1 | 2 次ページ >> ▼ /
2011-09-29 20:33:23

秋の一冊(?)

テーマ:本 livre
お勧めしませんが。

Yve Paccalet というエコロジストの、DEUX MAMELLES DU BONHEUR conte cruel を読んでいます。
タイトルを直訳すると、『幸福のふたつの乳房  残酷な物語』です。
ヴォルテール ( wikipedia) の Candide ou l'opetimism  『カンディード(純真な人)あるいは楽天主義者』の現代版。

『カンディード』は、ライプニッツが主張した、「最善説」(この世界は可能世界のうちで最善である)や、
「充足理由律」(すべての事実にはそれを成立させるに足る理由がある)、「予定調和説」などを皮肉る物語です。

主人公カンディードが、「この世界は可能世界のうちで最善だ」という原理(楽観主義とも言われる)
を家庭教師から学び、「最善世界なのに」と嘆きながら、困難な目にばかり遇って旅をした後、
「労働をしよう、畑を耕そう」という結論に至る物語です。バーンスタインの音楽によるオペレッタも楽しくて大好きです。
わたしは、ライプニッツもヴォルテールもどちらも好きです。この世界は、可能世界のうちでもっともたくさんある状態
(もっとも確率が高い)のひとつだと思っていますが、実際にどうなのかは知りません。

で、本題。『幸福の乳房』は、これまた無垢な主人公、ブノワ (ユダヤ人とアラブ人の卵子と精子から、
ジャン=ジャック・ルソーと李白(!)の遺伝子を加えられて、実験室で生まれた)が、哲学者の説く、幸福の二つの乳房、
すなわち「自由」と「進歩」から、たらふく飲んで育ち、「おじさん(哲学者)の言う通りだ。」と言いながら、
そんな世界で多くの「残酷さ」を目撃するという話。

「充足理由律」の代わりに、すべてには「経済的な」理由がある、になっていたり、
「なん人も「市場の」法則を知らないことは許されない。」(法律は不知を許さず)等のにやりとする皮肉が続きます。
浅はかなエコロジストに対する批判もありますし、ホモ・サピエンスに対する失望を強く感じます。
読んでいる間はだいぶ性格がひねくれます。わたしは影響を受けやすいので、皮肉が得意ではありません。

わたしは著者に共感しているわけではないし、実は最後二章を残しているのでまだ結論を知らないのですが、
読みはじめてよかったなと思います。最後が楽しみです。『キャンディード』みたいに舞台になるのかな?
(ハリウッドの人たちに訴えられるか・・・)

柚 葉
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
同じテーマ 「本 livre」 の記事
2011-09-27 08:46:05

イヌザンショウ???

テーマ:ブログ blog
この前排水溝にいた若木が、山椒ではないかもしれないとのこと。
そうですよね、なんでこんなところに山のものがあるのでしょうね。

棘が対生だということは一応確認しましたよ。(葉っぱ集団の下にとがった襟みたいな棘の対がある・・・)
まだ小さくて、携帯の写真にきれいに写らないのですが、植物図鑑で見て犬山椒ではないと思ったんだけどなぁ。。。
難しいなあ。

とにかくもう少し様子をみてみます。根付かないかもしれないし。
今朝、お隣のおばさんに、「これ山椒だと思いますか?」と尋ねたら、
「わたしのところにも一本ある。」と、同じような大きさのを見せてくれました。
でもそちらは棘がもっと立派で、はっきり対生で、小さくても確かにとっても山椒な感じでした。ふうむ。
いいや、犬山椒でも!とにかく一冬越してみてくれるといいな。

柚 葉
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-09-25 12:24:45

若木

テーマ:自作短歌 mes tanka
「山椒の若木は排水溝に立ち小さき棘と香を放ちおり」
Un jeune arbre de poivre japonaise s'instale dans le canale d'écoulement ouvriant ses épines et sa bonne odeur

これまで一度も掃除をしなかった排水溝に、見たことのある小さな木が生えていました。
何気なく触ったら強くとてもよい匂いがして、「あ、これ山椒だ!何でここにいるの!」と笑ってしまいました。
ご近所からやってきたのかな?

周りにいたみみずたちとともにスコップに乗って、わたしの極小畑に移動してもらいました。
落ち葉の下に黒い土がたまっていた排水溝の方が楽しいかもしれない、と思いましたし、
そんな景色がわたしは嫌いではないのですが、誰かが気がつかないでお掃除をしてしまうかもしれませんから。
とりわけ「偶然」に関して、わたしは他人と意見が合わない、ということを最近学びました。

この若木、排水溝に立っているときは、香りに似合わずやんちゃ坊主のような風貌でした。
根づいてくれるといいけれど、どうでしょうね?

柚 葉
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-09-24 20:29:09

父 語録

テーマ:語録 bons mots
父上、一日遅れましたがお誕生日おめでとうございます。

たぶん中学三年生、高校受験のための勉強をしていた頃だったと思います。
わたしは父に、「なぜ勉強をしなければならないか?」と尋ねました。

父曰く、「やさしくなるためだ」と。

自分のわがままさ加減に自分自身も振り回されるほどだったわたしにとって、
非常に納得のいく答えでしたが、あれから何年も勉強を続けたにもかかわらず、
わたしは相変わらず全然やさしくなっておりません。
でも、大学、大学院ではたしかに、まじめにしていてもユーモアがにじみ出てしまう人たちばかりに出会い、
経済的に困窮しても温和な友人が多かったので、今でも父のその言葉は正しいと思っています。

もう一つ、実はわたしは中学1年生までサンタクロースが実在すると思っていました。(季節はずれでごめんなさい。)

父曰く、「サンタクロースはかわいそうな子供たちのところに先に行く」と。

わたしは、それはそうだと納得し、サンタクロースは両親がいない子供や、食べるものに困る子供などのところに行くから、
我が家には来ないけれど、わたしは両親にプレゼントをもらえるからいいと思ったのです。
保育園に来たサンタが輪ゴムで髭をとめていたので、偽物だ!と思ったことはありましたが、
サンタクロースがこの世界のどこかにいることを疑うことはありませんでした。

中学1年生の給食の時間に男の子たちに大変ばかにされ、ものすごく反論したことを今でも覚えています。
(本当にいると思っていたのはクラスでわたしだけだったので、ちょっと恨んでいますが・・・。)
最終的には、外国だろうが人も動物も空を飛べないと言われ、しゅんとしてしまいました。

でも、「サンタがいない」ことあるいは何かが「ない」ことを証明するのは、本当はすごく難しいでしょう?
なるほど、素敵な説明だったなぁと思い出すたびに感心しています。

そんなことを思い出しながら、父の誕生日の一日を過ごしました。どうか楽しい日々を。

柚 葉
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-09-19 17:43:56

さびしさ

テーマ:自作短歌 mes tanka
「さびしさは笛の音に似た一筋の風には去れぬ葉のように在り」
La solitude existe dans le coeur comme une feuille qui ne peut pas tomber à un souffle de vent ressemblant
au son de flûte

朝起きるときほんの少しの寂しさを伴います。
寝ている間に、違う時代の秋を過ごしているのかもね。

木にある葉っぱも緑、とは言え、今日二つだけ落ちていたぎんなんを拾いましたよ。とりあえず植木鉢に埋めました。
まだ臭いもしないから、わたしといっしょでちょっと気が早い子たちなのでしょうね。

(そうだ、今年は山の合宿をしません。実はとっても後悔しているところです。)

柚 葉
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-09-17 09:30:03

風の日の儀式

テーマ:自作短歌 mes tanka
「もう駄目だと思うときには風が吹き払われるものに別れを唱える」
Quand je suis perdu le grand vent souffle et balaye les choses auxquelles je prononcerai "Adieu"

ものがこんがらがるのが苦手、風が好き。
あ、元気だから心配しないでよ!

柚 葉
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-09-14 14:17:43

かぼちゃの種

テーマ:自作短歌 mes tanka
「かぼちゃから種を取り出し種から胚を取り出す次のかぼちゃの」
je sors des grains d'un potiron et sors d'un grain un germe qui devait devenir un prochain potiron

春になったら植えようと思って乾かしておいたかぼちゃの種、場所がない。
なので、小刀(?小さいナイフ)で種を剥くようにして、中身を出しました。
よく見る緑色のものが出てきます。

どうするのがよいのかわかりませんが、工具で種を割ると潰れてしまいます。

柚 葉
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-09-13 17:21:03

鳩の足音

テーマ:自作短歌 mes tanka
「落ち葉踏む鳩の足音がさごそと欲はなくても腹はへるもの」
Même un désintérssé deverait avoir feim, le bruit de pas des pigions marchants sur les feuilles mortes persiste

目の前の桜、木についている葉っぱはまだまだ緑なのに、色の変わった落ち葉も増えました。
毎日こんなに暑いのに。木々、大丈夫かなぁ・・・。
お昼ごろ、「誰だろう、ずっとがさごそがさごそ何をしているんだろう?」と下を覗いたら、鳩でした。

ついでに、日常のことはすぐに忘れてしまうからもう一首。

「失敗を道草として許す男(ひと) 皮をむき忘れた鯵のお刺身」

土曜日、お刺身にできるアジを手に入れ喜び勇んで帰ってきて、
わたしにしてはわりと身が残っている!というくらい順調にさばいたのに、皮を剥き忘れた・・・の。
なかなか噛み切れませんでしたよ。いや、二度と忘れないでしょう。

柚 葉
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-09-13 09:05:49

名月管絃祭

テーマ:ブログ blog
昨晩は下賀茂神社の名月管絃祭に行ってきましたよ。
すすきやお団子のお供え、お月さまと雅楽、すべて心地よく、ぴたりと心に添うものでした。

窮屈なことは何もなく、小さな子供たちが尺八や筝に聴き入っていたのも印象的でしたし、
演奏者の方をじっと見ている演奏会ではなく、厚ぼったい雲から月が顔を出せば、みんな空を見上げて、
さまざまな人のいろんな感情に寄り添うように音がある、それがとても新鮮でした。


でも月は、どこで観てもきれいですよね。
橋から月を観るのもぽっかりしていてとても好きです。

柚 葉
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-09-10 15:44:39

ほうじ茶色

テーマ:自作短歌 mes tanka
「ほうじ茶に染まった布を陽に透かし菌のことなどを淡く想っている」
Je pense vaguement aux bactéries en exposant au solei une serviette teinte du thé


夏のあいだ冷たいお茶を作るのに、正方形に切ったオーガニックのさらしをお茶パックがわりにしていました。
無漂白のさらしに茶葉を包んで結ぶ、お湯を注ぐ、しばらく待つ、冷やす、を夏中くりかえしていたら、
渋い色に染まりました。(色をイメージしてほうじ茶を選んだのですが・・・。わたしの暮らしは遊びの延長です。)
いつの日か集まった布を縫い合わせて、のれんを作りたいです。

毎回水洗いして陽に当てて乾かす、ときどき煮沸してみる、そんなこんなでお腹が痛くなることはありませんでしたよ。

柚 葉
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。