【犬の歯が折れた⑤】犬も歯周病になる | フツーのOLおひとりさま、犬三匹とローコスト住宅で暮らす

フツーのOLおひとりさま、犬三匹とローコスト住宅で暮らす

女ひとりと犬3匹で暮らすために、ローコスト住宅を建てました。札幌近郊。家を建てるまでと、それからも続く暮らし。

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

奥歯を折ってしまった、ウチの茶色の犬、

茶々の話の続きです。

 

 

全身麻酔の手術の末、

折れた歯は、無事に再建されました。

 

 

新しい歯の材質は、

手芸材料でお馴染みのレジンだった、

というのが前回までの話です。

 

https://ameblo.jp/yuikokuro/entry-12630071792.html

 

 

 

 

ほっと、胸をなでおろしたのもつかの間、

先生の言葉に、改めてびっくりしたのでした。

 

 

なんと!

 

 

おたくのワンちゃん、

歯周病ですね

 

そう、言われたのです。

 

 

 

もうすでに、歯周病

 

左右上下の犬歯と臼歯、

その全部がもう歯周病だそうです。

 

 

そして左下の一番奥の歯が、ややぐらついています。

 

 

上顎の左右犬歯の歯周ポケットは、

約3~5mm。

 

 

レントゲン写真を見せてもらうと、

針のような医療機器の先が、すっぽり入っています。

 

 

歯茎も、カーブ描くように沈んでいて、

教えてもらえば一目瞭然でした。

 

↑犬歯の歯肉が大きくカーブを描いて、「下がって」います。

 

 

 

もうひとつびっくりしたのは、

 

この歯周ポケットの中に、

 

犬の毛が入っていたことです!

 

 

 

身体を舐めていて、毛が抜けることはありそうですけど、

それが歯茎のすき間に入っていたとは、ね。

 

 

 

犬の毛は、ばい菌まみれなんだから、

歯周病がますます悪くなるんです

と、院長先生。

 

 

なかなかのショックでした。

 

 

犬は、歯周病になりやすい

 

人間の口腔内は酸性ですが、

犬の場合はアルカリ性。

 

 

虫歯は、虫歯菌が作り出す酸で、

歯が溶けてしまう状態です。

 

 

 

なので、先生いわく、

 

犬は滅多に虫歯にならないが、

歯周病は人間よりもなりやすい

 

だそうです。

 

 

 

つまりアルカリ性の環境では、

食べかすが石灰化してしまいやすいのです。

 

 

歯垢から歯石に変わる速度も人間より速く、

3日くらいで石灰化してしまう場合もあるんだとか。

 

 

歯周病から根尖膿瘍へ

 

歯が折れてしまって、

歯の中にある神経の束、歯髄が露出したまま放置していると、

 

そこから感染が広がり、

歯の根元から腐っていく。

 

これが、根尖膿瘍です。

 

 

 

これが進行すると、

 

化膿して膿が溜まり(膿瘍化)、

 

口や顔の表面まで突き抜けたり、

目の下が腫れることもあります。

 

 

 

これが怖くて、

歯科治療できる病院を大急ぎで探したのです。

 

 

 

そして、折れた歯からの歯髄感染・根尖膿瘍は防げたのですが、

 

根尖膿瘍は、歯周病が由来のものも多い

 

こんな衝撃の事実があったのでした。

 

 

 

歯周病から歯肉炎になり、

感染が歯茎から体内に広がっていく。

 

顔や鼻腔内で膿が流れ出したり、

身体中にばい菌が運ばれることもあるんですね。

 

 

犬の場合、

根尖膿瘍によって、鼻炎を発症するのもポピュラーだそうで、

もちろん飲み薬では根治しません。

 

 

ひぇ~です。

 

 

 

というわけで、

今後はしっかり歯磨きをすることにしたのでした。

 

 

1週間後の再診日には、

歯磨きの方法もしっかり教わって帰りましたよ。

 

 

 

それまでは、ほとんど歯磨きはしてなくって、

 

歯磨きガムとか、歯磨き作用のあるおもちゃで十分

 

なんて考えていましたから、

無知って、怖いな~と思ったのでした。

 

 

 

参考になるブログがたくさん。こちらもどうぞ

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


犬・多頭飼いランキング