こんにちは。

藤井です。

今日は現場のお話です。


リフォームのスタートは解体です。


壊して初めて分かることも多々あります。



その代表的なのが天井を壊したときに見える小屋裏です。

当時、新築をした大工さんの本気度が見えます。

 

構造計算も一般的ではない時代に、いかに強い家を作るのかという工夫が見えます。

 

 

久しぶりに本気さを感じるお宅に出会いました。

 

解体屋さんの話では頑丈で、とても壊しにくかったそうです。

 

柱も通常傾いていることが多いのですが、このお宅は不思議なぐらい真っすぐに建っていました。

 

こういった家に出会うと嬉しくなります。

 

 

また、自分が携わった家も何十年先に再びリフォームをした時に、その監督に褒めてもらえたらという気持ちで取り組んでいます。

 

 

次回のブログは、皆様待ちかねの私のプライベートについて書こうと思います。

 

それでは!