けやきッズでパステルアート「おさかな」 | 結の絵 パステルアートと色の教室 東京都府中市

結の絵 パステルアートと色の教室 東京都府中市

「出来た!」の嬉しい気持ちを大切に。東京都府中市にてパステル和アート、ポコアポコカード、数秘&カラー、TCカラーセラピー、色育など、色に関する活動を行っています。


テーマ:

 

府中市小学校放課後教室「けやきッズ」にて、パステルアート体験会を開催しました!

当日は交代制で、48名の小学生の皆さんがパステルアートに挑戦。

「おさかな」のパステルアートがたくさん集まって、

大海原を泳ぐお魚たちのようになりました(^O^)

 

自分の絵とお友達の絵を代わるがわる眺めて、褒め合って、たくさんの笑顔に出会えました。

楽しんでいただけて、本当に良かったです(*^^*)

 

 

「先生!一番強い色って何色?

 俺、一番強い魚を描きたい!キラキラ

 緑か青だと思うんだけど~」

 

自分が一番強いと思う色で塗っていいんだよ、

緑でも青でもいいし、混ぜてもいいんだよ~とお話したら、

 

一生懸命パステルを削って、一生懸命塗って、

 

「めっちゃ楽しい!」と喜んでくれました(^^)

 

 

 

「先生、お魚何色で塗ってもいいの?

 俺、虹色の魚にする!虹

 

そう宣言して、何と自分で考えて、ストライプ模様に魚を塗っていました!

上の写真のお子さんは二人とも一年生。

 

 

 

「先生、ワカメも描いていい~?波

と、自由にワカメをくねくねと描くお子さん、

 

「周りの色何色でもいいですか?」

「海の色でも空の色でもいいし、

 青でも夕焼けのオレンジでも、

 魔法の国のピンクでもいいよ~」と答えると

「ピンクにしたいけど、ちょっと恥ずかしいから黄色にする・・ニコ

と、少し照れながら黄色を塗るお子さんなど、

 

「おさかな」という題目を提案しただけで、

たくさんのアイデアが生まれていく光景に、

驚きつつ感動しました・・!

子供の自由な感性は素晴らしいですね。

 

 

 

芸術的な色の塗り方をするお子さん、

色の明るさや彩度を揃えようとするお子さん、

納得いくまで混色を繰り返し、水彩画に近い色合いを目指すお子さん、

 

皆さんそれぞれの感性をとても活かして、

楽しく色を塗っていました。

 

 

 

私が見本で描いて持参したのはこの二種類。

帰りは、この額代わりの色画用紙に入れてお持ち帰りいただきました。

 

十数人のテーブルで交代制にさせていただいたのですが、

お一人お一人を回って歩くのが私一人では追い付かず、

けやきッズの先生方にたいへんサポートしていただきました。

ありがとうございました!

 

お子さん達とは、後日近所ですれ違うことも多いので、

「先生またパステルやりたい!」

と言ってもらえて私も嬉しいです(*^^*)

また機会がありますように・・♪

 

 

パステルアートと色の教室 結の絵(ゆいのえ) 原田 まみさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント