痙攣重積型急性脳症 | 我が子がある日突然障害児に…

我が子がある日突然障害児に…

H23.12月生まれの女の子⭐︎が
6歳で痙攣重積型急性脳症になってからの記録です。

家族構成→母・長男・長女
母子家庭


テーマ:
12月15日金曜日
幼稚園のお誕生日会の時は風邪の症状もなく、元気そのものだった。
土曜日の朝は起こしても起こしても起きない。
無理やり起こすと身体が熱いので検温
38.6℃
インフルエンザ陰性

普段熱が出ても比較的元気なのに、この日はよく寝る…

pm7時前
薬を飲まそうと起こしたら「やだ…あの薬不味いもん。お腹痛いし…」直後嘔吐し、ピクピクした痙攣が始まる。
痙攣中吐き続ける娘。
みるみる顔色が灰色?紫?に変わっていくので救急車を呼ぶ。

救急隊員の方は今の時点で痙攣は治ってます。夜間休日診療に行きます。
と言われ休日診療に搬送
すぐに診察を受けましたが、休日診療の先生は目が左にしか向かない。痙攣は治ってません‼︎医大に搬送して下さい‼︎
バタバタとまた救急車に乗り込み医大に…

着いてすぐ、痙攣止め・血液検査・インフルエンザ検査・脳のCT
どれも異常なし。

痙攣の時間が長かったので(約1時間)救命医療救急センターに入院。
この時点で体温計で測れる最高体温42℃を記録。
{4E96C57A-7B30-4C48-AB75-48437552F5BF}



yucchiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス