魯山人が食べた 鴨料理店 | 世界一の醤油をつくりたい 湯浅醤油有限会社 社長 新古敏朗のブログ

世界一の醤油をつくりたい 湯浅醤油有限会社 社長 新古敏朗のブログ

湯浅醤油の社長、新古敏朗が想いを綴ります。
和歌山県の情報の発信、イベント情報などの掲載
日本の醤油の発祥の地から世界のトップもしくは、本当に醤油にこだわっている人に知ってもらいたいと思っています。

La Rôtisserie d'Argent

魯山人が鴨丸々のままローストされているのを捌き、取り分けられた鴨肉にソースをかけようとしたメートル(給士係)に「かけるな!」と命令し、ソースがかかっていないままの、鴨の切り身が乗った皿を要求、懐に隠し持っていた粉わさびをグラスの水で溶き、醤油を取り出し、わさび醤油で食したエピソードが有名ですが、
 
トゥールダルジャンのセカンドビストロです。2015年に訪問しました。
 
もちろん 魯山人醤油でも食べました。
 

 

 

美味しんぼの3巻に書かれたエピソード

フランスで有名な高級レストラン「ル・キャナル」が東京に支店を出すことになり、開店祝賀のパーティーに招かれた、美食倶楽部を主催する海原雄山(魯山人のモデル)が悶着を起こしてしまうことになる。

 

鴨肉にわさび醤油をかけて食べ 海原雄山は「この方が美味い」と言う