ピアノ演奏や、歌を歌う事は


水墨画を描くよう。



黒一色の墨で表現される、水墨画。




墨の濃淡、ぼかし、

かすれ、にじみ、


グラデーション、


筆を運ぶときの勢いの強弱で



繊細さとダイナミックさを表現する。




ピアノも声も、音色はひとつ。




表現の仕方は、一色で描く水墨画と同じです。




すべてを描くのではなく、

間合いさえも、表現の一つ。





自然や人生の深さ、
わび・さび、静寂、熱情、、、


その表現が、見る者の心を強くとらえる。






表現する以上、


「誰かの心を掴む事」が



大切だと感じます。



一つの曲に、沢山の色と温度を詰め込んで



「ああ、聴いて良かった。」

と思わせる演奏を、

生んでいきたいものです。