おはようございます。
待ち合わせなどの時、基本的に私は待たされる側のyuillyです。



遅刻してはいけない、時間に間に合うべきという

「べきねば」マイルールがあるので
待たされる方になると、イライラします。

めっちゃイライラします。

むっっちゃイライラします。(鬼クッッッッッソ)

あいつら待ち合わせには平気で遅れるし、もちろん連絡もしないし見ないし、しまいには約束自体を忘れるし最悪





平気で遅刻してくる側の人、
平気で待たせる側の人って、何を考えているのだろうと思ったら

「平気で待つことが出来る」

こういう節があるのだなあと気づきました。
(例外ももちろんあるでしょう)

────────────────────

発達障害、もしくは心屋流「後者(飛ぶ族)」は、
遅刻してしまいがち…など、時間の概念がゆるゆるな人も多いと聞きます。

私は発達障害ながら、もともと時間を守る(守れる)ほうだから、

「平気で待てる」の視点もあることに気づき、ハッとさせられました。
 

ASDの人は時間を守る(こだわるとも言う)、

ADHDの人は時間を守らない・守れないっていう大体のイメージを持ってる

◆きっかけは、待ち合わせの、とある一言

あるとき待ち合わせをしていて…
待ち合わせというか、確か、急にお誘いが掛かったんだっけ。
そのとき外出中だったので、

私「病院に寄った後だから、最短でもそっちまで30分ほどかかる

って返信したんです。
待たせちゃ悪いから、なるべく早く病院を終わらせて、向かうことにした訳です。



30分ほど待たせて、無事に待ち合わせ場所についたときの会話でびっくりしました



私「すみません~お待たせしました」


相手「もう来たんですか?


 ぼーっとしてました

 




いや

いやいや

いやいやいや

ぼ~っとしてた って何!?!?!?

私、ただ何もせず待つのって無理of無理なんですけど…
早く来い~~~ってイライラするか、放置して別の事をするか、とにかくただ待つことは出来ないというのに


でも。

その人にとっては、これを何事もなくできる、ってのを知った。

 

 

※補足:この人が、いつも私を待たせている張本人のひとり

 

◆「待つ」に対する罪悪感

そうか。
この人は。
待つこと、待たせること、時間に関する罪悪感が、無いんだ。


だから、平気で遅れてくるし、平気で待つこともできる
遅刻などの状況連絡も入れないし、逆にこちらからの状況連絡もあまり見ない。

待つときの「ぼーっとしてた」

 

うーん、この一言は、私には、出せない。
 

◇ちなみに

ちなみに、私がおおまかな時間を知らせたから待てた、
という訳でもないようで。
「30分ほどかかる」に対する了解LINEが来たのが、その約20分後(=到着の10分前ごろ)。

…その約20分間なにしてたんだろう。

たぶん、ぼーっとしてたんだろう。
返信を待つということもせずに。
 

◆「べき」を持たない世界の人

つまり、そういう世界に生きているんだろうなと思いました。

 

遅刻してはいけない、時間に間に合うべきという「べきねば」ルールが、ない。

 

待ち合わせの時、予定通りに動く「べき」だし、
予定から外れる場合(特に遅刻)は、現在地や何分遅れるかなど、早めに連絡を入れる「べき」と思っていたけど


その「べき」を持たない人がいる、らしい。

だから、仕返しのつもりでこちらが意図的に遅刻しても、たぶん、何とも思わない
怒っても「何で怒ってるんだろう」って思われそうだw



以上、日記でした。
この記事はあくまで憶測なので、一度このことを本人に聞いてみようかな…?

 

【追記】

聞いてみたら、このとき本当にぼーーーっとしてた

確かに、「ただ待つこと」自体は、できるとのこと。

 

逆に、この人、遅刻に対する罪悪感は、ちゃんと(?)感じていたようです。

そこは見誤っていました。

【追記ここまで】
 

◆逆に感謝を感じられるようになった

おかげさまで。

他の人と待ち合わせをしている時は、

ちゃんと時間通りに集合できることの、ありがたいこと!

ちゃんと連絡がつくことの、ありがたいこと!!!

 

と、感謝を感じられるようになりました。

 


待ち合わせで場所とか遅刻とか今どことか、問い合わせたらすぐに返信くるって、すごくね!?!?

ってなりました。