【仔犬が家具を噛むとき、対策に使ったものとは?】チューブのわさび、そしてしつけスプレーまで | フツーのOLおひとりさま、犬三匹とローコスト住宅で暮らす

フツーのOLおひとりさま、犬三匹とローコスト住宅で暮らす

女ひとりと犬3匹で暮らすために、ローコスト住宅を建てました。札幌近郊。家を建てるまでと、それからも続く暮らし。

 

ウチの3匹の犬たちは、

知人宅で生まれた姉妹犬です。

 

 

その知人が言っていた、

 

犬とは、家を汚すし壊すものだ

 

 

この言葉の呪いにかかったのかどうか、

仔犬の頃は、本当に破壊王でした。

 

 

 

床にモノを置かないようにする

断捨離する

 

 

そんな努力もしましたが、

もっと直接的な対策も試してみたものです。

 

 

 

仔犬は、何でも噛むよ!

 

3歳を過ぎてからは、ずいぶんとマシになりましたが、

1歳前後までは、

 

もう、

何もかも噛まれました。

 

 

 

猫の爪とぎは有名ですが、

 

犬は、

家具の足で、歯を研いでいるようです!

 

 

 

現場の証拠写真↓

 

 

座卓の足ですね。

 

写真にはクロが写っていますが、

主犯は茶々でした。

 

 

 

茶々だけではありませんが、

プラスチックのおもちゃも、

ほら、この通りです↓

 

 

原型は、これですね。

 

○【メール便4個・ネコポス4個OK】ハーツ/Hartz デンタル ティーザー 超小型犬〜小型犬用

 

上の写真の状態になるまで、早ければ1か月弱です。

 

 

こんな噛み方しているなら、

そりゃあ、歯も折りますよね。

https://ameblo.jp/yuikokuro/entry-12629176777.html

 

 

 

 

おもちゃだけでなく、

毛布だって、すぐこうなります↓

 

 

毛布の穴から、鼻先が見えています。

 

 

 

イヤな味を塗ってみる

 

最初に試したのは、

ワサビや辛子を塗る

です。

 

 

お手軽に、

冷蔵庫に転がっていたチューブを使いました。

 

 

 

すると・・・

 

まあ、その瞬間は、効果はあります。

ペロッと舐めて、いやな顔。

しばらくは寄りつきません。

 

 

 

でも、次の日には、

なんと!

 

美味しそうに舐めてました。

 

 

 

封を開けて、ややしばらく経ったワサビチューブだからでしょうか。

ちなみに辛子も同じです。

 

 

食品ですし、カビでも生えたら、

かえって身体に悪いと気がつきまして、

 

ワサビ&チューブ作戦は、

あえなく断念です。

 

 

 

予防スプレーを使う

 

素人の浅知恵は「微妙・・・」とわかりました。

そこで、プロの開発したアイテムに頼ることにしたのです。

 

 

いわゆる、「しつけ用スプレー」ですね。

 

 

ドラッグストアやペットショップでみかけます。

 

 

噛んではイケナイ場所に、シュッとスプレー。

刺激臭や嫌な味がつくので、

「噛んだら、いやなことが起きる」と学習します。

 

というような、商品説明のアレです。

 

 

使ったのは、これです↓

 

 

 

近所のドラッグストアで、ポイントアップデーについで買いです。

 

 

使ってみると、

そうですね、

スプレーの瞬間は、テキメンに効果があります。

 

 

人間が嗅いでも、

なかなかに不快な臭いがしました。

ツンと来る感じ。

 

 

ただし、それは一瞬です。

 

 

つまり、すぐに揮発してしまう印象ですね。

 

 

いつも犬たちと過ごせて、

いたずらしたら、すぐにスプレーできるひとには、

良さそうです。

 

 

あとは、成分ですね。

 

プロに頼ろうと思って買いましたが、

使ってみると、

その科学的に合成された成分が気になりました。

 

 

隙間だらけの家(当時の貸家)とはいえ、

合成された化学物質のスプレーを室内で多用すること、

これに抵抗感があったのです。

 

 

強い香水や柔軟剤の香りに、

私自身がちょっと弱いものですから。

 

 

 

天然成分のスプレーなら、「ハッカ油」

 

ウチの犬たちは、

刺激臭が苦手らしい

これは、ここまでの実験でわかってきました。

 

 

それなら、と選んだのは、

ハッカ油です。

 

 

なにしろ、北海道は国産ハッカの生産地ですから、

夏場には近所のスーパーでも大量に売ってます。

 

 

 

 

この北見ハッカのシリーズは、

食品として使っても大丈夫な製品なので、

しつけスプレーより、安心感はありますね。

 

 

とは言え、

香りは、強烈です!

 

 

「やさしいミント」の香り・・・・・・なんて謳っていますが、

「ガツンとミント」が正しいと思います。

 

 

これを、噛んでほしくない場所にスプレーしてみました。

 

 

で、効果のほどは、

うーん、微妙です。

 

スプレー直後は、

犬たちは逃げていきます!

 

でもやはり、揮発してしまうんでしょうね。

乾くと、犬たちは平気の平左で、

ガリガリ噛んでます。

 

 

むしろ、揮発中のハッカの香りに、

人間側が限界です。

 

 

歯磨き粉の中で生活しているようです。

 

 

成分が天然なところは良いのですが、

これも、我が家では微妙な結果でした。

 

 

 

香りではなく、「苦味」をつける

 

刺激臭に頼ることは、限界がありそうですが、

もうひとつ、

犬たちが苦手なものが、わかってきました。

 

それは、苦味です。

 

しつけスプレーも、ハッカ油も、

ちょっと苦味があります。

※私も舐めてみました。

 

 

スプレーした場所を犬たちが舐め、

いやな顔をするのは、

臭いが薄れたあとも同じなのです。

 

ただ、それでもかまわず噛むのは、

苦味が薄いのかもと思いました。

 

 

でも、苦味をつけるって難しいですね。

 

辛み・酸味・甘味をつける調味料はありますが、

苦くするものって、なかなか思いつきません。

 

 

で、いろいろ探して、

結局これに落ち着きました。

 

 

 

 

ビターアップルのスプレーですね。

 

 

ちょっとお値段が高めな気がして敬遠していたのですが、

実は、「噛んでほしくない対策」で定番のど真ん中です。

 

 

香りはほとんどありませんが、

強烈に苦いです。

※私も舐めてみました。

 

 

刺激臭がメインではないからか、

揮発して効果が薄まるって感じはあまりありません。

 

 

スプレーした場所は、

 

数日たっても、

やっぱり苦いです。

 

 

半永久的に、とはいきませんが、

 

忘れたころに、

「あ、噛もうとしてる!」とまたスプレーしています。

 

で、それも、3回目はほとんどないですね。

 

 

そして、刺激臭がないので、

人間としても、とっても快適です。

 

 

というわけで、

まとめ買いしたビターアップルですが、

 

予想より効果が良くて、

 

今は余っています。

 

 

いつかまた、仔犬を迎え入れたとき用に備蓄中です。

 

 

 

参考になるブログがたくさん。こちらもどうぞ

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


犬・多頭飼いランキング