ボクは鹿児島ラーメンに恋してる

ボクは鹿児島ラーメンに恋してる

残り1年を切りました。最後までがんばります。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

さて、前回の締めにも書きました通り、今回が最後となります。

 

 

 

 

4年。長かったですねー・・・・この間に色んな事がありました。

 

 

 

 

その最後を飾ってくださったのが、「キウィの好きなことやりゃイイジャン」のキウィさん!(リンク⇒)

 

 

 

 

このお方には、ブログを始めたばかりの頃からお世話になりっぱなしなの

ですけどね・・・・この度なんと!熊本から会いに来てくださったのです!(喜)

 

 

 

 

うれしかったですね・・・・そして、コメントからの予想通りに、良い人オーラ全開なのにびっくりしました(笑)

 

 

 

 

もちろん、ラーメンも一緒にたくさん食べましたです。

 

 

 

 

 

      

 

      

 

とまらないラーメン愛 GET54() / みつぎ食堂() / 麺坊 MASU()

らぁめん専門 さだ() / 薩摩 思無邪() / 居酒屋 青山()

 

 

 

 

 

どれもおいしかったです(雑)

 

 

 

 

ただ、MASUと青山は甘めに振れていましたのがー・・・・ちょっともったいないかなーなんて。

 

 

 

 

とーいうわけで、最後はそのあたりのお話を・・・・いたしません。店名の横に

キウィさんの記事のリンクを貼っておきましたので、そちらをどうぞです(丸投)

 

 

 

 

まあまあ、せっかくの最後の記事ですから、この4年分の想いを込めてのお話をさせていただきます(逃)

 

 

 

 

最初の頃・・・・特に書き出す前の、Sから「やっておけ」と言い渡された準備期間は謎だらけでした。

 

 

 

 

何故にSは、明らかに好みではないお店にも行かせるのか、苦手な運動をさせるのか、

マンガではなく活字を読めと言うのか・・・・そもそも、準備期間とは一体何のためなのか。

 

 

 

 

こう言っては何ですけれど、たかだかブログを書くためだけに、そこまでする必要はないですよね。

 

 

 

 

でも、今はわかるような気がします。

 

 

 

 

先に書きましたのは、どれもボクにとって辛い事、嫌な事、面倒な事。

 

 

 

 

だからと言って逃げてばかりでは、書けないお店も出てきますし、体調を崩してしまうでしょうし、

内容に深みが出ませんですし・・・・何より、それくらいで諦めるなら、すぐにやめちゃうでしょうし。

 

 

 

 

Sと出会ったばかりのボクならきっと、そうなっていたに違いないでしょう。

 

 

 

 

はい、続けてきて良かったです。

 

 

 

 

ほんの少しですけど、書けて嬉しかった記事もありますし。身体だけでなく、心も強くなりましたし。

 

 

 

 

そして、

 

 

 

 

 

 

みゆきラーメン 鴨池店

 

 

 

 

 

ボクがずっと探していた答えに出会う事もできましたし。

 

 

 

 

思えば最初にお邪魔した時は、それほど好みでは・・・・というより苦手でした。

やっぱり鷹が1番!そう信じて疑わなかったボクには濃厚過ぎたのですよね。

 

 

 

 

それから実食を重ねるうちに濃厚系も大丈夫になりましたけど、当時は新しい

系統に目移りしっぱなしでしたので、こちらの事を時間と共に忘れてゆきました。

 

 

 

 

やがてそれが落ち着いた頃、ボクの中で久留米系のような、純豚骨の存在が大きくなってきたのです。

 

 

 

 

行き着くのは結局シンプル、そうも言えますけれど・・・・香味油に頼り過ぎな、そしてそれを

持て囃す近年の傾向に、いささかうんざりしていたからというのが強かったように思います。

 

 

 

 

そんな愚痴はさておき、食べたいとなったら探すでしょう。

 

 

 

 

真っ先に五十嵐食堂や、ぶんちゃんラーメンなどが浮かびは

しましたけど、やっぱり普段使いできるお店が欲しいですしね。

 

 

 

 

けれどこれが思った以上に難しくてですね、なかなか見つけられずにいました。

 

 

 

 

それもそのはず、鹿児島は九州の他県と比べて、鶏がらやお野菜など他にも色いろ

使っての多重素材、もしくは比較的低温で抽出した、あっさりお出汁が主流ですしね。

 

 

 

 

そう半ば諦めた頃に、みゆきラーメンとの再会があったのです。

 

 

 

 

 

 

焼豚ラーメン(チャーシュー)

 

 

 

 

 

衝撃的でした。まさか、こんな近くに探していた答えがあったなんて。

 

 

 

 

深く乳化したカラーに、豚骨由来と見て取れる細かい脂。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久留米系に負けず劣らずの濃度さを持つのは一目瞭然でございましょう。

 

 

 

 

するっとした飲み口とは裏腹に、舌をとろりと包みこむような滑らかさ。

それが、やや強めの塩気も化調感も優しく受け止めてくれていまして。
付き物の臭みはといいますと、鹿児島に合わせて抑えられていまして。

 

 

 

 

鹿児島に合わせてといえば、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この柔らか中太麺も。

 

 

 

 

柔いですけれど、芯のむっちり弾力が麺としての主張もきちんとで。
デフォでもボリュームしっかりなところも、鹿児島ならではでしょうか。

 

 

 


ボリュームしっかりといえば、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このチャーシューもですね。

 

 

 

 

大判&極厚チャーシューのような派手さはないものの、1枚1枚が大きく厚みがあって

食べ応えもあって、ひと口ふた口ではなくならないという安心感さえも兼ね備えていて。

 

 

 

 

何となく感じてくだされば幸いでございます・・・・鹿児島で生まれ育った、
そして久留米系に魅せられたボクにとって至高のラーメンだということを。

 

 

 

 

まあ、ご主人方がお忙しそうであればある程にブレが大きく、それは特に

麺の仕上がりに出ますので、あれっ?と思う事もしばしばですけどね(汗)

 

 

 

 

この実食は、ちょうど1年前の6月。この時ボクは、ある決心をしました。

 

 

 

 

答えが出たのだから、食べ歩きとブログを終わりしようという事。

その時までに、ボクの答えをSにきちんと認めてもらおうという事。

 

 

 

 

けれど、前者はともかく、後者は方法が思いつきませんでした。

 

 

 

 

だって、どう伝えたらいいのかわからなかったのですもの。

 

 

 

 

ボクが見つめ続けたいお店はね、みゆきラーメンに決まったんだよーとだけ

言ったとしても、Sの事ですから「そうか」の一言で終わっちゃうでしょうし(汗)

 

 

 

 

だから、ボクはSに勝負をしようよーと持ちかけたのです。

そうすれば、ボクの言う事を真剣に聞いてくれるかなって。

 

 

 

 

・・・・まあ、何の勝負かわからないSは、いつもよりも面倒くさそうに聞いてましたけど(滝汗)

 

 

 

 

それでも、ボクが何かを伝えようとしているのは分かってくれていたみたいです。

 

 

 

 

今から2月ほど前、ラーメン屋さんからの帰りに聞かれました。

 

 

 

 

「その勝負とやらが終わるまで聞かないでおこうと思ったのだが、どうしても気になってな。

 

本当は勝負をしているつもりなんかないのだろう?何のためにやっているんだ?」とー。

 

 

 

 

それをどう言っていいかわからないから、記事を書いてるうちに答えが

出てくるかなって頑張ってるんじゃんようーと、返答に悩みましたです(汗)

 

 

 

 

なので・・・・ちゃんと勝負してるつもりだよ?ボクが勝ったら、

お願い事を何かひとつ聞いてよねーとごまかしておきました。

 

 

 

 

「願い事?何だ?またアニメのブルーレイか?」もっと特別感があるのがいいなー。

 

「例えば?」例えば?うーん・・・・Sが奴隷になってくれるとか?「別のにしてくれ(汗)」

 

じゃあ執事。「家事のほとんどを俺がやっている時点でそうだろう(滝汗)」じゃあ・・・・

 

 

 

 

そんなくだらないお話をしながら、おうちに帰ってお酒を飲んでいたらー

 

 

 

 

 

 

こうなりました(汗)

 

 

 

 

 

まあ、何だか盛り上がってましたしね。ボクもSも、すっごく笑いながら書いてましたし(笑)

 

 

 

 

そんな冗談の延長線みたいなのがきっかけでしたけど、これを窓口に

提出するまでの間に、後悔したり不安を抱いたりする事はなかったです。

 

 

 

 

もう4年と半年もずっと、一緒に同じものを食べて、それについて一緒に考えて、

一緒に意見を出し合って・・・・そうしてきましたから、これからも変わりはないって。

 

 

 

 

はい、

 

 

 

 

 

   

 

   

 

相変わらずです(謎)

 

食事処 南国 / 麺達 らー麺マン

大衆中華 ながづき / ラーメン専門 のり一

 

 

 

 

 

何ででしょうねー・・・・もっと他のものも食べて、味覚と知識の幅を広げようと思っていたの

ですけどね・・・・なぜかボクもSも、ラーメン以外の選択肢が思い浮かばないのです(病気)

 

 

 

 

まあ、いいのですけどね。みゆきラーメンは閉店()からの復活を果たしたものの、

何時また閉めるか分かりませんから、新しい答えを探さなきゃいけませんですし(汗)

 

 

 

 

さて、この4年間で得たものをまとめるわけでもなく、これまでの出来事を

書き連ねただけの記事ではありますけれど、これにて終わりでございます。

 

 

 

 

知恵をお貸しくださったブロガーさん、読んで下さった皆さま、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

そして、ラーメン屋さんのご主人さん方、ごちそうさまでしたー。

 

 

 

 

さあ、今日はどこにしよう?

 

 

 

 

行ってきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みゆきラーメン 鴨池店

鹿児島市鴨池1-30-18

 

 

※月・水・土のお昼のみ営業

※unknown様、情報ありがとうございます。訂正させていただきました。

 

 

 

☆Special Thanks

 

ろいまん様 (ろいまんの鹿児島ラーメン)

 

ねこだにゃん様 (麺喰道 およそ鹿児島の麺日記~ほぼラーメン)

 

かごんまん様 (かごんまいろいろ)

 

キウィ様 (キウィの好きなことやりゃイイジャン)

 

ミチアキ様 (Noodle Laboratory 金斗雲)

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス