リトミックって、音にあわせて踊ったり、歌ったり、とっても楽しそう!



でも、遊んでいるだけのように見えるけど…
本当に効果があるの?えー



たしかに、楽しく踊ったりリズムを取っていることが、どう脳に影響しているのか、見て取る事は難しいですよね。


ここから少し、のお話を。




私たちの全身の機能を司るという脳。


その脳の中で特に、
知覚、思考、推理、記憶、自分の意思による運動を司るのが「大脳」です。




こんな面白い実験結果があります。



脳に電気刺激を与えて、
「どの大脳の箇所が、どの身体の部分に」対応しているのかについて研究した、カナダの脳神経外科医ペンフィールドという人がいます。


ペンフィールドは大脳のどの部分が、身体のどの部分に対応しているかだけではなく、

脳の各部分の対応の割合の大きさまでも、解き明かしたのです。


手に対応する部分、


足に対応する部分、


お尻、鼻、目、舌、、、



体のすべてこ部位に対応する部分の大きさを、そのまま人間に例えると、こうなるそうです。


(びっくりしないでね。)








すんごい身体びっくり!!



この図をみると、手と舌(発声)が特別大きいのにお気づきかと思います。




人間は手を使って文明を築いてきました。



そのため、手に対応する脳の面積はとても大きくなりました。



口が大きいのも、大切な食べ物を体に取り込んだり、声を出して伝えていく事がとても重要だった為でしょう。



「手先をよく動かすと、認知症になりにくい」

「咀嚼、発声をよくすると、健康でいられる」



こんな話を耳にしたことはありませんか?


この研究結果をみると、手足、口(発声)からの運動は、大脳の大部分を活性化させることに繋がるからなんです。





0から3歳の一番脳が発達するこの時期に、
手足、口(発声)の運動をすると、基礎能力の高い子どもに育ちやすいという話も頷けますね!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どんな動きが効果的なの??

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


手足口の動きが脳の大部分に刺激があると分かったけれど、


では、具体的に何をすればいいのか。



リトミックでは、リズム体操を取り入れ、脳に刺激を与えています。


これは、3つの動作を同時にするというポイントを押さえています。



●見る
●聴く
●曲に合わせて歌う(もしくは手足を動かす)


同時にするという動作がとても大切。



ですから、音にあわせて歌ったり踊ったりと
一見、楽しそうに遊んでいるような事が


実は、脳の大部分に刺激を与える効果があるのです。


リトミックのプログラムの中には
リズム打ちも沢山あります。

(0-1歳はお母さんに手を持ってもらい、一緒に打ちます)

ここでは、

●物を見る
●名称を発声する
●リズムを取る


という3つの動作が含まれています。


たとえば、「スプーン」と言いながら手で“タタッタン(スプー ン)”と叩く。



スプーンを見て、スプーンと発声し、同時に手で叩き音を出すという動作。



イクウェル♩ドレミコース♩は、そういった脳科学を研究し、どのようにすれば脳により良い刺激があるのかを追求したプログラムなんです。




今回は、リトミックの効果について詳しく掘り下げましたが、


本当に大切なのは、笑顔で接し、お子さまの興味や関心を引き出すためのきっかけ作りをしてあげることだと思います。




忙しい毎日のなかで、週に一回、
二人きりの時間を作り、愛情をたっぷり感じさせてあげ、

のびのびとチャレンジできる人に
育っていってほしいですラブラブ



ゆい音楽教室のイクウェル♩ドレミコース♩が、そのお手伝いになればと思っています。




3回にわたり、リトミックの素晴らしさをお伝えしました。



最後まで読んでくださり、本当にありがとうございますおねがい



皆様の、大切なお子さまの成長に関われる事がとても幸せです。



今日は、晴れて清々しい秋の空ですねイチョウ

では、月一恒例の、講師会議に行ってまいりますウインク音符


皆様もお気をつけて、行ってらっしゃいませ!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「リトミックって、こんな効果があった!」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






無料体験は他の日程でも、受付中ですキラキラ
*1回のレッスンでも脳に刺激がありますよ!




気になること、ご相談は
ゆい音楽教室
HP 
○090-7497-3805(講師直通)

お時間、曜日は気にせずいつでもどうぞ!


{44D3B1DC-AF31-4978-9682-85929699E23B}