自分という天狗の鼻を折ること | コンディショニングトレーナー谷口祐平 Official Blog

コンディショニングトレーナー谷口祐平 Official Blog

コンディショニングトレーナー
谷口祐平のOfficial Blog
「Exercise is Medicine.」~運動は良薬である~


テーマ:

こんにちは。

愛知県でアスレティックトレーナーとピラティスの資格を持ち、
「肩こり」「腰痛」「膝痛」などの痛み、
「猫背」「反り腰」「側弯症」などの不良姿勢、
の改善をサポートする

コンディショニングトレーナーの谷口祐平です。



天狗の鼻を折ることも必要やな〜と思う今日この頃。

いいことばかりが続くときもあれば、続かないときもありますよね。

 

いいことばかり続くときに

 

鼻が伸びて

 

「俺は天才だ!」

「なんでもできちゃうぜ!」

「スーパー凄いやつだ!」

なんて思ってしまいがちですよね。

 

僕もそういった経験があります。

 

何やってもうまくいくし、頼られるし、スルスル思い通りになっちゃう。

 

そーんなときに一度ズッコケて鼻をバキッと折ることも必要だな〜と思います。

 

 

 

人生山あり谷ありなので、

 

山のときもあれば、谷のときもあります。

 

いいことばかりが続くと、

 

悪いこともやってくるときがありますよね。

 

調子のいい時ほど一度自分の言動を見直し、

 

「天狗になっていないか?」

 

と問うことが大切だよな〜とも思います。

 

うまくいっているときはあまり周りも何も言いません。

 

「調子いいね!」

「なんでもできるね!」

「凄いね!」


こんな言葉をかけてくれます。

この言葉を素直に捉えて、

 

「俺ってやっぱ凄いやつ・・・!?」

と勘違いしてしまうこともあるかもしれませんね。

 

しかし、そのうまくいっているのも

 

自分一人の力ではないことを理解しないといけないですし、

 

ずーっと死ぬまでうまくいき続けることはないということを知っておかなければいけませんよね。

 

 

 

歳を重ねたり、役職がついたりすればするほど、

 

周りからは一目置かれ、

 

誰からも指摘を受けることがなくなってきます。

 

周りからは

 

「あー、あの人はすごい人だ!」

 

と言われると、本当にすごい人になった気がして鼻がどんどん伸びがちです。

 

そんなときには一度立ち止まってみることも必要だよな〜と思います。

僕も2019年、自分の言動を見直すことが必要だと感じています。

 

ただただアクセルを踏みまくることが

 

誰しもにとっていいことではないですし、

 

公道でアクセル踏みまくると自分は気持ちがいいかもしれませんが、

 

周りには迷惑をかけてしまう可能性だってありますからね。

そういった意味でも、

 

自分のアクセルは相手に迷惑をかけていないか、

 

そもそも自分が天狗になっていないか、

と2019年は常に問いたいと思います。

ブログもせっせと2年10ヶ月毎日続いています。

このブログでも自分の発言や行動を見直すきっかけづくりをしていきたいと思います。



うまくいっているときに天狗になってはいませんか。



よろしければ以下から読者登録をお願いします。
読者登録はコチラ
====================================
○Facebook 谷口祐平
https://www.facebook.com/yuhei.taniguchi
友達申請の際は「ブログを見た」とメッセージをよろしくお願いします。

コンディショニングトレーナー 谷口祐平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス