ロルフィングとは?① | ココロとカラダの癒しスペース Whole Truth

ココロとカラダの癒しスペース Whole Truth

ココロとカラダの癒しスペース Whole Truth
大阪 北堀江と泉大津でロルフィング®を提供しています,
筋膜を緩めてココロとカラダを健康に!
四ツ橋駅6号出口徒歩2分
http://www.yuichirolfing.com


テーマ:

ロルフィングとは

レシピと呼ばれる体を整える手順に沿って、凝り固まった筋膜を緩めていくアメリカ生まれの整体のようなものです。
(※アメリカでは整体ではなくボディーワークと呼ばれていますが、アメリカ版整体と言えばわかりやすいかなぁと。)

ここでは①筋膜とは? ②レシピとは? について説明します。

まず筋膜とは何か?
{6939BD26-A8BA-40C2-91C7-1720584658EB}

鳥モモ肉の透明な膜→これが筋膜

筋膜とは筋肉をサランラップみたいにグルっと覆っているものです。
しかも、全身くまなく覆っています。
全身タイツみたいに。
{D123392D-32E8-4C8B-9227-820ED0F39219}



もしそのタイツがキツくなってたり、歪んでたら動きにくいし、体がしんどいですよね。

それを伸ばしたり、シワなく整えていくのがロルフィングのセッションで行われることの1つです。

またこの全身タイツのような膜は、実は筋肉だけでなく内臓や神経の周りにもあるのです。

つまり、膜(全身タイツ)を介して内臓や神経へのアプローチもします。

筋肉の周りにあるから筋膜
内臓の周りにあるから内臓膜(正式には腹膜)
神経の周りにあるから神経膜(正式には神経上膜)

部位によって名前は変わりますが同じ膜(全身タイツ)です。

これらの膜には特性があります。
まずは粘土のように一度形を変えるとその形にとどまろうとする力があります。
つまり、良くない姿勢をし続けると膜の特性により、その形で体が固まってしまいます。
ただ言い方を変えると膜をもう一度良い形へ修正し直すことも可能なのです。

ただ通常のマッサージやストレッチだけではなかなか膜を修正することは困難で、ロルファー(ロルフィングをする人のこと)の独特なタッチ、触り方、圧の加え方により膜を修正することが必要になってきます。

膜のもう一つの特性は
感情貯蔵庫の機能を持つということです。
特にストレスや嫌な記憶、感情を溜め込むことができます。
えっ?感情や嫌な記憶って脳みそで記憶するんじゃないの?
と思った方が多いと思います。

もちろんそうなんですが、ただ忘れ去りたいような辛い記憶、感情、日常的にある職場ストレスなどは筋膜に貯蔵されます。
そうすると筋膜は歪み硬くなる。
その代わり、ストレスや嫌な記憶から身を守ることが出来る。 

ただ、それが日常的になると筋膜がキツく、歪みっぱなしになるので体からするとすごくしんどい、痛い、動きにくい状態になります。

そういった感情を溜め込んで歪んでしまった筋膜を整えるのもロルフィングのセッションならではです。
つまり感情が解放されます。
感情が解放されるとなぜか急に涙が出て来たり、昔の記憶が蘇ってきたりもします。

交通事故なんかもそうです。
交通事故のその直前、瞬間の記憶って消えてることが多いんですが、その記憶を溜め込んでいる筋膜を整えると事故の瞬間の記憶を思い出したりします。

その瞬間の恐怖心を脳みそから消し去るために筋膜に事故記憶を貯蔵してたんですね。

恐怖心を消し去るのはいいことですが、筋膜が歪み硬くなるのは良くないです。

だから、感情や記憶を解放し楽な身体を取り戻すためにもロルフィングで膜を修正するのは必要な作業になります。

現代人は、仕事でのストレスが付きものです。対人関係だけでなく、私がしなきゃこの仕事は回らないから頑張らなきゃ!という意気込みがストレスになってたりもします。

そういったストレスも膜を歪みっぱなしにする要因の一つですので、知らず知らずに溜め込んできた自分の感情を解放して新たな生き方を知れるきっかけになるのもロルフィングの良いところです。

はまた次の投稿で。

4月末まで2セッション分は半額で提供しています。この機会にぜひ一度お試し下さい。


yuichirolfingさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス