先生の妻

先生の妻

母として、妻として・・・独り言をたれながしておりまs
小学校受験終わりました。第一志望に合格しました。


個人が特定されるような内容につきましては
アメンバー記事にしております。

基本的にどなたでも、お気軽に申請していただきたいのですが、
いくつか条件をつけさせてください。

・ご自身のブログを定期的に更新、または過去にされていた方。
私が個人情報を出す以上、その方の人となりが見えないと、承認しかねます。

・申請と同時に、ご挨拶と自己紹介を書いたメッセージをくださる方。

芸能人でもないし、面白い事も書いてあるわけでもないので
心苦しいのですが、私個人以外にも、娘や主人の事も書いてありますので、
上記、よろしくお願い致します。


 

 

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い申し上げます。

 

お正月は恒例の主人の実家で過ごして、また慌ただしくも変わらない1年のはじまりだと思っておりました。

 

 

数日前に、20年以上の大親友が突然、統合失調症を発症しました。

彼女とはいつもlineでやりとりをするのですが、珍しく深夜と早朝に電話がかかってきました。

電話口の向こうの彼女は、つい最近まで一緒にランチをした20年付き合ってきた彼女から出る言葉とは思えない言葉を発します。

まったく話も通じず、あまりにびっくりして、ご同居されているご両親をすぐに電話口に出すよう伝えました。

それだけは通じて、お母様に代わってもらったのもつかの間、突然のことで驚かれているご両親と、

意思の疎通が難しくなってしまった親友と電話の向こうでパニックになっているのがわかる状況でした。

 

今現在は、精神科に入院をしています。

 

発症してすぐに私に電話をくれたようでした。

妄想の中で、彼女はずっと私が死ぬのではないかと心配してくれていました。

 

いつも明るく、あまり悩まない彼女。

マイペースだけれど情にあつい。

そんな彼女だから、病気を発症しても私を心配してくれたのだと思います。

 

いつかまた彼女と笑って話がしたい。美味しいご飯を一緒に食べながら、美味しいねと言いたい。

娘がもう少し大きくなったら二人で韓国に旅行しようと約束をしていました。

私の大好きで大切な親友。私にとってとても大切な人の心をどうか助けてほしいです。

辛い思いをさせないでほしいです。

 

慌ただしくも変わらない日々が、こんなにも有難く幸せだったことに改めて気が付かされます。

今私にできることは、知識を持ち、祈り、今周りにいる人たちを大切にすることだと思います。

 

私の気持ちも落ち着かないもので、取りとめもない文章でごめんなさい。

 

どうか彼女が1日でも早く寛解出来ますように。

それすらも望むことが彼女にとって負担となりませんように。