1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2009-10-31 18:38:46

ひよこ豆 des pois géants mexique

テーマ:仕込み conserves
ひよこ豆をゆでました。J'ai cuit des pois géants mexique.

乾燥したひよこ豆を一晩たっぷりの水につけておいて、水をとりかえ、2時間くらいゆでるだけです。
たくさんゆでて、小分けにして冷凍します。

これだけで、終わるのはさみしい・・・。えーと、
わたしは、カレーに入れることが多いです。凍ったままお鍋の中に入れます。
でも、お料理よりも、ひよこ豆をただ水につけたり、ゆでているときのほうが、断然好きです。

「辛い辛い辛い、あ、ひよこ豆の中がほんのり甘い!」を繰りかえすと、楽しいので、
辛いものの中に入れるひよこ豆のことを、「舌の避難所」と呼んでいます。
大きさといい、皮の強度といい、形といい、ひよこ豆はぴったりだと思います。

でも、もちろん、ひよこ豆のお料理はたくさんあります。ゆでて、冷凍しておくと重宝しますね。

Ciao,
yuba---*

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
同じテーマ 「仕込み conserves」 の記事
2009-10-31 02:47:11

ふるさと le pays natal

テーマ:自作短歌 mes tanka
「ふるさとのあわただしさも浮かび来る十三夜月に母の面影」
Je vois la physionomie de ma mère à la lune de l'âge de 13 jours et puis même la scène précipitée de mon pays natal me revient à esprit

Bon week-end !
yuba---*

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-10-30 11:02:25

弘川寺 

テーマ:自作短歌 mes tanka
平成21年10月27日 弘川寺を出て、
「雨上がりのはにかむやうな青空に命なりけり月が出てゐる」
Désolé, je ne sais comment traduire.

先日、弘川寺へ行ってきました。西行法師の入滅の地だと言われています。
境内にある西行の塚は、彼を慕い、足跡をたどった似雲法師 (1673-1753) が見つけました。
記念館があり、狩野探幽の「富士見西行図」や西行自筆の消息文など貴重なものが展示されています。
(記念館は春と秋しか開いていないようなので、行く前にご確認ください。)
Je suis allée au temple Hirokawa-dera, où il y a le tombe de Saigyo. J'ai déjà écris de Saigyo ici .
On y a construit le musée de Saigyo.

わたしが持っている、岩波文庫の『山家集』は、神保町の古本屋さんで購入したのですが、
買ったときに、新聞の短歌欄の切り抜きが何枚か入っていました。
弘川寺に西行記念館が完成したという記事もその中にありました。「60.3.31.毎日」と鉛筆でメモしてあります。
わたしはそれではじめて、この記念館のことを知りました。

本の前の持ち主が弘川寺を訪れたかどうかはわかりませんが、
わたしもいつかこの文庫本といっしょに訪れようと思っており、ようやく叶いました。
J'ai acheté autrefois un vieux livre de poche du recueil de Saigyo, "Sankasyu" et
j'y ai trouvé quelques coupures de journal.
Depuis que j'ai su du musée par une des celles, je rêvais y aller et ça s'est réalisé.

静謐でどことなくなじみやすいお寺です。わたしは、端正なお庭を前に、小説に読み耽り、
ずいぶんと長い時間を過ごしました。紅葉はまだで、その空間と時間をひとり占めにしました。

(乗るはずのバスを逃しました(理由はいくつかあります)。次のバスは1時間45分後でした。
バス停で待っているうちに雨が降ってきて、木の下で雨宿りをしました。
まわりには民家しかありません。富田林からバスで行かれる方は、帰りの時間をお調べになるように。傘もね。)
Le temple est calme. J'y suis resté lomgtemps en lisant un romans à la face du beau jardin japonais.
Alors j'ai raté mon bus... Il n'y a un autre qu'après une heure et 45 minutes.
Il a plu et je me suis abité de la pluie sous un arbre à côté de l'arrêt.

Ciao,
yuba---*

以下、私信 la lettre personelle ;

今回は荷物が軽いですよね?ふふっ。時間があったらおみやげをください。

ほしいものリスト (排他的でない「または」です。)、

1. Luminy の図書館で売っているT-シャツ (問題用紙をなくさないで !!!)

2. 近くの地域の白ワイン (ロゼでもいいよ。)

3. おみやげ屋さんの蝉 (色がきれいで、ぶら下げられるものを)

4. カランクの青色 (瞳の中に入れてきて)

Bon voyage, bon travail et regarde la 13e lune cette nuit !

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-10-29 16:16:25

古い古い太刀 Un sabre très ancien

テーマ:自作短歌 mes tanka
「いにしえの太刀は朽ちた古青き柄に触れるな神ならなくに」
Un sabre ancien a été pourri, ne touchez plus sa poignée bleue verte sauf des dieux !

大阪歴史博物館の伊勢神宮に関する展示を観に行きました。
オーディオガイドが三輪明宏さんでした。お神楽の曲にはもう、ぴったりの声でした。
とくに『日本書紀』にある伊勢神宮の起源を語っているときには、
天照大神が、ここにいようと思う、と言うところで、耳元に天啓を受けたかと思いました。
ちょっと大げさです。でも、もう一回聴きたいです。

Bonne soirée !
yuba---*

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-10-28 17:04:58

もたれる  S'appuyer sur / contre  - Kono Aiko

テーマ:短歌仏訳 Tanka
「うつそみは夫に凭れて泣かむとす吾が生に恃みて清き君ひとり」
                                 河野 愛子 『この間の道』 1955

"Utsusomiwa Tsumani Motarété Nakamtosu Wagaséinitanomité Kiyokikimihitori"
                                Kono Aiko Konoaïdanomichi 1955

Tant que je vivrai, si je veux pleurer je m'appuye sur mon mari,
C'est toi seul, toi très pur, sur qui je compte dans ma vie

「愛らしいエゴイストだと云われしに凭れてゆけばかばひ給ひき」
                                        同上

"Aïrashii Egoïste-dato Iwaréshini Motarétéyukéba Kabaïtamaïki"
                                         id.

Mon mari m'a dite étant égoïste mignon,
J'ai alors commencé à m'appuyer sur lui,
Ensuite il m'a protegée dans ses bras

二首目の訳を訂正しました。朝起きたら、昨夕の訳をつけた理由が思い出せなかったので。

短歌、その他いろいろ、わたしの訳をあんまり頭から信じないでください。
フランス語ができる人には、読めば危険を察知してもらえると思うのですが、
わたしなら、親しい人に聞かれたらこう伝えよう、と思って訳を書いています。柚葉語訳です。要注意!!
それに、訳すことによって、歌人の歌をどう読みたいのかがはっきりするので、自分の歌がうまくなるといいなと
思って訳しています。(わたしはかなりエゴイストです。愛らしくないのが残念なところです。)

Ciao,
yuba---*

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-10-27 19:44:39

グリンピース des petits pois

テーマ:自作短歌 mes tanka
「地に植えた青豌豆に雨が降りこれから長い対話が始まる」
Il pleut sur la terre où j'ai planté des petits pois, depuis maintenant une longue dialogue avec la nature commence

グリンピースを植えました。収穫は春、パリから帰ってからかな。(間にあわなければ、近所の方に食べてもらいます。)
露地植えなので、わたしがいない間に育つでしょう。ということは、わたしはまた桜を見ることができません。

Ciao,
yuba---*

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-10-26 07:16:37

漱石の漢詩 Soseki

テーマ:漱石 Soseki
Aujoud'hui je traduis encore une poésie de Soseki.

宿題の漢詩の2回目の訳は「説明的」との指摘を受けとりました。ありがとう。
表現の一つ一つを追っていたら、平仄(ひょうそく)や呼応の楽しさを見失いました。
一回目(ここです)のときはは何も考えておらず、まるで音楽を聴いてそれに合わせて歌っていたのですが、
確かに、二回目の訳(ここです)は、いじわるな音がしますね、と、反省(しているふり)はこれくらいに。
ほんとうは学んだことが多くて、うれしくてにやにやしていて、少しも反省していません。
これから何度も挑戦しますね。(でも根本的な原因はわたしのフランス語が足りないことです。)

例の友人は「試作ヲ詩作シ思索ス、(ときどき、詩裂ク)。」のようです。
ごめんなさい・・・。最後一言はわたしの想像です。姿が浮かんでしまいました。

今日は、漱石の最晩年の漢詩を訳します。季節が遅れてしまいましたが。
芙蓉の花はもうすっかり枯れています。しぼんだ形のまま。

漱石 大正5年9月15日

素秋揺落変山容  素秋揺落(そしゅうようらく) 山容(さんよう)を変(へん)ず
高臥掩門寒影重  高臥(こうが) 門(もん)を掩(おお)えば 寒影(かんれい)重(かさ)なる
寂寂空舲横浅渚  寂寂(せきせき)たる空舲(くうれい) 浅渚(せんしょ)に横(よこ)たわり
疎疎細雨湿芙蓉  疎疎(そそ)たる細雨(さいう) 芙蓉(ふよう)を湿(うる)おす
愁前剔燭夜愈静  愁前(しゅうぜん) 燭(しょく)を剔(き)りて 夜(よ)愈(いよ)いよ静かに
詩後焚香字亦濃  詩後(しご) 香(こう)を焚(た)けば 字もまた濃し
時望水雲無限処  時(とき)に水雲(すいうん)限りなき処(ところ)を望み
蕭然独聴隔林鐘  蕭然(しょうぜん)として独(ひと)り聴く隔林(かくりん)の鐘

Soseki le 15 septembre 1916

L'automne est blanc, des feuilles tombent et des montagnes sont changées
Je me couche seul, la porte est fermée et l'ombre froide me ressemble

Une barque deserte et tranquille mouille sur la basse
La pluie fine et clairsemée mouille des fleurs de ketmies

Avant avoir eu la tristesse, si j'éteign la bougie, la nuit est de plus en plus calme
Après avoir composé des vers, si je brûle de l'encens, l'encre de Chine est vive

J'aspire souvent le nuage et l'eau qui vont sans limites
Le son de la cloche lointaine me pénétre profondément

mouiller  v.t 濡らす v.i 停泊する です。知らなかったので驚いてしまいました。
毎日なにかしら驚いています。

Ciao,
yuba---*

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-10-25 06:48:14

「魂の緒よ」 百人一首89番 le numéro 89 de Hyakunin - isyu

テーマ:和歌仏訳 waka
「魂の緒よ絶えなば絶えねながらへば忍ぶることの弱りもぞする」
                              式子内親王 (? - 1201) 『新古今和歌集』 1205

"Tamanooyo Taénaba Taéné Nagaraéba Shinoburukotono Yowarimozosuru"
                         Shikishinaï Shïnno (? - 1201) Shinkokinwakasyu 1205

Le mot Tamanoo veut dire la vie. Mais si on traduit mot à mot, Tamanoo est le cordon de l'âme (et du corps).
Le poète alors utilise toujours des verbes liés au cordon. Mais je veux choisir des verbes liés naturellement à la vie.

Si la vie s'éteigne un jour,
Il vaut mieux s'éteindre maintenant, ma vie,
Si je vis lontemps, je pourrais manquer de volonté à cacher cet amour

題が与えられなかったら、詠まれなかった、とは思いません。
Ce tanka a été composé avec la thème donnée à l'avance.
Mais on crois qu'elle (le poète) s'expose son vrais sentiment ici.

Ciao,
yuba---*

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村

いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-10-24 10:31:26

雲に雲が un nuage suvre un autre

テーマ:自作短歌 mes tanka
「雲に雲がついてゆくとき二羽の鳥は陶酔のうちに弧を描かずや」
Quand un nuage suivre un autre, deux oiseaux semble tracer un arc en extase

Bon week-end ! (et n'oubliez pas reculer votre montre cette nuit !)
yuba---*

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-10-23 12:25:47

ジェノバ Gênes

テーマ:旅日記 Voyage
空が青いです。午前中は外で本を読みました。午後もそうしましょう。

旅日記を。今日はジェノバ(イタリア)です。フランス語では "Gênes"。
形容詞は "génois (e)"。ふわふわのスポンジケーキは、なぜか知らないのですが "génoise" と呼ばれます。
Aujoud'hui je parle du mon voyage en Gênes.
J'aime les quartiers où les gens habitent plus que la rue touristique.
Il y a deux zones que j'appelle, à ma guise, la ville en air et le labyrinthe de sous terre.

ジェノバの街の一部は世界遺産で、赤と白の宮殿のある通りは美しいのですが、
私が好きなのは、まずはやっぱり普通に人が住んでいる地域です。
海と山の間の狭い土地に建物が立ち並んでおり、道はほとんどが坂です。
くねくねと細い道が縦横に走っています。

山側は、空中都市と呼びたくなります。
山壁に公共のエレベータがついており、夕方、それに乗って家に帰る人をたくさん見ました。
Dans la ville en l'air, il y deux ascenseurs publics et on rentre chez soi avec ça.

上から見下ろすと、建物の4階や5階、屋根裏などに入り口用のドアがあり、
ときどき、一般の道からそのドアまで細い道が渡してあるのが見えます。
一人しか通れないような白い道などでつながっています。
残念ながら、プライベートな道なので柵があって入れませんでしたが、
いつもそこを通って家に出入りすることを想像したら、猫になったような気がしました。
On entre dans son appartement de la porte de 3 ou 4 étages ou du toit comme un chat.

海に下っていく側も、非常に入り組んでいます。こちらは地中の迷路みたいです。
そして、突然、細い道に沿って魚介類の店が開いていたりします。
本当に、あんまり天気のよくない、光の少ない時に、その場所を通ると、
ぴかぴか光る魚や白魚がたっぷり器に盛られてぼうっとしていて、
見たことのない生き物を売る店のようでした。
Dans le labyrinthe de sous terre, on trouve soudain des poissoneries.
Et bien sûr, Gêne est célèbre par les épices et la sauce verte des pâtes qu'on trouve au grand marché.

屋根がある大きな市場もあります。ジェノバなのでハーブ類が豊富です。当然ながら楽しいです。
ペスト・ジェノベーゼの瓶はお土産屋さんに売っていました。

そのときは、残念ながらホテルに滞在していたので、キッチンがなく悔しい思いをしました。
もちろん、魚料理はリストランテなどで食べられますが、
異国の市場で食材を買うのは、知っている人が急に太っていたり、
大きくなっていたり、違う名前を使って遊んでいるみたいで楽しいですよね。
(あんまりにも未知なものは、わたしはいざとなると買えません。)
C'est dommage que je suis resté dans un hôtel sans cuisine,
parce que je voulais vraiment acheter des poissons et des regumes au marché.

それから、海が見える水族館のあたりは街並みが新しくて、解放感があります。
でも、私は断然、空中都市と地中迷路の方が好きです。

観光シーズンからはずれた時期だったので、宮殿の中にある美術館はほぼ貸切のような状態で、
美術館の監視員の人がすごく丁寧に接してくれました。
ヴァン・ダイク(Anthony Van dyck 1599-1641) の肖像画がたくさんあるので落ち着きます。

ジェノバは、思いがけず楽しかったので、イタリアの最初にしました。
わざわざ、日本からジェノバへ旅行に行くというのは、ちょっと想像できませんが。。。
イタリアには、たびたび行く機会に恵まれましたので、これからも少しずつ書いていきます。
Gênes me plaît beaucoup.

Bonne journée !
yuba---*

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。