モジャモジャのウチの犬は、ワイヤーヘアード・ダックスかもしれない | フツーのOLおひとりさま、犬三匹とローコスト住宅で暮らす

フツーのOLおひとりさま、犬三匹とローコスト住宅で暮らす

女ひとりと犬3匹で暮らすために、ローコスト住宅を建てました。札幌近郊。家を建てるまでと、それからも続く暮らし。

ぼたん、1歳の頃

 

こんにちは。

 

うちの犬たちは三姉妹なのですが、お父さん犬が違います。

正確に言うと、クロと茶々が四仔のうちの2匹、

ぼたんはその2歳下の六仔のうちの1匹。

 

姉妹ですが、見た目がだいぶ違います。

 

 

ペットホテルで緊張する3匹。向かって左から、ぼたん、茶々、クロ

 

 

クロ・茶々がミニチュアダックスの風貌(ロングヘアとスムース)ですが、

ぼたんはミニチュアシュナウザーみたいです。

 

まあ、元々が血統書はなく(親犬たちは保健所の保護犬)、

厳密にはよくわからないのですけどね。

 

それでもクロと茶々は、そのまんまミニチュアダックスですから、

ぼたんも、同じようになるんだろうと思っていたのです。

 

でも、実際には違いました。

 

 

生後2週間ころのぼたんと姉妹たち

 

 

元々はクロと茶々の2匹を飼っていまして、

それで満足していたのです。

 

 

ところがです。

離婚話の過程で、前夫が「犬は1匹もらっていきたい」と言い出したのです。

 

 

今まで世話などしたことありませんし、

ドッグフードのお金すら出したことのない前夫なのですが、

本人なりに犬たちをかわいがるときもあったようです。

 

茶々は、実際けっこう懐いていましたしね。

 

 

でも、それでは、離婚後は1匹でのお留守番となってしまいます。

 

 

私は仕事がありますから、犬はお留守番が避けられません。

少しでも寂しくないように、犬たちで遊べるようにと多頭飼いしていたのに・・・。

 

 

そこで、離婚・別居に備えて、もう1匹を迎え入れることにしたのでした。

 

 

 
まだ、目が開いていません。
 
 

 

ちょうどその頃です。

 

折よくクロと茶々の生まれた家で、また仔犬が誕生したのです。

 

 

その知人宅はですね、常時10数匹の犬や猫を飼っていまして、

毎年のように仔犬が生まれるのです。

 

 

住人はおっちゃんひとりで、あとは動物たち。

保健所の保護犬・保護猫を引き取って育てて、

人に慣れたところで、近所の人や知り合いに譲っているのです。

商売でやっているのではなく、完全に趣味なんだそうです。

 

 

理由は様々あるようですが、

避妊手術を受けられない犬や、

妊娠中の犬を引き取ることもあって、

時々仔犬が誕生するというわけです。

 

 

今回は、9月後半にぼたんを含め仔犬たちが誕生しましたので、

年末年始の休暇前に引き取る予定になりました。

 

それまで3か月ほどの期間は、

犬たちの顔合わせのために、クロと茶々を連れて週に1~2どほど通ったのでした。

 

 

目が開いてない頃から活発でした。
 

 

クロがロングコート、茶々がスムース、

 

母犬もミニチュアダックス風貌のスムースだったので、

ぼたんもどっちかかな、と思っていたのです。

 

赤ちゃんの頃は、みんな毛足が短くて、素人には同じように見えますし。

 

ところがです。

あれれ、何だかおじいちゃんみたいな風貌になってくるのです。

 

 

予想してたミニチュアダックスとは、なんか違う?と、思いました
 

 

ミニチュアダックスというより、ミニチュアシュナウザーっぽい感じ。

 

 

そのとき、初めて知りました。

ミニチュアダックスには、ワイヤーヘアードという毛種がいるんですね。

 

 

これが、生粋のワイヤーヘアード・ダックス↓

 

全然知りませんでしたが、こういう分類もあるんですね。

 

 

https://www.min-breeder.com/usefulArticle-1043.html#anchor3

 

 

上記のホームページからの引用です↓

ワイヤーヘアードのミニチュアダックスは、スムースやロングに比べるとかなり活発で勝気な性格です。短い足を必死に動かし、ちょこまかと動く仕草はまるでぬいぐるみ。

独特の剛毛は藪や小動物の巣穴などに入っても傷つかないように発達したもので、猟犬としての気質が一番表れているのがワイヤーヘアードのミニチュアダックスです。

遊ぶときは常に全力。室内遊びがヒートアップすると障子や網戸を突き破ることもしばしば。興奮状態のときには攻撃的な一面を見せ、迂闊に手を出すと噛みつかれることもあるので注意が必要です。
ドッグランなどでは他の犬とケンカになってしまうことがあるので、目を離さないようにしましょう。

基本的に飼い主には愛情深く接しますが、警戒心が強く頑固な面があり、しつけには根気よく行ってください。
ワイヤーヘアードのミニチュアダックスを温厚な性格に育てるには、社会化訓練で子犬のころからいろいろな経験を積ませるのがいいでしょう。

https://www.min-breeder.com/usefulArticle-1043.html#anchor3

 

 
 

最近のぼたん
 

 

まあ、実際のところは、

 

ぼたんの実家では、ミニチュアシュナウザー風の犬も飼われていまして、

たぶんお父さん犬と推測しています。

 

彼も保健所からやってきた保護犬で、血統書はありません。

 

ミニチュアシュナウザーかもしれないし、ワイヤーヘアードのダックスかもしれません。

ですから、実際はミックスなのか、何なのかよくわかりません。

 

 

とはいえ、性格は上述の解説そのままですね~。

 

 

遊ぶときは常に全力で、勝気な性格。

警戒心も強い!

 

 

3匹の中で、運動能力が一番高く、まるでゴムまりのようにジャンプ!

ダッシュする速さは、黒い弾丸のようです。

 

 

警戒心も強いですね。

私の彼氏に慣れるまでも、一番時間がかかりました。

両親、特に父に対しては、いまだにちょっと吠えますし。

 

 

結局、前夫は犬たちを引き取りませんでした(良かった!)。

なので、現在は3匹と私で暮らしているというわけです。

 

 

参考になるブログがたくさん。こちらもどうぞ

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


犬・多頭飼いランキング