復活の時は今

復活の時は今

「新しき出発」   私の願いはただ一点。世を照らしたい。太陽の法の時代の到来を信じて


テーマ:

核は北のロードオブ ザ リング

北の 夢であり、切り札だ。 イラクもカダフィーも核がないのでやられたしまった。と金王朝は一途に考える。

そんな生死を分けるものを手放すだろうが。マスコミの頭で考えられない愚かな思考を残念に思う。一方”文春砲”がもてはやされ、国民の一部も”文春砲”おねがいしま~す。

と文春を待っている状態。  頭で考えられず下半身で考えられる国民しかいないなら愚かな事だ。

 

 

小池氏は焦っている

都民ファーストで売って都政を踏み台にし、安倍氏の仕掛けた党利党略選挙に打って返しを掛け返す。さてお金がない。原発ゼロだろうと左翼民主党だろうとなんでもOKよ。

自分のHPから、核武装論の文字も消した。  なんでもありだ。

あざとい。

 

 

トランプはオバマの蒔いた不の種を刈り取りに来ている

誰かがやらなければならない。北を肥大化させた馬鹿・左翼マスコミ(米・日)は反省せよ。

トランプとしては、空母とICBMで包囲して 金に白旗を挙げさせロシアにでも名誉の亡命の逃げ道を残しているようだ。国連決議でも金の個人資産の凍結等は意図的に抜いている。

いざとなったら一人だけ逃げるトンネルもあるそうだ。 金よ。勝ち目がないと悟れば逃げるがよい。

金 自身の放送をやるくらいだから追い詰められてきたのは解る。

 

 

 

・軍事制圧はかなりの確率である。

・またそれと同時に金の白旗亡命もある。

・ニヤニヤと手帳メモをとって金魚の糞のようについてまわる爺・将校らは無理だろうが、軍の蜂起もありうる。

いずれにせよ。 けじめをつける時期は来た。

こんなときに 党利のみの解散を仕掛ける 安倍氏の面の皮の厚さと 腹黒さをなげく。

国連では北朝鮮一色演説だが国民にはほとんど言わない。

国難突破選挙といいながら北朝鮮には振れず、国民にはまたお金あげるから票をお願いネ。

夫婦して ウソの上塗りが過ぎる。

 

幸福実現党の政策のパクリが多すぎるので

”国難突破解散” はもとは幸福実現党系のキャッチである。 国民の無明を残念に思う。

なら、国難はそれに応じて襲ってくる。そういうものだ。 


テーマ:

○トランプ中国抱き込み作戦は失敗だと言えそう。
娘婿の進言だったそうだが中国の老獪さをわかってない。
朝鮮をいくら兵糧攻めにしても裏口から中国が補給を増やせばなんの効力も発生しない。
○朝鮮は核で揺さぶりをエスカレートさせてくるでしょうから、どこかで線引きをする必要は日本も米も出て来るでしょうね。
○民主主義の欠点でもありますが、ほとんどの国民が”意味が解ってない”状態については、駄目な場合は日本はシナ、朝鮮の属国になることもそれはありえます。


テーマ:

正直に書く方が、”発展につながる”から、ダメ出ししたほうがいいかもしれません。

 

 

よい映画だったと素直に感動される方もいた。

題材が非常にシュールでこの世がすべて! と思い込んでいる場合は”気づき”に使えるでしょうが、芸術作品?  として見た場合はまだまだ改善するとよいか・・

と思われるところもあります。

 

大川 宏洋 氏の作品は、アニメに続いて2作目ですが、原案は大川隆法氏なのでしっかりしていますが、脚本は宏洋氏です。だから全体に子供っぽい。自身のキャリアアップの過程で大人の考え方を身につけてないのではないか。マンガで育ったような発想が随所に観ぜられました。マンガだって文化。

えぇ  確かに

ただ、芸術作品とするなら、自分のキャリアアップが欠かせないでしょう。たとえば

川端康成

夏目漱石

など外国ものでも良いですが、芸術作品には独特の香りがあります。文化があります。

それを作品から滲み出させるまでには遠い道のりを感じます。

 

前作はアニメ・ 仏陀再誕 あまりにもデカイ題材です。しかし中身は子供のマンガのようでした。

今回は実写  いろいろと盛り込まれていて良いところもあります。

しかし、まとまりがない。

なにを訴えたいのかが、ぼけている。

登場人物についても 上手い役者もいれば まるで棒読み、これはまずい。というのもありました。

しかし、

霊障

子供の頃のいじめ

などの記述はリアリティがある。

子供とは残酷なものです。

霊視が効くというのもリアルです。

 

よく伝わるのは、自身の体験ではないか。

あまり伝わらないのは、自身の体験から来るものではない読んだもののように感じます。

登場人物も次のように言っていました。

”頭じゃ解っているんだけど、体がついて行かねぇんだよ・・”

あぁ なるほど。

自身の体験か。

そう感じます。

 

こういった 霊の世界を描いたものに興味のある方の研究対象としては優れていますが、

(事実しか描かれていない)

芸術作品として 世に問うなら時間は掛かりそう。

登場人物個別に

巫女 上手い

主人公 上手い、ただ設定が不遇の人生過ぎ、極端すぎる。両親が死んで お姉ちゃんが死んで自分ひとりに子供の内になるけれど、どういう意味合いがあるか人の命を(物語の中とはいえ)取ってしまうのだから、それなりの重い意味づけを与えてほしい。

平安の相棒の剣士  台詞がちょっと問題あり、超・エキストラか裏方に廻ったほうがいい。

霊障のシーンは上手かった。というより自身なのだろう。見えない世界はこれほどまでに収拾がつかないほど凄い世界なのか・・ と驚く。

対処のしようがない。

閉じ込めてほっておくしかないのだ。

意味がわかった。

 

片思いのペンションの女子  なんの役回りなのかよく解らない。

このような安っぽい色付けが随所に見られ、これはカットしてよい。

 

結局、原案はしっかりしているが、運用、撮影、脚本が手ヌルで、これではまだ頂点にもっていくまでは、膨大な 時を待つしかないのだろう。

 

 

幸福の科学の映画で、結構芸術性が芽生えて来た。と感じられるのが

神秘の法でした。 完璧でも何でもないですが、芸術作品として歩み始めたような感じです。

そこまでの領域ではないですが、

同様に

ファイナルジャッジメント

永遠の法

少しずつ成長している映画だと感じます。

第一作や二作の

題名は忘れましたが太陽の法とか、実写のものは

ほんとよちよち歩き状態でした。

 

次期、良い作品が出現するのは間違いないと思われます。


テーマ:

小池さん、豊洲のほかにないんですか。
小池氏は自民党を”旧勢力、抵抗勢力”と仕立てて自分を正義のヒロインのように仕立てるポピュリストである。

しかし、小池氏自身が未だ自民党に居続けることを考えれば、これは単なる自民党内の内輪もめに過ぎない。(都民ファーストではなく間違いなく自分ファーストの人である。)
政界の渡り鳥と揶揄されるように所属政党をコロコロと変えてきた小池氏は票がとれれば都政などどうでもいいのだろう。自身のキャリア形成の一つを getといった処か。

小池氏自身が権謀術数に長けた古い政治家である。

都民は小池劇場に日頃の不満を託したようにも見えるが結局、”八ッ場ダム”で国民が損をしたように一番損をしたのは都民自身である。相当のお金が小池氏の遅々として進まない遅い仕事によりドブに捨てられた。 

 


都民は冷静に小池劇場の正体を見極める必要がある。

 

 


夏の都議選で”都民ファーストの会”は負け、小池氏は勢いを削がれるだろう。

 

 

 

※小池氏に問う

個人的な怨恨から、石原氏らに罪を擦り付け都政を止めるのはいかがなものか・・・

都民を巻き込んで都政をストップさせるのだから、力はあるだろう。

しかし、自身のキャリアが渡り鳥、風見鶏であるようにこの人に結果を期待してはいけない。もっともかき回す。混乱させること自体が政界浄化と考える人々もいるのだろう。

しかしもう、いいだろう。マイナスの方が明らかに大きくなってきた。

劇場は終わり。

 

やめる時期だ。

 

.

 

 


テーマ:

18日幸福実現党より、発表された。

 

  • 金正恩政権による軍事的挑発がエスカレートする中、政府には、米韓との連携強化はもちろん、中国なども巻き込むことで、北朝鮮に対して実効ある制裁措置で臨み、朝鮮半島の非核化に力を尽くすよう要請する。併せて不測の事態も想定し、抑止力強化を求める。

 

  • 政府には、事態認定や米軍との共同対処に向けて万全の態勢で臨むよう求める。また、拉致被害者や在韓邦人の保護、救出に十全を期すべく、米韓との入念な調整を図るよう要請する。邦人の保護、救出は国家の責務にほかならず、領域国の同意がない場合であっても、自衛権の行使として実行してしかるべきとわが党は考える。

 

  • 北朝鮮の暴発に備え、有事の際の情報周知をはじめ、国民の避難・救援の徹底を図るとともに、化学兵器を使用したテロや武装難民などへの対処にも注力すべき

 

もう、9条は捨てるときだろう。

拉致被害者は、 やり方を変え、力ずくで助け出すとき。


テーマ:
先の日米首脳会談で、米・国防長官が来日した。
マスコミの報道は一様に
”アメリカは引き続き日本を守ってくれることが確認されました!”
オンリー
だった。

そりゃ、中国喉元に、不沈空母を突き刺すためににも日本を放す訳ないでしょ。
中国に行きたがっているのは、

翁長雄志 氏


くらいなものでしょう。



みっともないと思わないのか?
自分の国は自分で守るくらいできないのか?
臆病なマスコミ勢力。
トランプ大統領はじめ、  ツイート砲が誕生し、芸能界も使い始めている。
マスコミ・フィルターを使わない 伝達手段ができた。


日本を左翼で染められる時代は過ぎ去った。

テーマ:
朝日は = 中華新聞
毎日は ~ 朝鮮新聞


日経はまともな視点が多いが、金儲けばかり。
サンケイはまともな視点がおおいが、決定打不足。


今、どういう見方をしなければならないか。
は 月刊 ”ザ・リバティ”がよい。
日本を潰さないためにも。  永田町の合言葉も左派も一部取り込んで、
幸福の科学の言っていることならそうだろう。
幸福の科学を読んでおけば大丈夫だ。 と聞かれる。

月刊”ザ・リバティ” は、指針として大変重要

テーマ:

 

 

本来であれば、沖縄県を預かる翁長雄志知事は、中国に対して何らかの抗議を行うべきだ。しかししない。

 

6月に中国の軍艦が初めて尖閣諸島周辺の接続水域に侵入した際にも、翁長氏は、日本政府に対する要請も行っていない。石垣市の中山義隆市長らに対応を求められ、7月になってようやく日本政府に安全確保の要請を行った程度だ。

 

不翁長氏の、アメリカと中国に対する対応の違いである。

 

沖縄を守る米軍普天間基地の辺野古移設問題については、事あるごとに批判を繰り返し、訪米してアメリカ政府に直接抗議をするという積極的な姿勢を見せる。しかし、侵略の意図を持って領海への侵入を繰り返す中国政府に対しては、ほとんど抗議をしていない。

 

こういう人を知事に選んで恥ずべきは有権者かもしれない。すくなくとも石垣市民の民意はそう現れているし、日本国民の総意もそう表れている。

 


テーマ:

トランプ大統領を批判しても、アンチ報道を続けても民意はトランプ大統領を選んだ。

オバマ氏は大変なマスコミ人気で船出したが、やはり弱腰だった。なんでも後手後手だった。

 

 

マスコミがアンチ・トランプをやればやるほど、マスコミは自身の信用を失う。

国民はマスコミ・フィルターを通さない意思疎通手段を手にした。

トランプ ツイッター砲は、黒田バズーカ砲のようで頼もしい。

 

 

いくらマスコミが世論誘導を試みても、民意はマスコミを信じない。

日本もマスコミ製作の”民主党政権”で ひどい目に会った。

マスコミの誘導する反対のことのほうが正しいのかもしれない。

 

 

経済界もトランプ効果を計りかねて、当面は株価も乱高下するだろうがやがて”強いアメリカ”はその姿を現すと思われる。確かにファミリーをいっしょに連れて歩くなど、”強い””自身がある”と思われる。なかなかできる事ではない。


テーマ:

日経コラム題です。

 

この記事にあるように、トランプ大統領の狙いは中国包囲網です。

米に立ち向かおうとして、 空母1隻じゃ勝ち目はありません。核戦争に持ち込めば最終戦争です。

 

 

このようにトランプ大統領が、強くしてしまった中国を弱めると言っているのだからこの流れを読み間違ってはいけません。

・FTAは大切です。保護貿易主義は悪です。と新聞が書いてもトヨタががんばっても米が言うのだからそのやり方にあわせる方が得策です。そこを読み間違ってはいけません。日本も中国の海洋進出には頭をいためているところ。北朝鮮の後ろ盾となる中国を弱めたいのは日本も同じ。

 

ロシアと米で関係修復を考えています。日本もロシアとの関係を考えています。すべては中国包囲網のため、TPPでやる方法もありましたが、トランプ大統領が中国から資本を引き上げるぞ。と脅し、元高に持っていくぞ。と圧力をかけアメリカの新しいやり方が始まります。

 

 

米は中国の台湾、香港の併合、尖閣への進出をとめようとしています。米ロ関係修復によりイスラム国は消滅するでしょう。

 

 

日本のやるべきことは、

・米と強調して中国からの資本引き上げ

・日本国内への企業の回帰の後押し →法人税引き上げ

・日本には雇用が更に生まれます。

既に雇用環境は売り手市場に傾いており、人手不足は深刻です。移民かそれに準じた人材登用の柔軟な制度を日本は取らざるを得ません。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス