見届けの儀 | 日々此れ ラビリンス

日々此れ ラビリンス

白か黒かだけの二元論が跋扈する世相の中を、もっとグレーに、もっと朧気に、もっと曖昧に見ていこうとする試み。