俳優・声優養成所の春 | 演JOY♪ヴォイス&アクターズ道場 佐藤祐一のブログ
2018-03-20 12:06:18

俳優・声優養成所の春

テーマ:ブログ
俳優・声優養成所の多くは卒業のシーズンです。
大人数の流れ作業的レッスンや具体的な指導が薄く、
講師が感想を述べるだけ、講師によっては演技について質問してきた受講者に
「演技なんて自分で何とかするもんだよ。」と平然と言い放ったようなエピソードも
相変わらず多く聞きます。
 
「演技レッスンってこれっぽっちしか演技させてもらえないんだ。」
「具体的な技術は教えてもらえないんだ。」
「何か違うよ、しか云われないけどどうしたらいいの?」
そんな感想しか持てないレッスンしか受けてこなければ、はっきり言って上手くならなくても当然です。
料理の作り方を具体的に教えない料理教室なんて有り得ません。
きちんと教わる機会のないまま、一つの養成所の一部の人間の評価・裁定だけで
自分は向いてなんだ、俳優・声優にはなれないんだと洗脳のように刷り込まれてあきらめてしまう・・・
それは本当に残念なことだと思います。
 
私自身で言えば、俳優・声優養成所卒業時、所属には残れませんでした。
どうしてもプロになりたくて、一生演技の世界でやっていきたくて
打ち込んだ養成所生活でしたから目の前が真っ暗になりました。
その後針の穴に糸を通すようなチャンスに食らい付いて、所属ではない立場で
探して探してたまに巡ってくるチャンスを数回に一度なんとか取って、
一回一回で少しずつ信用されるようになり、その間何度も自分の演技の下手さに自己嫌悪に陥りながら
とにかく練習して少しずつ改善していき、所属になりました。
 
「シンデレラは君だ!」〇〇オーディションというような
華々しいデビューの仕方ではありません。
寧ろとっても地味。でも実際、長い期間プロとして芸能活動している方のほとんどが
派手なエピソードに包まれたシンデレラ・ストーリーではなく、
こうした地道な精進と活動が実を結んで、「演技職人」として信用を得ていって
仕事を任されて現在に至っています。
 
地味というと夢がないと誤解されそうですが、私は逆だと思います。
一発チャンスのオーディション、それもきちんと訓練を受けないまま臨まされた
養成所ビジネスの枠組みの中の産業としてのオーディションよりも
余程現実的で、やり直しが利く分幅も広がり実質的な業界への入っていき方です。
少なくとも私にはこちらの方が向いていたと、その時々はただ夢中でしたが今ははっきりそう感じます。
 
一つの養成所で残れなかったとしてもそれは一つの養成所の、それも一部の人間の判断に過ぎません。
それも実力だけでの判断ではない場合が多く、そもそも可能性が見える見えないほどの訓練を受けていないケースも多いです。
一握りの人間の心無い言葉や裁定で傷つき投げ遣りになり、
自分の夢を見失ってしまうのは勿体無い。
大手俳優・声優養成所を唯一の業界への道と考えるのであれば(実際はそんなことないのですが)
私は敗者復活戦チャレンジ組です。
私の知る演技職人たちのほとんどがそうです。
敗者復活戦は何度でも挑戦出来ます。
 

 

yuichisatoyuiyuiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。