良い声って、どうすれば出るのでしょう?


ボイトレをして今年で10年目。
沢山の生徒さんの声を聞いてきました。


その中で、生徒さんが声が変わる
1番のタイミング。




それは、姿勢なんです。



「声が出づらい」と
レッスンに来られる方のほとんどは、


声を出す時の身体の使い方が、

意識できていないのです。



身体のどこをどう使って、声を出すのか。


これさえわかれば、

「あら?いつもと違うびっくり


と、驚きの表情が見れるのですウインク



今日はブログで、簡単に声が出やすくなる姿勢と、トレーニング方法を紹介しますルンルン



まずは、基本の姿勢。
(自らモデルになりました笑)




ポイントは、肩甲骨を背中の中央に寄せ
みぞおちから胸を引き上げること。


声を出している時、この状態をつくります。


この姿勢をとると、自然と下腹にチカラがはきります。


喉は楽になり、素直に声がでます。



反対に、オススメしない姿勢がこちら。



楽なんですよね、この姿勢笑い泣き


しかし、肩が内に入ることで
胸を圧迫し、息が前に出づらくなります。



アゴが前に出るので、喉を締めつけやすくなります。


腰を前に突き出し、前ももにチカラが入り
お腹はダラーんと緩みます。


これでは、声をコントロールするのが難しくなってしまいます。


綺麗な姿勢は、声が出やすいだけでなく
見た目の印象まで変えてしまいます。



そして、皆さんにお伝えしたい
声が出やすくなるトレーニング方法がこちら!



合掌のポーズ。

肘は掌と水平に。


胸を張って、
手と手にグーーーッと力を入れて
合わせます。


すると、自然にお腹や声帯に
良いチカラがはいり、

芯のある、よく伸びる声が出ますラブ




このポーズで歌っても効果的。
息を止めて、10秒キープするのもオススメ。




声を出さずにできるトレーニングですので
思いついたときに是非やってくださいルンルン


1週間、毎日沢山頑張ってこられた生徒さんは



声がワントーン明るくなったり

いつもの1音上まで出るようになったり


と、早速効果を感じられましたおねがい


何より、ご本人が
なんだか、いつもより気持ち良い!


と、感じでおられましたラブ



ボイトレは、声を出さずに色んなトレーニングができます。




姿勢から、気を付けてみるのは
いかがでしょうか?ラブラブ





レッスンの相談、ご希望はこちらのLINEから
お時間気にせずいつでもどうぞ♩



ゆい音楽教室
HP 

○090-7497-3805(講師直通)

お時間、曜日は気にせずいつでもどうぞ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「リトミックって、こんな効果があった!」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

{44D3B1DC-AF31-4978-9682-85929699E23B}