アート&サイエンスの「感性」を磨く時代がやってきました。

 

それは幸せという幸福感だけでなく、根底にある「魂がふるえる」かどうかが大切です。

 

本著では、お金と魂を絡めながら分析し、これからの時代、お金とどう向き合っていくのかを様々な視点からお伝えしていきます。

 

ただいま、予約受付中です!恐らく書店に並ぶのは休み明けの12月2日以降と聞いていますので、お早めに読みたい方はAmazonがもっともはやいかなと思います!

 

 

 

ちょっと唐突ですが、、、

 

物事どんな事にも絶対はない、と言いますが、【絶対はない】と言ってる事も矛盾がでると思いませんか?

 

実は、これが易学の思想を理解している人ならわかる話なのですが、今回の本を仕上げるにあたってこのような思想を本に合うようにいれさせていただいています。

 

もしかしたら、「矛盾」を感じる点があるかもしれません。実はそれが正解なのです。

 

陰陽という矛盾したものが交わるはずがないのに交わることでビッグバンが起こるわけです。

 

この「易学」という文字だけをみると、とーっても難しそうに皆さま見えるかと思いますが、全ての原点思想であり、それぞれの東洋占星術はもちろん風水のベースになっています。

 

つまり、易学の真意が理解できれば、私たちは生きやすくなり、この世の仕組みを知ることで楽になるのです。

 

それが「魂で感じる」=「感性を磨く」=これを分析しながら繰り返す「サイエンス」=いつの間にか物凄いループを生み出す(世間でいう引き寄せですね)

 

本著では、このような言葉は出していないものの、資本主義社会にある循環、そしてこれからの時代に起こること、どう生きたらもっと楽に生きれるのか。

 

そこと切っても切れないのがやはり「お金」ということを切り口に書かせていただきました。

 

まさに新感覚の自己啓発×スピリチュアル×ちょっとビジネス書という、具合でございます。

 

この世界は、誰もが正解だし、誰もが正解じゃない、何もかもが間違っているし、何もかもが間違っていない。その矛盾に生まれる中庸を感じれるかだけなのです。

 

これは、お金にも、仕事にも、人間関係にも、恋愛にも、健康にも、置き換えられるのです。

 

今年は2月に「腸開運」という健康×スピリチュアルの新感覚本、こちらも実はこの易学の思想を私なりに組み込み、6月の「願かけごはん」もまた、食事×スピリチュアルという部分に組み込み、そして11月の「お金の引き寄せ方は魂だけが知っている」では、お金×スピリチュアルという部分に組み込んだ、連携作品でも実はあります。

 

どちらも版元は違うのですが、同じ著者であるのはわたくしですから(笑)、思いっきりわたくしの思想がサブリミナルのようにぶちこんであるわけです。

 

 

長くなりましたが(笑) ぜひ、これからの時代を生き抜いてほしいために「未来のお金との向き合い方」と「本来のお金との向き合い方」の陰陽書かせて頂きました。

 

素晴らしい作品になったと思いますし、読んで損は全くありません。

 

「魂がふるえるほどのお金持ち」には学んで努力をすれば、誰でも手に入る時代です。ただ、その方法がわからないだけです。また、その方法をわかっていてもやらないだけです。

 

私たちは常に「選択」で運命が決まります。

 

更に言えば「豊かさの基準」がこれから変わっていくでしょう。お金持ち=豊かさではなくなる時代、でもお金がないとも生きていけない時代、何を「豊か」と定義するのか、きちんと知って頂ける一冊になっているでしょう。

 

つまり、あなただけの魂がふるえる豊かさを手に入れる本、です。

 

また、12月12日にも風水教科書のような物凄い一冊が出ますので、2冊同時期発売にあたり、プレゼントキャンペーンを行いますので、12月1日より開始します。

 

こちらの案内もまた別記事で作りますので、よろしくお願いいたします!

 

 

 

 

ゆうはんの開運メルマガ配信は毎月3回~5回無料でしております、ご登録がお済でないかたはこちら↓
http://aishinkakura-yuhan.com

 

 

 

腸開運 腸開運
1,190円
Amazon