0歳からのおけいこで人気がある
「リトミック」




はじめての習い事、で探される方が多く



学力向上に力を入れている保育園や、幼児園のプログラムに取り入れられていることで、よく知られています。




 

そもそもリトミックとは何なのでしょうか?






どんな種類や効果があるものか、みなさんはご存知でしょうか。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リトミックは○○に向けたプログラムだった⁉︎

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




リトミックは、19世紀後半頃にスイスで開発された音楽教育の1つだそうです。



人間の聴覚・運動能力・想像力などを育てる、


「音楽×運動」のプログラム。




ほとんどの方が、「幼児向けの音遊び」として認知されているかと思います。




しかし、リトミックは本来


“表現者のための教育”
 
“音楽家を育てるために考案された教育法”



であり、幼児向けではなかったのです…!!


リトミックの目的とは、


●読譜力を養うもの

●即興力を鍛えるもの

●音を身体で感じるもの(リズム体操)

の三本柱から構成されています。




その中の一つのプログラムであるリズム体操を、幼児教育に取り入れたのが始まりと言われています。




逆をいえば、リトミックを幼少期から続けることで、


音楽家に必要な「聴力」や「感性」を磨くことが可能となるのです。



ただただ、リズム感をつけるためだけの教育ではなかったんですね。 



音楽家になると道を決めた人が学ぶプログラムだったというわけです。


しかしながら、

「いや〜、ウチの子、別に音楽家になって欲しいワケとちゃうしな〜。」



そう、そうなんです。


リトミックが幼児教育に取り入れられる大切な理由は、次のブログでご紹介しますねウインク


次の記事は→こちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「○○に刺激」を与えて夢を叶えられる人になる??

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





無料体験は他の日程でも、受付中ですキラキラ
*1回のレッスンでも脳に刺激がありますよ!




気になること、ご相談は
ゆい音楽教室
HP 
○090-7497-3805(講師直通)

お時間、曜日は気にせずいつでもどうぞ!


{44D3B1DC-AF31-4978-9682-85929699E23B}