2010-05-31 09:24:55

卯の花 (ウツギ)  Deutzia

テーマ:西行 Saigyo
社頭卯花
  「神垣のあたりに咲くもたよりあれやゆふかけたりとみゆる卯花」
                                  西行 (1118-1190) 山家集 

Syato Unohana,
  "Kamigakino Atarinisakumo Tayoriareya Yuukaketarito Miyuru unohana"
                               Saïgyo (1118-1190) Sankasyu

Unohana (fleur blanche, Deutzia )devant le temple shintô,
  Unohana aussi aurait confiance en dieu de ce temple?
  les fleurs à la haie du temple ressemblent à un tissu blanc y exposé même le soir

そうそう、やっと髪の毛を切りました。
この、あるものがないような感覚をいつか味わったことがあるなぁと考えていて、煙草を止めたときに思い至りました。
禁煙する方、長い黒髪を切った後しばらくの、女性(だけではないかも)の気持ちを理解できるようになりますよ。

「お社にかけた願いの先を知らず掛かったままの木綿(ゆう)の卯の花」  柚葉
Je ne sais pas si mon voeu est éxaucé, les fleurs blanches d'unohana sont accrochées même le soir comme un tissu de coton (…oublié)  yuba

宮崎の畜産農家さんのために。
祈りの音楽~口蹄疫に苦しむ人と失われた命へ   川南町役場ホームページ   JA宮崎

ciao,
yuba

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-10-10 07:03:00

夜寒に秋のなるままに - Saigyo

テーマ:西行 Saigyo
昨晩のふくらんだ半月もきれいでした。

「秋風や天つ雲居をはらふらむ更け行くままに月のさやけき」
                              西行 (1118-1190) 『山家集』

"Akikazéya Amatsukumoïwo Harauram Fukéyukumamani Tsukinosayakéki"
                            Saïgyo (1118-1190) Sankasyu

Le vent d'automne chasserait des nuages,
Plus la nuit s'avancait, plus la lune brillait

「きりぎりす夜寒に秋のなるままによわるか声の遠ざかり行く」
                              西行 (1118-1190) 『山家集』

"Kirigirissu Yozamuniakino Narumamani Yowarukakoéno Tozakariyuku"
                            Saigyo (1118-1190) Sankasyu

Plus des nuits se refroidissent,
Plus la voix des grillions s'éloigne, ils s'affaiblissent ?

そろそろ西行記念館が開きますね。

Bon week-end !
yuba---*

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-08-30 09:39:46

ひとしむ (等しむ/斉しむ)  rendre égale - Saïgyo

テーマ:西行 Saigyo
「吹きわたる風も哀をひとしめていづくも凄き秋の夕暮れ」
                           西行 (1118-1190) 『山家集』

"Fukiwataru Kazémoawaréo Hitoshimété Idukumosugoki Akinoyuguré"
                          Saïgyo (1118-1190) Sankasyu

Le vent rend les tristesses egales,
Il souffle partout terriblement, c'est le soir d'automne

西行については こちらを。 De Saïgyo, regardez ici .

Bonne journée !
yuba---*

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-07-11 06:06:45

しだれ柳 saule pleureur - Saigyo

テーマ:西行 Saigyo
「道の辺の清水ながるる柳蔭しばしとてこそ立ちとまりつれ」
                                西行 (1118-1190) 『山家集』

"Michinobé no Shimizunagaruru Yanagikagé Shibashitotékoso Tachitomarituré"
                               Saïgyo (1118-1190) Sankasyu

「しばしとてこそ立ちとまりつれ」は、ほんのしばらく休もうと思ったのに涼しくて長居をしてしまった、ということ。

Sous un saule pleureur au bord de la rue,
A coté, l'eau de souce coule,
J'y étais venu à se reposer un peu de temps,
Mais j'ai resté lontemps à la fraîche

Saigyo (1118-1190) est à la fois moine et poète. Il est né dans la famille de samouraï. A son 23 ans, il a pris l'habit,
on ne sait pas pourquoi. Ensuite il habitait à la mongtage et aimait beaucoup la nature, surtout les fleurs de cerisier.
Je crois qu'il était un homme comme Saint François d'Assisi (1182?-1226).
Sankasyu est son recueil avec ses 1,600 tanka et veut dire "la recueil de la maison de la montagne".

西行は平清盛と同じ年に生まれた歌僧です。もとは武士の家に生まれ、23歳で出家しています。自然の歌、とりわけ桜の歌がたくさん残っています。私は西行にアッシジの聖フランチェスコ (1182?-1226) を重ねて考えることがあります。

Je me référe à 佐佐木信綱校訂 『山家集』 岩波文庫

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村

Ciao,
yuba---*
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。