関口雄飛 第58 回マカオグランプリ参戦レポート Day3 | Yuhi Sekiguchi Official Blog
2011-11-19 22:44:39

関口雄飛 第58 回マカオグランプリ参戦レポート Day3

テーマ:ブログ

"SJM" Formula 3 Macau Grand Prix マカオ・ギア・サーキット(1 周6.1200km)

■トップスピードがでないエンジンに苦しみながらも踏ん張り決勝レース12 番グリッドを確保!

晴天ながら湿気を感じるマカオらしい気候のもとで10 周の予選レースがおこなわれ、関口雄飛は12 位で完走し
ました。4 番グリッドスタートのNo.15 シムス選手のクルマがグリッドへの試走でトラブルが発生してピットスタ
ートとなりました。このため実質6 番グリッドからスタートをきりましたが直線区間の終端にある90 度コーナーの
リスボアコーナーまでで8 番手に順位を落としました。その後はエンジンの最高速不足に悩まされ順位をさげる一方でした。いよいよタイヤもきつくなった9 周目、さらに順位がさがるかと思われた矢先に、No.27 エリクソン選
手の事故処理のためセーフティカーが導入されチェッカーフラッグまでそのままセーフティカーランのままおわり
ました。これにより、決勝レースには12 番手からのぞむことになりました。

●予選レース(晴れ/ドライ) 12 位 10 周 25 分14 秒508 ベストラップ:2 分15 秒839
直前におこなわれた別カテゴリーのレースで、ガードレールまでが変形するトラブルがあったため、スタート予
定時刻が遅れました。その後、スターティンググリッドへつくための試走を入念におこないました。これはチーム
と昨日のドライコンディションでの予選結果から、さらにセッティングを変更したからです。
スタートは実質6 番手からでしたが、リスボアコーナーへの進入までで8 番手まで順位を落としてしまいました。
その後はなんとか順位を守ろうとしましたが、4 周目以降はタイヤの磨耗もすすむ状況でした。前を走るクルマのスリップストリームを使えるセクター1 はともかくとして、セクター3 でどうしても思うように走れませんでした。
リザルトに記載されたセクター1、セクター3 の最高速度をみるとそれぞれ14 番手(それも最大限にスリップスト
リームを使った結果)、25 番手でした。このセクター3 での25 番手はほぼ最下位にちかいスピードでした。
明日の決勝は12 番グリッドからのスタートですが、チームとはエンジンの最高速度をあげるべくできる限りの努
力をします。せっかくこのマカオを走れるチャンスをつかめたのです。最後まで全日本フォーミュラ3 選手権保持
者の名に恥じない走りをします。
明日の決勝レース(15 周)は現地時間15 時30 分(日本時間16 時30 分)開始予定です。ただし他のカテゴリーでの赤旗などによって遅れる可能性もあります。詳細はマカオグランプリ公式ウェブサイトにてご確認ください。
マカオグランプリ公式ウェブサイト:http://gp.macau.grandprix.gov.mo/app/home/gp58/en

以上



Yuhi Sekiguchi Official Blog


Yuhi Sekiguchi Official Blog



Yuhi Sekiguchi Official Blog



yuhi sekiguchiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス