プロ野球界だけではない”契約更改” | コンディショニングトレーナー谷口祐平 Official Blog

コンディショニングトレーナー谷口祐平 Official Blog

コンディショニングトレーナー
谷口祐平のOfficial Blog
「Exercise is Medicine.」~運動は良薬である~


テーマ:

こんにちは。

愛知県でアスレティックトレーナーとピラティスの資格を持ち、
「肩こり」「腰痛」「膝痛」などの痛み、
「猫背」「反り腰」「側弯症」などの不良姿勢、
の改善をサポートする

コンディショニングトレーナーの谷口祐平です。



プロ野球はソフトバンクが日本一となり幕を閉じました。


そのプロ野球界でもこの時期がやってきました。

”契約更改”

プロの世界は厳しいですからね〜。


良ければ契約、年棒UPですが、悪ければクビ。

 

クビは嫌ですよ〜と言っても、クビはクビです。

 

明日からプロ野球選手ではなくなるってことですもんね〜。

 

だからこそ、成績を残さないといけないですし、毎日努力をし続けないといけないですね。

 

プロ野球選手はこういう気持ちで日々練習、試合に励んでいるのだと思います。

 

一方、我々はどうでしょうか。

 

”契約更改”

 

のような緊張感を持ち、仕事に臨んでいるでしょうか。

 

 


会社員であれば

「はい、あなたクビね〜明日から来なくていいよ〜」

とは滅多に言われません。

 

だから、仕事で成果を残そうが、残さまいが、

 

仕事やお金の保証はされています。

プロ野球選手のように成績を残さなくても

 

クビにはならないわけですよね〜。

 

もちろん、その仕事それぞれでしんどいことや大変なことがあるのは重々承知しています。

 

しかし、成績を残さなくても生き残れる仕事というのはどうなのでしょうか。

 

お金をもらうというのはそんなことで良いのでしょうか。

 

僕の考えはお金をもらうということはプロである。

 

プロとは成績、成果、結果を残すことである。

 

だと思ってます。


だから、僕は

 

「はい、あなたクビね〜明日から来なくていいよ〜」

というワードが突きつけられないように毎日頑張らんといかんな〜と心に決めています。

 

その意識が薄れてしまっては仕事が適当になったりしますよね。

 

それで遅刻をする、忘れ物をする、ミスを犯す。

 

これではプロとは言えませんよね。

 

 

 

僕は毎日、毎週、毎年が”契約更改”という気持ちで取り組んでいます。

 

その気持ちで取り組まないと、

 

仕事が適当になってしまったり、

 

学ぶことをやめてしまったりしてしまうかもしれません。

 

だからこそ、仕事に対しては本気で取り組みたいと思っています。

 

明日も、来週も、来年も”契約更改”できるように今日も頑張りたいと思います。



毎日が”契約更改”の気持ちで臨んでいますか。



よろしければ以下から読者登録をお願いします。
読者登録はコチラ
====================================
○Facebook 谷口祐平
https://www.facebook.com/yuhei.taniguchi
友達申請の際は「ブログを見た」とメッセージをよろしくお願いします。

コンディショニングトレーナー 谷口祐平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス