「コロナウィルスに対する差別」 と 「障害者への人権侵害。」 | 【〜幸せはすべてあなたの手の中に~】結喜(ゆうき)@鑑定歴18年:個性派占い師・霊媒・元尼僧・スピリチュアルアドバイザー

【〜幸せはすべてあなたの手の中に~】結喜(ゆうき)@鑑定歴18年:個性派占い師・霊媒・元尼僧・スピリチュアルアドバイザー

★ あなた様とのご縁に心から感謝いたします。私の存在があなたの心に寄り添い、あなたの心の痛みや重荷を和らげて軽くするお手伝いが出来れば幸いです。あなたの笑顔が私の力の源です。結喜の名の通りにあなたと共に幸せと豊かさと喜びを結びあえますように。

  タイムリーな内容なので、⑤ 日本の歴史:出雲と大和。は次回にいたします。

 

 先日、区の保健所に行った際に「ヘルプカード」「ヘルプマーク」なるものを知り、早速使用してみた。私は自分の障害を公言しているが、↓のように目に見える形で障害を公表したのは今日が初めてだった。

 

 

 ある程度予想はしていたが、まさかここまで酷いとは。

 具体的にいうと、電車に乗っていると「この障害者が!!」と言われるし、電車を乗りてバスに乗っていたら学生やママ友らしき集団がこちらを見ながら「うわー、初めて見たわ。障害者だよ。障害者。」「気持ち悪っ」とか言われるし。区役所に用事があって、席に座っているとそれまで普通に隣に座っていた人がヘルプマークを見た途端に急いで席を移動して子供に向かってこちらを指差しながら、「ああいう風になっちゃダメよ。」と言われたり。

 

 家から出て、家に帰るまでの間、どれだけ差別と偏見の目で見られたことか・・・。途中で泣き出しそうになって、バスを降りたり・・・。

 

 先月、電車に乗っている時に倒れそうなくらい苦しくなって弱者用の専用シートに座っていたら、お年寄りから「若いもんがなんで席に座っているんだ。」って怒られて、しょうがないから席を譲ったんだけど・・・。家に帰った途端、吐いて、熱出して、2日寝込みました。

 

 そういうこともあってヘルプマークつけとけば多少は扱いがマシになるかなとおもったけど、ヘルプマークがヘルプの役割をまったく果たしてない。むしろ、障害者とわかったことで状況が悪化した。

 

 目に見える形で障害ということがわかると周りからの扱いは本当に無慈悲で冷酷・残忍。汚らしいものを見るような目つき、侮辱や嘲笑。まるでバイ菌扱いだ。

 

.........................

 

バイ菌と言えば、

コロナウィルス。

 

 

  中国で発生しているコロナウィルス。中国での感染者は2万人を超えた。日本でもコロナウィルスが拡大し、武漢から帰国してきた方への偏見の目は厳しい。ヨーロッパではアジア人ということで、差別されているという。

 

 「#私はウィルスじゃない。」というハッシュタグがトレンドになっているようですが

健常者の皆さん。

 

   あなた方が今されているような差別。私たちはあなた方にいつもされているんですよ?

 

 

  どれだけ心が傷つくか。泣きたくなるほど苦しくなるか。

 

 コロナウィルスの流行がおさまれば、ウィルス保有者やアジア人への偏見はなくなるでしょうしかし、私たち障害者はあなたたち健常者が今、一時的に受けているような差別や偏見を一体いつまで受け続けなければいけないのでしょうか?

 

 もちろん健常者の方、全員が全員このような無慈悲で冷酷・残酷なことをしているわけではありません。ですが、相当な数の人々が私たち障害者をそのような差別や偏見の目で見ていることは事実です。(こちらは実際にされている側ですので。)

 

.........................

 

 私が「障害者」だとすれば、あなた方の障害者を侮辱する行為は、

 

1). 障害者虐待防止法(平成23624日/法律第79号)

 

2). 障害者差別解消法・障害者差別禁止法(平成25年/法律第65号)

 違反する犯罪であり、

「犯罪者」です。

 

 

 さらに平成30101日には、東京オリンピック・パラリンピックを見据えての「東京都障害者への理解促進及び差別解消の推進に関する条例」が施行されました。

 

 

 ですので東京都の皆さんは、国際社会の良いお手本になるように率先して「東京都障害者への理解促進及び差別解消の推進に関する条例」を守っていただきたいです。

 

 また企業・事業者に関しては、障害者への「合理的配慮の提供」が2018101日より義務化されました。国が決めた法律ですので、しっかり遵守していただきたいです。

 

 

社会的障壁をなくすために

変わるべきは社会

(社会モデル)

 

 

.........................

 

障害者だから犯罪を犯すわけではありません。障害の傾向がありながらもそれを自分で受け入れず、訓練し対処・対策しないから問題が起こるのです。

 

 犯罪が起きるとすぐにその人を障害扱いしますが、私から見れば自分のことを健常者と言っている人達の行動の方が異常に見えることが多いです。

 

 例えば武漢から日本に帰国した時に、周りの迷惑を顧みずにウィルス検査を拒否して、強引に自宅に戻った健常者の方たち。内閣官房に出向していた方に罵声を浴びせかけ自殺まで追い込んだ健常者の帰国者の人たち・・・。

 

 あなた方の心ない行動で本当は死ななくていい人が亡くなったり、国民に不安をもたらしたりしています。健常者の方でもこういう行動を平気で行うんですね。

 

 じゃあ、それって障害者とか健常者とか関係ないですよね・・・?

 

 

 なんにせよ、障害者であろうが健常者であろうが、行う行為そのものが法律に反していればどちらも『犯罪者』です。