あなたにとっては重要でも、相手にとっては重要ではないこと | コンディショニングトレーナー谷口祐平 Official Blog

コンディショニングトレーナー谷口祐平 Official Blog

コンディショニングトレーナー
谷口祐平のOfficial Blog
「Exercise is Medicine.」~運動は良薬である~


テーマ:

こんにちは。

愛知県でアスレティックトレーナーとピラティスの資格を持ち、
「肩こり」「腰痛」「膝痛」などの痛み、
「猫背」「反り腰」「側弯症」などの不良姿勢、
の改善をサポートする

コンディショニングトレーナーの谷口祐平です。



今日は朝からランニングをして、シャワーを浴びてから仕事に行きました〜。

いやぁ、朝からランニングをすると気持ちがいいですね。

ただ、身体の衰えを感じています・・・。笑

持久力が低下し、息も荒くなり、心拍数も上がりやすくなっています。


やっぱり体力つけないとな〜と思い、引っ越しをしてからは走り始めました。
 

朝は昼よりも少し涼しく走りやすくていいですね。

とは言っても、汗っかきの谷口は汗だーだーかきながら走りましたが・・・笑

自分の時間をどう使うかは自分次第ですよね〜。

あと、何を優先するかもしっかりと考えないといけませんね。



よく”緊急””緊急でない””重要””重要でない”の4象限で表されるものもありますが、

まさに今自分が起こしている行動についてこのように分類分けができるといいですね。

僕のランニングで言えば、

これは重要か重要でないかは人によって分かれます。

僕にとっては緊急ではないが、重要な時間だと思っています。

行動は一つ、同じですがその捉え方は人によって異なるんですよね。

だから、行動に答えはないと思っています。

自分が重要だと思えば重要だし、重要でないと思えば重要ではないんですね。



ランニングのような自分のことだけであれば、

自分なりに決めていけばいいと思います。

しかし、相手がいるものに関しては話は別です。

相手とこの捉え方を合わせていく必要がありますよね。

例えば

○という仕事、Aさんは重要だと感じていて、きちんとやらなきゃ!と思っているのに、

Bさんは重要ではないと感じ、適当にやってしまうケース。

これでは問題が発生してしまいますね。

Aさんからすれば、

「Bさん、ちゃんと仕事やってよ!」

と思うでしょうし、

Bさんからすれば、

「Aさん、何を重要だと思っているんだ・・・」

となってしまいますよね。

仕事上ではこの捉え方、どこの象限に当たるかは常に合わせていかなければなりませんね。



あなたにとってランニングは重要でしょうか。重要ではないでしょうか。

この答えは共通ではないことを知っているかいないかで、

相手に対する接し方も変わりますね。

自分の意見と相手の意見、両方に耳を傾けながら

仕事をしたり、接していけるとよりいいかもしれませんね。



あなたにとって重要なこと、重要ではないことはなんですか。



よろしければ以下から読者登録をお願いします。
読者登録はコチラ
====================================
○Facebook 谷口祐平
https://www.facebook.com/yuhei.taniguchi
友達申請の際は「ブログを見た」とメッセージをよろしくお願いします。

コンディショニングトレーナー 谷口祐平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス