2012-07-04 20:16:09

梅干し

テーマ:仕込み conserves
梅干し用の梅が届きました。
黄色くなった梅が三分の一くらい。本当はもうちょっと追熟させたいけど、
今日塩漬けにしてしまわないと、仕事とか七夕のお祭りに行っているうちに傷んでしまうでしょう。
梅干しの塩分は、15%にしてみました。
焼酎(じゃなくてベヘロフカ(35度くらいのチェコの酒)があまっていた)もほんのちょっと。

赤ジソはまだです。
何が楽しみって、自分で梅干しを漬けるってことは、赤梅酢がたっぷり手に入ること、です。

土用干しのころに日本にいるかなあと心配したけれど、たぶん大丈夫。
今年は大きめのざるを買ったので、ぜひ、干したいです。

梅仕事の終わりが見えましたが、7月の仕込みはまだまだあります。
今、胡瓜のピクルス用にいったん塩漬けにしています。(一年間、常温で大丈夫なピクルスを作ります。)
ついでに農園でもらったズッキーニもピクルスにしてみるため、仕込中。

来週からは、加工用トマトを使って瓶詰作りを開始する予定です。
日本でも加工用に使えるトマト(しかも無農薬よ!)が売られるようになって、うれしいです。

缶詰のトマトも使いますよ。自分で作るのよりおいしいし、安いです。
自分で作ったら、開けるときに大丈夫かなあと不安がよぎります。
それでもわたしは自分で作っておきたいです。

なぜかなあ?生活に、あらゆる意味で競争を持ち込まないためかも。
いつも、おいしさとか、安さとか、手軽さとかを比較して生活するのが面倒くさいのです。
「旬に正直に自分で作った」という価値は、争いようがないでしょう?

つくづくわたしはよい主婦ではないです。

柚 葉
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
同じテーマ 「仕込み conserves」 の記事
2012-06-27 19:15:04

ところてん

テーマ:仕込み conserves
和歌山の加太というところに行ったとき、天草(テングサ)を買っておいたのを見つけました。
手作りところてんが食べたーい!ということで作りました。
ちゃんと固まりましたけれど、まだ食べることができていない。
というのも、心太を押しだす器具がないってことに作り終わってから気が付いたのでした。

天草そのものが、もうきれいにしてあったので簡単。
干したりするのが大変なのでしょうね。海に行きたいです。

ついでに、濾して残った天草をもう一回煮だして、寒天を作りました。
やぶれた煮梅を寒天で固めて、作りかえる作戦。
こちらはだいぶゆるいですが、いちおう固まってます。

柚 葉
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-06-24 10:52:08

煮梅と梅ジャム

テーマ:仕込み conserves
映画を見ながら煮梅を作っていたら、皮が破れました・・・ほとんど全部。
やってしまった。また来年、作ります。。。

農園でもらった残りの梅は、いちおうジャムにしておきました。
でもわたし、パンをあんまり食べないからジャムって全然、使わないのです。
あんまり甘くしないでおいて、料理に使うことに決定。

傷を取り除いて、茹でてから一度裏ごしし、それから砂糖入れて煮詰めました。

柚 葉
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-06-20 20:14:31

らっきょうと浴衣

テーマ:仕込み conserves
らっきょう、今年は一度塩漬けしてから(二週間くらい?)、甘酢に漬ける方法にしましたよ。
それから、今日はもう浴衣を着てしまいました。
だって、襦袢を着て単衣を着てお茶の稽古に行こうとしたら暑くてぐだぐだになったんだもの。
浴衣最高です。断然気持ちがよいです。

さて、らっきょう。去年はたしか海外に行く一日前に、根つきラッキョウを買い、
きれいにして、甘酢つくって、瓶に漬け、「元気でねバイバイ!」でした。
それはそれで悪くなく、まあまあ順調に(おもにカレーかお弁当で)らっきょうを消費しました。

らっきょうが減っていくとともに、普段用の寿司酢がラッキョウを漬けていた甘酢になって、
ちょっとらっきょ?というちらしずし、何度も食べました。
(炊飯器がなくてご飯を保温しないので、あるものでちらしずしや巻きずしの頻度が高いです。)

今日はラッキョウを剥いて、塩に漬けましたよ。
やることがいっぱいだったので昨日から段取りを考えました。でも失敗したこと。

洗濯機を回しながら、らっきょうの皮むきを始めたら、洗濯が終わっても皮むきが3分の1しか終わっていなかったこと。
ついでに、指がらっきょうの匂いになって、洗濯ものを干すのがためらわれたこと。

梅酒とか梅干しとか胡瓜のピクルス用に、いろいろ甕とか瓶とか用意をしていて、
らっきょう用は忘れていたので、急きょピクルス用ガラス瓶を使ったのですけれど、
「わたしは塩漬けにするときは陶器にしたいんだよ~~~!」となぜか強く思いました。

仕込み物の経験がとっても少ないわたしに、何がそう思わせるのか知りませんけれど、
もしかしたらなにか楽しいことかもしれないから、そういう気分もちょっと大事にしています。

柚 葉
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-06-19 22:17:51

梅仕事

テーマ:仕込み conserves
青梅が届きました。今年の梅酒は、純米酒の原酒で作ります。
氷砂糖を控えめにして、日本酒のおいしさが全面に出たら大成功!
特別な梅酒として、我が家に君臨してもらいましょ。

梅干しは、まだ梅が届いていないのでホッとしてます。

予定外に、農園で梅をいただいてしまって、
(自分のところで使わないんだからおいしくない梅に違いない、とちょっとは疑ってますけど。)
辰巳良子さんの「煮梅」を作ってみます。夏のお茶うけにぴったりだそうです。
おいしいといいなあ、小さいながらきれいに花が咲いた梅の木でした。

それから残りは、梅エキスにしてみようかなあ。ごく微量しかできないのよね。。。
大根おろしみたいにおろして煮詰めます。
青梅をおろしたことがありますけれど、梅一粒でおろし器にちょっと何かくっついた?
というくらいしかできず、こんなことやってられるか~!と放りだした経験有りです。

さらに今日、らっきょうも届いちゃった。休み一日で(途中習い事あり)仕込み終わるのかなあ?
でも、青梅のへたは今日の帰宅後に竹串でほぼ全部取り終わりましたよ。

柚 葉
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-06-06 19:26:51

紅ショウガ

テーマ:仕込み conserves
今年も紅ショウガを作りましたよ。
$ゆばー*短歌* ≪Ecoute! Ecoute!  C'est Ondine≫

じつは、新生姜の時期がわかりません。
働いている農園では今、生姜の苗を植えたところです。。。
でも、新生姜を見つけたら作らずにはいられません。

去年は、最初から新生姜を刻んでしまって、赤梅酢に漬けただけでした。
それは、一年持ちませんでした(冷蔵庫には入れていない)。

今年はどうしようかなあとちょっと考え、あいかわらず塩で下漬けはせずに作ることにしました。
梅酢の量が足りなくて、ちょっとしか作れませんでした。結局一年、持たないなあ・・・。

生姜を刻んで少量の赤梅酢に漬け、ちょっと重しをしておく。
全体が浸かるくらいに水分が上がったら、水を捨て、さらしに包んで絞る、
それから、2時間くらい天日干し。
水分が飛んだなあ、と言うくらいで赤梅酢に本漬け。
(今日はお茶教室の日だったので、途中からタスキ掛けの単衣で作業。。。スリル満点です。
とは言え、着物はアンティーク屋さんで買った中古だし、まあ赤梅酢なら色がかわいいし、汚れてもいいや。
あ、でもお店の人には、「洗うときは洗濯屋さんに出してあげてね。」ってかわいらしく言われたんだった。。。)

紅ショウガはお好み焼きや、お弁当用のちょっとしたふりかけ作りにぜったい必要なので、
一年に一回は作らないとね。

ただいま、らっきょうも、梅仕事も材料、道具を揃えたりと準備中ですよ。

柚 葉
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-05-27 10:05:02

ちりめん山椒

テーマ:仕込み conserves
ただ今、ちりめん山椒を仕込中。(写真は炊き終わって干すところ)

$ゆばー*短歌* ≪Ecoute! Ecoute!  C'est Ondine≫

お醤油の量を減らしたから、ちょっと色が白いかも。でき上ったら、おにぎりにしましょう。

金曜の夕方、「土曜日のお給料代わりに山椒の実をください。」と交渉してみたら、
すんなり交渉が成立しました。えへへ。

お気に入りの山椒の木のところで、小さめのお茶碗一杯分くらいを摘んで帰りました。
前から、実を摘むならこの木、と決めていました。
なぜか知りませんけれど、この木とわたし、仲よしな気がします。(勝手に・・・。)

帰ってきて実についている軸を取り、眠くて寝て、早朝、また軸を取っていたら、
「え?徹夜?」と言われました。ノーン、いくらなんでもそんなに時間はかかりません。

もう一回くらい、ちりめん山椒を作ることができるかな?
あとは、お魚を煮たりするとき用にお醤油に漬けておくことにします。

お気に入りの木に、実をたくさん残しておいたので、実がはじけるころになったら粉山椒も作るつもりです。
種を取るって書いてありました、大変そ~。

柚 葉

いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-05-01 20:51:15

再 わらび

テーマ:仕込み conserves
わらびのあく抜き、もう一回、重曹を使ってやってみたらうまくいきました。
不思議なことに茹でたらわらびがとけますけれど、熱湯なら溶けません。
お湯もちょっとでも茹でたら、まっ茶色になってしまうけれど、熱湯なら緑色の水になります。

溶けたら何かの海藻みたいに、ねばねばして、それはそれで良いような悪いような・・・。
わらび、かなり面白いです。

前回のわらび蕎麦の他に、今日のお弁当用に山菜おこわ(わらびしかないけど)を作りました。
(いつもはご飯を鍋で炊くためだけに5時に起きますけど、今朝はおこわのために4時半に起きました。
それからお仕事に行ったら、またわらび採り・・・。こんなにシダ植物な日常でよいのだろうか?)
理想のおこわにはまだまだですけれど、いくつか試してみます。もち米も楽しいです。

ゲロゲロ、グアグア。
$ゆばー*短歌* ≪Ecoute! Ecoute!  C'est Ondine≫

柚 葉
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-04-29 07:48:38

わらび

テーマ:仕込み conserves
蕨(わらび)、仕事でたくさん摘んでいます。
昨日はお料理に出せないと言うのを(喜んで)持って帰りました。
明日はお休みだし、「朝はわらび蕎麦!!!」と寝る前に重曹を入れて茹で、そのまま放置して寝ました。

$ゆばー*短歌* ≪Ecoute! Ecoute!  C'est Ondine≫

あく抜きなんてそんなむずかしいわけない、と思っていたのが甘かった。
朝起きたら、やわらかくてずるずるの蕨になっていました。あ~あ。全部一気にしなきゃよかった。

働いている農園では木灰を使っています。わたしもそうしよう。

でも、わらび蕎麦は食べましたよ。おいしかった。
あく抜きに失敗したわらびはすぐ使ってしまうけれど、
うまくできるようになったら(このシーズン中に!)保存する方法を考えます。
ときどきはわらび蕎麦を食べたいもの。うふふ。

柚 葉
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-03-29 21:25:16

草餅

テーマ:仕込み conserves
働いている農園で、「蓬(よもぎ)をちょっと貰いますよ。」と言ったら、
「いっぱいもらえ!」と言われました。畑の強害草らしいです。
でも一気にいっぱい摘んでくると、洗ったり処理をするのが大変になって楽しくないです。
だから悪いけれど、ちょっとずつ摘みます。

蓬は猛毒のトリカブトの一種の若芽と似ているとのことですけれど、
危ないのはきっちり取って無いようにしているようなので、安心です。

で、さっそく草餅を作りました。写真は、蓬をすりつぶしているところ。

$ゆばー*短歌* ≪Ecoute! Ecoute!  C'est Ondine≫

草餅もお店によってだいぶ違いますね。いちおう理想の草餅のイメージはあるのですけれど、
わたしが作った草餅は、まだ蓬が若すぎて香りが弱いのと、なんかいろいろ理想とほど遠いものでした。
少なくとも言えることは、ちゃんと冷めてから食べるべしです。
生温かいと、あんこたっぷり餅薄めでも、口の中にくっついて息ができない感じです。

柚 葉
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。