2012-08-25 04:50:25

オーガニック(BIO)

テーマ:旅日記 Voyage
オーガニック(こっちではBIO)ということを、付加価値だと思っている人と、
それ以外のものはそもそも知らん、という人では、
売っている野菜の種類や並べ方が違うな~と思う。

近所の小さなマルクト内に4店くらいお野菜を売っている中で、1つにだけ人が並ぶ。
そのお店は、野菜の種類が圧倒的に少なくて、特別なものがなく、野菜をきれいに並べていない。
価格も実際少し安いのだけれど、他のお店の方が種類が多いんだから、欲しいものがあればそっちで買うはずなのになあ、と観察していて思う。

わたしがその並んでいるお店に行くのは、買いやすいから。
最初に行った時、おばちゃんが、はかりに乗せて、金額を紙に書いて、というのを何度か繰り返し、
最後に紙の上で足し算をして、「3ユーロ」って言った。
わざわざ細かい計算していたみたいだったのに、え?ちょうど?と笑ってしまった。

他より少し安いのだって、隣と競争してます、っていう日本の値下げとはまったく違う。
(こっちが安いというより、他の店がわざと高くしている印象を受ける。
価格が高いのが、BIOの証ってとこかな。
でも、野菜そのもののお値段じゃなくなっていて、
「商品」にするために、いらんところにお金をかけている分を払わされている、
という気分になるのよね。。。そんな気分になるなら、スーパーの方がましでしょ。)

BIOであることを付加価値にしないで、
市場に惑わされずに自分たちにとって適正な価格で売る、そんな売り手が増えるといいなあと思う。
そもそも、どう育てられたか、ということは付加価値なんかじゃなくて、野菜の本質に関わるんだから、それが野菜の値段を決める、ということだと思うのです。

さて、話は変わってウィーンのトラムやバスの終点は、よい感じに緑なところにつながっています。
100万人を超える大都市でありながら、ウィーンの半分は緑地というのはいいなあ。

市庁舎の横の公園の芝生では(っていうかどこの広場でも)、ほぼ上半身裸な人が寝転がっています。
(たぶんいちおう水着を着たんだろうけれど紐をほどいた(?)オーストリア、海ないからね・・)
気持ちはわかる、でもアジア人はヨーロッパの「ダニ」に耐性がないみたいなので止めましょう。

ドナウ運河沿いにも、アペリティフ用の寝椅子のみならず、砂とベッドみたいに大きなクッションあり。
みんなお仕事帰り(っぽい靴を脱ぎすてて)に寝そべって友達としゃべってます。


海外で何かあるたびに、「肌を露出しないように!」って被害者(とくに女の子)が悪いような書き方をされるけれど、
ちゃんとした恰好をしていれば危険が軽減されると思うこと自体が、日本的じゃないかな?
お化粧も服装も隙がない感じが、非常に「日本人」なんだけどな~。
おっさんでも、冬に厚着をしていても、危ないところは危ないでしょ。

柚 葉
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
同じテーマ 「旅日記 Voyage」 の記事
2012-08-17 00:12:31

8月のウィーン

テーマ:旅日記 Voyage
もう涼しいと期待していたのに、昼間は日差しが強いウィーンです。
朝と夜は肌寒いし、家の中や日陰は昼もちょっと寒いくらいです。

街中は観光客でいっぱいなのに、
借りているアパートから一番近くのカフェは、バカンス中でしばらくお休みだし、
オペレッタなどを上演しているフォルクスオパーも、カレンダーは9月から(たぶん6月から8月いっぱいまでお休み)。
道を歩く、かなりお年を召した方の胸の谷間が見えるワンピースが、まだまだバカンスよ!と語っています。

ヨーロッパのすてきなマダムは、若い人用の服を着ているのではなくて、
自分にぴったりの、自分も人も楽しませるようなドレスを着るのが上手です。
(わたしはおばあさんのそんな姿がかなり好きです。ヨーロッパの太陽の下では自然なのです。
皮膚はしわしわで、夏は日焼けしていて、腕や背中にたくさんシミがあって、無防備で無邪気なマダムたち、まだまだ健在です。)

ウィーンの水は相変わらずおいしく、観光客相手でも、レストランやカフェの感じがよいのも相変わらず。
朝のカフェで、じっくりと新聞を読んでいる人が多いのも相変わらず。
祝日と日曜には、店が一斉に閉まって食べものが買えない、というのも、相変わらず。
普通のバターやクリームが、日本で食べたことがないくらい美味しいのも相変わらず。

でも、駅に有料のきれいなトイレがあって、どこかみたいにお出かけするたびに何度もカフェを探す羽目にもならないし、
お野菜、乳製品、お肉など、BIOなマーケットが増えたみたいです。

柚 葉
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-02-15 07:18:32

太龍寺(徳島県)

テーマ:旅日記 Voyage
桑野駅から、バスとロープウェイで太龍寺にも行きました。
ロープウェイは山を二つも超えるものです。(わたしは怖くて無言でした。)

太龍寺の本殿は夏ごろまで修復中ですので、行くときはご注意を。
昨年の台風で大きな杉が倒れ、
屋根が壊れてしまったそうです。

雨の日だったので雲の中に閉じ込めらられてしまったようでした。
下界からずいぶん隔たった山の中に、巨杉(きょさん)に守られてお寺はあります。
大師堂にある中国のお話を描いた彫刻が洗練されています。

虚空蔵菩薩さんにお願いごとをしようと思っていたのですが、
覆いをかけた本殿を目にしたら「虚空蔵菩薩さん大丈夫ですか?」と思わず尋ねてしまいました。
「無傷~。」と聞こえたような気がしましたよ。
虚空蔵菩薩さんってどんな方でしょう?旅を終えたら少し調べてみますね。

柚 葉
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-02-15 06:08:06

日和佐(徳島県)

テーマ:旅日記 Voyage
photo:01

四国の右下、日和佐(徳島県)でのんびり過ごしています。
夏にはウミガメが産卵に訪れ、冬は海から登る朝日がダルマ形になります。蜃気楼現象の一つだそうです。
わたしたちも大きなダルマさんを見ることができましたよ。

日和佐には、お遍路さんの23番目のお寺である薬王寺があります。
朝の8時ごろお参りに向かったところ、参道で掃き掃除をしていたおばあちゃんが、
「今日はお昼の12時から餅まきがあるよ~、今ごろお餅が届いた頃だ。」と(たぶん)言ったのを、
わたしは聞き逃しませんでした。なので、11時ころにもう一度お寺に行くと、
お坊さんたちの読経(転読)が力強くて(野球の試合みたいだった…)驚きました。

それから、餅まきがありました!!!お年寄りも張り切っていて、かなり危険なバトルでしたけれど、
一個取れたら輪から外れようと決めていたのに二つも取ってしまいました。

とりあえず、ここまで。
柚 葉
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-07-28 08:53:31

ハイキング キプロス編

テーマ:旅日記 Voyage
キプロスでのハイキングを思いだしたので、久しぶりに旅日記。
お食事中の方は、、、PCをパタンと閉じて、感謝して食べましょう。

キプロス共和国、リゾート?と呼ぶには、なんだかざらざらした印象です。
壊れたものと造りかけのものがあって、車がすごい速い。でもわたしはまぁ楽ちんで好きですよ。
(ストア派の研究者のお友達には、うらやましがられました。)

島の西の方、アカマスというところに、とっても気持ちのよい自然遊歩道があります。(アフロディテの泉もあります。)
海を見下ろしながら歩けます。鳥になって海の上を飛んでいるような景色が広がります。
空と海、思い出すだけで気持ちがよいです。カラッと底抜けに明るいハイキングです。
お花もたくさん咲いていました。

その山では山羊の放牧をしています。わたしはハイキングの終わりの方で山羊に会えました。
それまでは、乾いたコロコロの糞がたくさん落ちているのをみて、山羊はどこかな?と楽しみにしていました。

一休みしているときに、わたしが石を両手に持って(触ってないよ!)、その乾いたものを割っていたら、
「君、それが何か分かっているんだろうね?」と、いっしょにハイキングをしていたギリシャ人に言われました。

嶮しい山道ではないです。岩の山だけれど、ガラガラ動かず、草も生えていて足元はしっかりしています。
バレリーナの靴みたいなのをはいた女性はよく滑っていましたが・・・。
たっぷりのお水とおやつを持って、気軽に歩きはじめて大丈夫です。雨は降らない、と思う。(責任取りません)

遊歩道の入り口のところに、美味しいお魚料理のレストランがありました。
冷たい白ワインと、お魚の交渉ができる人がいれば、その人にまかせて、その日のお魚を食べられます。
(大きな魚は、何人かで頼んだりってこと。)

最後には、グリークコーヒー、えっと、上澄みだけを飲む泥コーヒー。(わたしは好きですよ。)
コーヒーを頼むと、「どんなコーヒー?」と聞かれるので、一回目に「グリークコーヒー」と言ったら、
「サイプラスコーヒー」と言い直されましたので、キプロスでは「キプロスコーヒー、お砂糖少し入れて、お願いします。」
と頼んでいました。

そんな、一日を過ごせるところです。

柚 葉
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-07-11 17:04:25

ピラトゥス

テーマ:旅日記 Voyage
帰国しました。暑い…湿度に体が慣れてない…。
(でもお布団は無事でした。よかったぁ。わたしも成長したなぁ。)

ヨーロッパも暑くて「バスもトラムも窓小さすぎ!」などと文句を(日本語で)言っていましたけれど…

photo:01


スイス、ちゃんと山も行きましたよ。
ルツェルンのそばのピラトゥスに登山鉄道で登りました。
すぐにこんな景色に会えます。(雲の上のアルプス見えるかな?)

が、スイスパーク*のアトラクションをいつの間にか外れてしまって、ちょっと涙がでたくらいの厳しさを味わいました。
(* スイスは国全体がテーマパークみたいだからわたしはそう呼んでる、物価が高いし、
すべてにスイスのマークが入ってるから。ついでに言うと、
日本は生簀(いけす)あるいは釣り堀みたいです。腕のよい誰かがしかければ、群がって食いつくから。)

ピラトゥスは、わたしにとってその名の通り、ピラトの亡霊にとりつかれる場所になりました。

でも、岩山を下りながら、そのときの格好のせいもあって修道士の気分だった。
身体が雨にぬれても乾くのは楽しい体験だった。雨が小止みになって明るくなった時は元気がでたし、後で虹が出た。

やっとたどり着いた村(?)には優しい人がいた。街に戻る最終のバスは出た後でした。



柚 葉
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-07-05 15:47:25

レマン湖

テーマ:旅日記 Voyage
山に行くはずだったのに、最近、坂があったら下りがちです。
気が変わってレマン湖の岸にいますよ。
photo:01



ロザンヌのすぐそばのリュトリ(Lutry)というところ。振り返れば葡萄畑、最高!

お天気がよいので、泳いでます。(あ、ちょっとだけです。)
でも湖と雪のある山がつながっている。
そんな風景を見ているのは、体は日に焼けて、目から冷気が入ってくる、って言ったら伝わるかな。

それにしても雪のある山ってきれい。
一日中見てても目が離せない!

柚 葉
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-06-09 23:10:31

再 クラクフ(ポーランド)

テーマ:旅日記 Voyage
写真はありません。ごめんなさい。
(誤解を生みそうなところも直しました、ついでに少し足しました。のでタイトルに「再」を付けました。)

クラクフには、コペルニクス (1473-1543) が学んだヤギエウォ大学があります。
地動説が説かれる前からある大学で、今もおんなじように思索する人々は素敵ですね。
小さな街ですが、気の遠くなるくらいの深さを、内に向かい、空に向かい、感じてしまいます。

ポーランドの作家・・・、と考えても思いつかなかったけれど、歩いていて見つけたかわいい本屋さん(奥にカフェあり)に、
ゴンブロヴッチのフランス語訳が置いてありました。あ~そうか、彼やブルーノ・シュルツはポーランド人だと思いつつ、
どちらの本も日本語訳で読み始めて途中で断念したのを思い出して、買いませんでした。

あまりちゃんとしたレストランに入っていませんが、スーパーで買えるハムが安くて異様に美味しいです。
ビールの味はいたって普通。街中のスタンドで買った、1キロ150円しないくらいのイチゴもおいしかった。
次はウィーンでそれなりに物価が高いから、ここで少し食料を買っていきましょう。
そうそう、クラクフからウィーンまでは夜行列車で行きます。

お天気が良くて暑い日のクラクフは、意外に(?)フェミニンなスカート率が高いです。
そして、みんな脚、とくに膝から下、が長くてよく似合います。
「あんなに脚が長いと、物を落としたら取れないんじゃない?」と日本人が心配していたので、ちょっと笑いました。

ここに来て2日目には、お気に入りのカフェを見つけました。
「シエスタカフェ」は、(少しもポーランドっぽくないけれど)店員さんも感じがよく居心地がよいです。
日によってかかっている音楽が違ったけれど、フランス語の歌が流れているときは、なんとなくフランス人が来て、
フランス語での会話が隣で始まっていたりします。
(自分たちのことを棚に上げて、街にポーランド語表記しかない等の文句とか・・・。
確かにパリと比べたらクラコフの方が英語が少ないです。でもフランスの他の都市ならどっこいどっこいでしょう。)
が、わたし、カフェの机の上に乗っていたランプを落として壊してしまいました・・・。
今日の店員さんはあんまり英語が得意でなかったのか、謝ったけれど何も言われなかったので、
お茶代しか払わなかったけれどよかったのかしら?
そんなこんなで、もうクラクフを離れます。

そうだ、『karnet』という月刊の雑誌(無料)に、その月のイベント情報が載っていてクラクフ旅行に便利そうです。

柚 葉
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-11-17 21:46:17

アッシジ Assisi

テーマ:旅日記 Voyage
わたしがイタリアで初めて滞在した街は、北イタリアのパドヴァ (Padova) という街です。
そのときに「遠出をしよう、どこがいい?」と尋ねられて、まっさきに答えたのが「アッシジ (Assisi) 」でした。

誰かさんに「学校の遠足みたい」と言われた気もしますが、とにかく花の都フィレンツェを素通りして、
アッシジに向かいました。(後にフィレンツェを訪れてその美しさに圧倒されたとき、よくもまぁ素通りできたものねと、
自分の無知に呆れました。。。)

アッシジは小高い丘の上にあり、聖フランチェスコ(フランシスコ 1182-1226)と聖女キア-ラ(クララ 1194-1253)の聖地です。
それぞれの聖堂には、ピンクと白色の大理石が使われていて、大きい建物ながら穏やかな印象を受けました。

あたりに転がっている石からも、感情のようなやさしさのような、どこか人間的なものを感じるのは、もちろん色のせいもあるでしょうが、太陽や星や鳥たちといっしょに神をたたえた、聖フランチェスコのことを想いながら歩くからでしょうね。

聖フランチェスコ聖堂には、ジョット(Giotto di Bondone)による聖フランチェスコの生涯を描いたフレスコ画があります。
とても有名な「鳥に説教をする聖フランチェスコ」が観たくて、アッシジを選んだのです。
タイトル通り、聖フランチェスコが説教をしている周りに鳥が集まっている場面が描かれています。

聖堂や広場がある町中を出て、山の方へ入っていくと、その辺りは、
聖フランチェスコとその弟子たちが、素朴な生活戒律を守って暮らしていたと言われる場所です。

質素な僧院、星を見上げながら遅くまで話すこともあったでしょう、座るために並べられた石、
立ち止まって瞑想に耽ったり、聖書を読んだりするための数々の洞窟、
今も祈りを奉げているかのような木々、植物、鉱物、鳥たち。
彼らに必要なものだけがあって、それで満たされた気持ちになります。

聖フランチェスコについては、本も映画もありますが、
ダリオ・フォー原作のコメディーフランセーズの役者さんによる一人芝居、「神の曲芸師」を観たことがあります。
かなり前なので面白かったのに忘れてしまいましたが、ジャグラー(!)のフランチェスコが語る、自分の生涯。
愚痴ったり、かなり粗野に(だけど人として魅力的に)怒ったりしていたような。。。

そのお芝居の中で、彼の「小さい兄弟修道会」をローマ法王に認めてもらうときに、
法王が、民衆からの施しを蓄えて、それを貧しい人に分け与えること、をさらに加えなさいと言うと、
「分け与える立場というのは結局、権力を持つことになるからできません」と断る場面がありましたね。
なぜかそこだけ覚えています。

聖フランチェスコの「清貧」について、わたしは詳しく知らないのですけれど、
アッシジでは、厳しさよりも人間っぽさを感じました。

柚 葉
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-07-19 21:10:43

サン ベネデット デル トロント San Benedetto del tronte

テーマ:旅日記 Voyage
暑中お見舞い申し上げます。暑いですね、お元気ですか?

久しぶりに旅日記です。
アドリア海に面した San Benedetto del tronto (イタリア) というところに少しだけ滞在しました。
サン・ベネデットの中心は古い街ですが、海側は夏の人口が冬の三倍以上というバカンスの土地です。
海岸までは公共の乗り物がないので(たぶん)、誰かに送ってもらわないと動けません(と思います)。
建物は普通のアパートに見えるけれど、ほとんど夏しか使われていないセカンドハウスです。
それでも乾いた菜園で収穫している人がいたり、日本の別荘とは人と土地とのつながり方も違うなぁと感じます。

そこに別荘をもっているイタリア人いわく、サン・ベネデット・デル・トロントは、あんまり外国人が来ない場所だから、
「日本で言うなら、草津(温泉)みたいな感じよ~。」です。
え?と思ったけれど、わたしはどちらもとても好きなので、もしかしたら共通点があるのかもしれません。
草津温泉は東京からバスで簡単に行けますね。サン・ベネデットとローマもたしかバス一本で行けたと記憶しています。

この場所ですることは、海に行く、ビールやワインをがぶがぶ飲む、ピザを食べる、ジェラートを食べに行く、以上、です。
週末の市場に靴を買いに行くというのもずいぶん勧められたので、加えてもよいかもしれません。。。
魚介類は美味しいはずなのだけれど、わたしのうろ覚えとおぼつかない会話によれば、その辺りでお魚を捕ってはいけない時期があります。

山も海もどちらも好きですが、この場所に行ってからは、海の方が好きになりました。
海に行きたいです。

Ciao ciao,
yuba
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。