湯浅醤油ソフトクリーム × 生一本 | 世界一の醤油をつくりたい 湯浅醤油有限会社 社長 新古敏朗のブログ

世界一の醤油をつくりたい 湯浅醤油有限会社 社長 新古敏朗のブログ

湯浅醤油の社長、新古敏朗が想いを綴ります。
和歌山県の情報の発信、イベント情報などの掲載
日本の醤油の発祥の地から世界のトップもしくは、本当に醤油にこだわっている人に知ってもらいたいと思っています。

丸新本家湯浅醤油有限会社の新古敏朗です。

 

醤油ソフトクリーム (牧場と湯浅醤油のコラボ)

和歌山の海南にある自然放牧で育った牛の

黒沢牧場さんのソフトクリームに生一本の醤油

を練りこんだ醤油ソフトクリーム。

 

そのソフトクリームに生一本黒豆醤油を2・3滴たらすと

醤油の美味しさがはっきりとわかり、

お醤油が好きな方は特に、ソフトクリームが好きな方はさらに、

美味しくご賞味できますよ。

 

醬油ソフトクリーム

きっかけは、従業員さんのアイデアで、しょうゆ入りのアイスクリームをつくる事になりました。
地元の黒沢牧場さんとお話をして実現にたどり着けましたが、

 当時は、何処にも負けない美味しいアイスを販売しようと企画が始まりました。

 

本当は、醤油ソフトを最初から始めたかったのですが、

 まだ、皆さんに知られていない醤油見学蔵だったので、1日10個くらいは売らないと

赤字ですよと言うことで、醤油アイスクリームを開発する事になりました。

その代わり、美味しいのを作るぞ!って感じでした。

そして、蔵の人気とアイスの人気が次第に広がりを見せる中で、

 醤油ソフトクリームに格上げする計画になりました。

 

 

色々あり、ソフトクリーム開発で、メーカーさんが手助けしてくれる話も有り、

機械も無料と言う条件までだしてくれたのですが、

その会社の資材を買うことが条件でした。

 

そうなると、地元牧場の美味い味が出なく

 機械も実費で購入し、原価が何倍もしますが、地元牧場にこだわり

  この辺で何処にも負けないしょうゆソフトクリームを販売する方向に向かいました。

 

そしてできあがったのが、生一本黒豆醤油の入った「湯浅醤油ソフトクリーム」です。