こんにちは。藤井です。

暑い日が続き、夏がもう目の前です。

これからの季節は現場の職人さん達には厳しい時期になります。

熱中症に気をつけてもらうため、塩飴等を差し入れしようと思います。


話は変わりますが、先日社長からタイガーウッズ選手の話を聞きました。

話の流れはこうです。


休日に協力業者さんと釣りに行った話をしていました。

その日は海のコンディションも悪く?なかなか釣れません。

半信半疑のまま惰性で釣りを続けました。
不意に竿先に反応が!

こ、こいつ…動くぞ!

根掛りではなく、魚です!

この時を待っていたああ



ブリです!!

やりましたー


乗合船には自分も含めて6人いましたが、釣れているのは私だけ。

この優越感。
1と0。
この僅かな数字の差には、天と地の差があります。

この船の王者は自分です。

その後は続かず、次は協力業者さんが釣り上げました。
魚種はサワラです。

大きさは私の釣ったブリと同じでしたが、重さはブリの方が遥かに上回ります。

まだ余裕があります。

また協力業者さんの竿が曲がりました。


やったねー!

と祝福の言葉を言いつつも、心にゆとりがありません。

ぬぬ、ばれろ、ばれろ!

心の中は醜い呪いの言葉を発します。

あ、ばれるとは釣り上げる前に魚が針から外れて逃げられてしまうことです。


そんな呪いが効いたのか、釣り上げる直前にばれてしまいました。


ふはは、今日の王者はこの俺よ!


という話をした時に、タイガーウッズ選手の試合中の心境を教えて貰いました。

タイガーウッズ選手は試合中に、対戦相手が次の一打で自分のスコアに並ばれてしまう。そんな状況の時でも、相手を応援するそうです。

それはより高い次元で競いたい。そんな気持ちからだそうです。


どうです?この差。

私はまだまだ未熟者だと気付きました。


仕事でも、プライベートでも一人前になるべく、タイガーウッズ選手の精神を見習いたいと思います。

頑張れー!