小学生の間をずっと、ゆい音楽教室に通ってくれたKちゃんが、卒業の日でした。



「先生、ありがとう。」


って、素敵なプレゼントと
気持ちのこもったKちゃんと、お母様からのお手紙。


涙が下瞼で支え切れないくらい溜まっていたけど
必死で必死で耐えましたえーん




色んな波に打ち当たり、乗り越えてきたKちゃん。


レッスンでは、ピアノだけではなく、色んなお話をしました。



辛い事、楽しい事、
友達と喧嘩する事、
大事なペットとのお別れの時も、


どんな事があっても、レッスンには笑顔で来てくれました。



でも、演奏を聴けば
1週間どんな感じだったのか
ふんわりと分かるものです。




信頼関係をしっかり結ぶからこそ、
一緒に頑張れます。

ハッキリと厳しい意見を伝える事も、あります。




Kちゃんとは、
そんな仲になれていたと感じます。



そして、それはご家族の支えがあってこそ。



愛で包んでくださり、
共感して、一緒に歩んでくれるご家族の姿が見えるから


少し厳しく伝える事ができます。


レッスンは生徒さんと一対一ではなく、
お家の方も含めての、チームワークレッスンだと思っています。




私も幼い頃は、先生に怒られ、

母に頑張ろうと背中を押してもらい

褒められたら一緒に喜んでもらい


喜びも悲しみも、分け合ってきた記憶があります。



Kちゃんのご家族からは、同じようなニオイが笑 していましたラブ



私の話を聞くときの、目の輝きが
今も忘れられません。



Kちゃんは、素直で優しくて
皆んなが仲良くなれるように
調和させられる人。


どんどん素敵な女性になるんだろうな。



また、イベントや、妹ちゃんの送迎で遊びにきてねおねがいピンクハート


また会えるから、寂しくないよ。
(いや、めっちゃ寂しい)


自分で卒業を決め、しっかり頑張ってきたKちゃん、お疲れ様!またいつか、ピアノを一緒に頑張れる時が来たらいいな。



先生のところに来てくれてありがとうハートピンクハート