をご確認ください。



★ミュージカル「In This House」再演決定!!

六行会ホール・ひらつかホール
2019年11月


詳しい情報はオフィシャルサイト
をご確認ください。




1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

にいちゃん


…前を向かなくては、きっと本人に笑われてしまうので、

少し気持ちを書き留めておこうと思います。

応援してくださるあなたと共有させていただき、彼女をいつでも思い出せる様に。


由香へ

思い返せば95年のオーディションで

会ってから29年、まさに"家族"だったね…。


にいちゃん、と呼んでくれた唯一の人。

菜摘はクールで気が強く、しっかり者。

だけど由香は、気取らず、

誰よりも人懐こくて甘えん坊。

年上組のめちゃくちゃな演技プランを楽しそうに喜んで受け入れてくれ、

監督やスタッフを笑わせ、唸らせ、

ふにゃふにゃの笑顔でみんなに幸せを分けてくれていました。


会えなくても、ずっと活躍を心から応援し、誇りに思っていたよ。

僕の演出する舞台に出演してくれた時は、貫禄すら感じられて逞しく、

本当に立派な女優さんになっていました。


映像でもイベントでも、

また5人集まりたいね、って言ってのに…

もう会えないなんて、

悔しいよ、悲しいよ、由香。


みんなに愛された人だから、

みんなと遊べないのが悔しいだろうけど、我々が悲しんでるのもきっと笑い飛ばしてるかもしれないね。


いつかそちらに行ったらまた会って笑おうぜ。

それまでは、あなたの様に、

今を、みんなを大切に生きようと思う。


"いつまでも"家族だよ、またね


渡邊雄太選手と私のバスケ愛

親愛なる団員のみんなへ…

ここへ来てくれてありがとう。


NBA挑戦中だった渡邊雄太選手について、

そして自分のバスケ感について、

思う所を書きたいと思いますので、

興味ない方はスルーして下さい。


先ず皆さんに私から言いたい事は、

渡邊雄太選手の6年、大学時代入れたら10年以上の挑戦は、とてつもない偉業であったという事。

206cmの恵まれた身長だとしても、

世界から集まる猛者の中での競争をここまで続け、

NBA選手としてのハイライトも魅せてくれたのは、

超人的努力とメンタルだった事の証明だと思います。

本当に物凄い夢を見させてくれてありがとう。

今夏のパリ五輪~Bリーグでの活躍を楽しみにしています。


そして同時に、私のバスケットボールの選手としてのキャリアも完全に終わりを迎えました事を報告させていただきます。


数年前からシニアカテゴリーO-40で日本一を獲ったチームにお誘いいただき、

厳しい練習を何度か経験した上で、

最後の挑戦だと思って臨んだO-50の大会でしたが、2期に渡り公演と重なり大会に参加出来なかった上に全国3位、

昨年度は関東大会敗退の結果となり、

今年は流石にチームに迷惑をかけるので参加を断念し、退団を決意しました。 


しかし、正直に言うと脚の怪我で舞台を降板してからプレイでの恐怖心が拭えずに、

練習についていくだけの体力も気力も衰えたと言うのが本音です。

勿論、怪我のリスク、怪我を心配させてしまう事を回避する為でもあります。


今となっては迎え入れてくれたチームのメンバー、

心配しながらも私の固い意志として支えてくれた事務所スタッフに感謝して、

これからの俳優人生、そして皆さんへバスケの楽しさを最高に楽しくお伝え出来るバスケ解説者への本格挑戦に向かいたいと思いますので、

ぜひ応援よろしくお願いいたします。


自動車会社社員の28年目の雑感

『ハネムーンインベガス』

歌稽古の合間、気分転換に…初の試み。


東映特撮公式YouTubeにて配信記念

1話2話の雑感を。

※本気のネタバレがあるのでご覧になっていない方はご注意を。

ご覧になった方はまた記事にするかもなので是非Xでフォロー、お知らせ登録をお願いいたします。



☆初めての主役、初めてのフィルム撮影、初めての特撮ヒーロー出演で、

何一つ分からず…言われるがままにガムシャラにやってるね。

✩ナレーションさせてもらい恐縮です。

✩芝居が荒い!俺が1番ヘタだ(笑) 

✩顔芸!!

✩尻尾生えてるってことはクルクルの実モデルニカ食べとんなおれ…

✩ビッグサイト懐かしい。

✩カースタントとか凄ない?

✩竹内さん横山さん何人おるん?(笑)

✩小林監督、序盤のカクレン風味…

✩ダップむしろ少し大人びてるね

✩日焼け過ぎ✩モミアゲ長っ!

✩髪型…勝俣さんイメージだったんだけど…毛量が多い

✩そりゃ◯顔って言われるわな…(-_-;)

✩ダップの頭重かった…(メカでギッシリ)

✩洋子の「だ、ダップ…(T_T)」

✩タオルデカない?

✩「カローラIIに乗って」実は自動車ショー歌(社長が歌うのでアフレコ当日に変更)

✩エドさんいい人だったなぁ。

✩社長の朝礼「世の中お金」が今でも悪い意味で変わってないよね…

✩脚長いよね…

✩やっぱり福田氏の芝居が上手くて安定してるね。

フレームアウトまでしっかりオチをつけてる。

✩変身のカットはポーズの雰囲気も固まってるし表情も明るく別人みたい(^_^;)

✩今これ地上波でやれない表現だよね、

ましてや子供番組…

✩ボーゾックの声優の皆様は本当に素晴らしい。

はじめからキャラクターがしっかりしてる!

✩横山さんホントにスタイル良過ぎ!

✩普段へなちょこでも変身したら超絶カッコよく!を大切にしてましたね。

✩ギャグじゃなくてコメディ/パロディね。



一つ言えるのは、これを面白いと思える人は、かなりシュールなハイセンスの持ち主だと思うわ、知らんけど…(笑)


他のどのシリーズよりもシンプルで小さな世界で行われるシュールな物語。

最強って程強くないし、最高って程ドラマチックでもない、でもその人達は確かにチーキュを守ったんだろうと実感出来るような…一度その世界に入るとその街の住人になったような感覚になるのかな…


観てくれて本当にありがとう。

最後までお付き合いいただけたら幸せです。


出会いと旅立ちの季節

このブログまで来て下さってありがとう。

皆さん、季節の変わり目、体調を崩しませんように、元気でいきましょうね。


突然ではありますが、ここで

自分の気持ちを少し整理する為に、

親愛なる皆さんに一つ報告させていただきます。


実は、『バンズ・ヴィジット』稽古中の

去る1月半ば、父親がこの世を旅立ちました。

齢80半ばで、患っていた病が急に悪化して亡くなり、

死に目にも会えませんでした。


ただ、残された母のケアや

一連の殆どの手続き等は兄と兄の家族が協力してくれて稽古に集中出来ましたし、

演出の森さん始め制作の皆様にお気遣いいただき、通夜と告別式には出席出来ましたし、

事務所キューブの社長はじめスタッフの皆様、

MonStarS兄さん達にも支えていただきました。

本当にそういう気持ちの繋がりには心から感謝しかありません。

この場を借りてお礼申し上げます。


そして、この場を借りて少しだけ自分の想いを書き残そうと思いますので、

よろしければこのまま読み進めて下さい。


葬儀は親族のみの家族葬にしましたが、

その数日間で改めて父親との想い出を語り合いました。

するとやはり自分では知らない父親の姿や、

母や兄も知らない僕に対しての父親の姿が重なったりして、

家族や親族の大切さを再確認出来てとても良い時間を過ごせました。


家庭では殆ど口を聞かず、口が悪くて本当は優しいが怒らせると怖い、

昔ながらの"普通の父親"でした。


ただ、若い頃は遊び人だったらしく、

僕には子供の頃から釣り、

野球やアメフト観戦、年始にはボウリング、

当時としては最先端のビリヤード、

トランプや麻雀等の勝負事やゴルフ等、人生を楽しむ遊びを沢山教えてくれていましたし、

某車メーカーの社員として、

カーレンジャーとなった息子を陰ながらとても喜んでくれていた様でした。


少年野球や厳しいバレー部で家にいなかった兄よりも多少僕は甘やかされていたと思いますが、

正に多くを語らず背中で教えてくれた父親。だった訳で、

自分もそんな男になりたいと今は特に思います。


ありがとう、親父、素晴らしい父親だったよ、お疲れ様でした。


亡くなって間もなく3ヶ月、年齢的にも覚悟していたし事実は受け止めていますが、

今もそれ程実感無く心の奥ですぅっと悲しみが流れている感じ。

でもこれまでより身近に感じてるかな…


ここ数年、"父親"という役柄を多く演らせていただいますし、これから巡り合う作品や役にそんな愛を乗せて行けたらと思っていますし、

役者としてはまだまだ道半ば、

どうぞこれからも応援をよろしくお願いいたします。


最後まで読んでくれたあなたにも、


日々の感謝を込めて…岸祐二

親愛なるあなたへ2022

親愛なるあなたへ…

悲しいことに、今年もまだイベント等で直接交流出来ない日々でしたが、

変わらぬ応援と想いを沢山ありがとう。

着いてきてくれて心から感謝しています。


今年は怪我で舞台を降板するという悔しく申し訳ない出来事から始まりました。

(※改めて関係者と楽しみにして下さった方々にお詫びと感謝を申し上げます。)


それでも今年は自分にとって大切な宝物になる3作品と出会う事が出来ました。


怪我から復帰させてもらえた

『カーテンズ』では城田優君演出の元、

コロナ禍の厳しさ増す環境の中

"Show must go on"のテーマを持って

一丸となったカンパニーの情熱を。

『Catch me if you can』では

上田一豪氏の私への信頼を感じる事が出来る愛ある演出と主演岩本照や吉田栄作さん、

春野寿美礼さん始め素敵な共演者、

カンパニーのお陰で持てる自分の表現力を活かせた充実感を。

『りんご』では"奇跡のリンゴ"の

木村秋則さんと演じる屋良朝幸君の誠実さに導かれた優しいカンパニー全員で、

作品世界を創る、という挑戦と調和を。


いずれも舞台を中心に生きる俳優には本当に厳しい情勢と環境の中でも

沢山の関係者の強い情熱と大きな愛をかんじられて、改めて幸運と幸せを感じることが出来ました。


その他イレギュラーでも7年続けさせて頂いている総合格闘技RIZINでは、

リングアナとしてタイトルマッチで初めて君が代を歌わせてもらえたり、

特撮ヒーロー作品『ドゲンジャーズ』では薬剤戦師オーガマンの声の3期目となり、

格闘ゲーム『Streetfighter』シリーズではケン・マスターズも22年演じさせてもらえています。


また、プライベートでは、愛するバスケットボールでも沢山の経験が出来ました。

数年前から誘ってもらっていたあるチームに加わり、

感染対策含め難しいスケジュールを縫って、

初めて全日本社会人バスケットボールオーバーエイジ大会に登録、

そのチームのO-40チームが日本一に、

O-50チームが日本で3位を獲ることが出来ました。

(試合にはほぼ出てはいませんが…(汗))

更にBリーグやNBA JAPAN GAMES観戦も充実。

解説、コメンテーターとして勉強になる出会いもありました。


来年は、自分の成長成熟期としてそんな出会いと経験を活かして更に新しい挑戦を求めて走っていきたいと思いますのでどうか、

熱い優しい応援をよろしくお願い致します。


今年もありがとうございました♡

良いお年をお迎え下さい…愛を込めて。


岸祐二

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>