1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2010-06-22 10:46:43

鈍色の烏賊 des seiches grises

テーマ:短歌仏訳 Tanka
「足垂れて鈍色(にびいろ)の烏賊売られゐついづこに行きても梅雨雲の下」
                                大西民子 『花溢れゐき』 1971

"Ashitarete Nibiirono ika Urareitsu Izukoniikitemo Tsuyugumonosita"
                              Onishi Tamiko Hanaafureiki 1971

Laissant prendre ses bras, des seiches grises étaient vendues,
Je ne sais où je dois aller maintenant, je serai toujours sous les nuages de pluie

宮崎の畜産農家さんのために。
美味しい宮崎を味わい尽くそう  さまざまな宮崎支援をまとめてみました  川南町役場ホームページ

Bisous,
yuba

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-06-14 11:26:31

蚊帳  moustiquaire

テーマ:短歌仏訳 Tanka
「淡からぬ眠りのあとの蚊帳たたむ青くふくだむものをふりつつ」
                               安永 蕗子 『魚愁』 1962

"Awakaranu Nemurinoatono Kayatatamu Aokuhukudam Monowofuritsutsu"
                            Yasunaga Fukiko Gyosyu 1962

Après le sommail qui n'est pas doux,
Je plie ma moustiquaire en enlevant quelques choses pâles et gonflées

宮崎の畜産農家さんのために。
美味しい宮崎を味わい尽くそう  川南町役場ホームページ

あ、一晩水に漬けておいた大豆をたっぷり茹でて、冷凍しました。
Bisous,
yuba

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-05-24 09:05:48

旋回する tournoyer

テーマ:短歌仏訳 Tanka
「ゆきゆきて終の切崖(きりぎし)見むとする鳥かもしばしわが上めぐる」
                               安永蕗子 『蝶紋』 1977

"Yukiyukite Tsuinokirigishi Mimtosuru Torikamo shibashi Wagaue meguru"
                           Yasunaga Fukiko Tyomon 1977

Il peut vouloir voler jusau'à la falaise à l'extrémité du monde,
L'oiseau, qui tournoie un certain temps sur moi

終の切崖ではないけれどパリに戻りたい。逆ホームシック真っ最中です。でもすぐ治るから心配しないで。
それからおばあちゃん、コメントありがとう。
ちょっと偶然が重なって、わたしの友達の一人だと完全に勘違いしたままお返事をしてしまいましたが、
これに懲りずにまたコメントをしてください。それから、今年梅干しを漬けるなら、梅酢を多めにしてください。

宮崎の畜産農家さんのために。JA宮崎には宮崎の畜産を守るための署名活動について掲載されています。
口蹄疫で失われるもの   川南町役場ホームページ   JA宮崎

bisous,
yuba

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村
  
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-05-13 09:50:20

ぬくぬくと à son aise

テーマ:短歌仏訳 Tanka
「米呉るる家漬物をくるる家ぬくぬくと我は貧しさに居る」
                                 石川不二子 『牧歌』 1976

"Komekururu ie Tsukemonowo kururu ie Nukunukuto wareha Mazushisaniiru"
                               Ishikawa Fujiko Bokka 1976

Il y a des voisins qui me donnent du riz
ou qui me donnent des légumes salés (tsukemono),
Je vis à l'aise dans la pauvreté

ごめんなさいこれ、冬の歌です。Désolée, c'est un poème d'hiver...
石川不二子さんは、農業、牧畜業を自ら選び、歌集にはそんな暮らしの中の歌がたくさんあります。
終わりの二句、わたしはちょっとフランス人みたいだなぁと思います。一般化するのは気がひけますが。
宮崎県の畜産農家の方々に、少しでもほっとする時間が訪れますよう、心から願っています。

$ゆばー*短歌* ≪Ecoute! Ecoute!  C'est Ondine≫
グリンピースできました。宝石みたいに美しいです。
ciao,
yuba
にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-04-30 11:21:01

藤の花 La glycine (plante)

テーマ:短歌仏訳 Tanka
「一房の藤の垂り花夜の底の地中にふかく伸入りにけり」
                             斎藤 史 『ひたくれない』 1976

"Hitofusano Fujinotaribana Yonosokono Chichunifukaku Nobiirinikeri"
                             SAITO, Fumi Hitakurenai 1976

J'ai vu une grappe de fleurs de la glycine,
qui plongait dans la terre, au fond de la nuit

Ciao,
yuba

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-01-17 10:27:28

韻 une rime

テーマ:短歌仏訳 Tanka
「南西に浮かぶ二日の細月の金環切れて韻くま闇に」
                            安永蕗子 『冬麗』 1991

Nanseini Ukabufutsukano sengetsuno Kinkankirete Hibikumayamini
                       YASUNAGA, Fukiko Torei 1991

Le croissant fin de lune flotte dans le ciel du sud-ouest,
Quand son cercle d'ore casse, la rime sonne dans les ténèbres

bisous,
yuba

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-01-14 13:45:21

ひとすじの雪 

テーマ:短歌仏訳 Tanka
「あたたかき身央(みなか)を通るひとすぢの僧にとどかぬ雪降りていし」
                              安永蕗子 『蝶紋』 1977

"Atatakaki Minakawotoru Hitosujino So nitodokanu Yukifuriteishi"
                         Yasunaga Fukiko Chomon 1977

Il tombait de la neige qui n'atteignait pas à un moine
(Je n'entands pas bien la premiere moitie de ce tanka)

前半がよくわからなくて躊躇していたのですが、雪がちらちら舞っている中を歩いたときに、
この歌の後半部分が思い出されたので。

bisous,
yuba

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-01-13 18:20:05

足もとに降る tombant aux pieds - Onishi Tamiko

テーマ:短歌仏訳 Tanka
「足もとに降り積む雪を見てをれどさびしくてわれは木などになれず」
                              大西民子 『雲の地図』 1975

"Ashimotoni Furitsumuyukiwo Miteoredo Sabisikutewareha Kinadoninarezu"
                          Oonishi Tamiko Kumonochizu 1975

Je voix de la neige tombant et s'accumulant aux pieds
Si solitaire que je sais que je ne peux pas devenir arbre

一番といってよいくらい好きな歌ですよ。あたたかくしてお過ごしください。

bisous,
yuba

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村



いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-01-12 11:13:30

シャルトル Chartres - Kuzuhara Taeko

テーマ:短歌仏訳 Tanka
「寺院シャルトルの薔薇窓を見て死にたきはこころ虔しきためにはあらず」
                                      葛原妙子 『飛行』 1954

"Jiin Chartres no Baramadowomite Shinitakiha Kokorotsutsumashiki Tamenihaarazu"
                                   KUZUHARA, Taeko Hiko 1954

Je veux regarder les rosaces à Chartres avant la mort
Mais ce n'est pas parce que je suis bonne chrètienne

大きな薔薇窓(丸いステンドグラス)の大聖堂があるシャルトル Chartres へ、以前、パリから日帰りで行きました。
シャルトル・ブルーと呼ばれる青い薔薇窓もその反対側にある深紅の薔薇窓も、豪華でちょっと怖いくらいです。

Ciao,
yuba

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-01-09 10:16:57

星鰈 une limande à étoile - KUZUHARA, Taeko

テーマ:短歌仏訳 Tanka
「いまわれはうつくしきところをよぎるべし星の斑(ふ)のある鰈を下げて」
                                葛原妙子 『葡萄木立』 1963

"Imawareha Utsukushikitokorowo Yogirubeshi Hoshinofunoaru Kareiwosagete"
                         KUZUHARA, Taeko Budokodachi 1963

Je traverserais maintenant un beau lieu
Avec une limande à étoile pendue à la main

ciao ciao,
yuba

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。