フランス ボルドーの醤油の現在 2019年6月20日 | 世界一の醤油をつくりたい 湯浅醤油有限会社 社長 新古敏朗のブログ

世界一の醤油をつくりたい 湯浅醤油有限会社 社長 新古敏朗のブログ

湯浅醤油の社長、新古敏朗が想いを綴ります。
和歌山県の情報の発信、イベント情報などの掲載

湯浅醤油有限会社、丸新本家の新古です。
 
ボルドーのメドックで1級シャトーのワイン樽を使った醤油造り 
 2018年11月に仕込んで約7ヶ月の歳月が経ちました。
 
現在のボルドーの醤油は、どうなっているのか? 
 
正直こんなに反響があるとは思いませんでしたが、
 噂が広がり、いろいろな方から(国内、フランス、ドイツ、オランダ) 
  問い合わせやメッセージが来ています。
自分も驚いています。
 
 
下記の写真のように順調に発酵しています。
ボルドーの醤油

2019年6月19日のワイン樽の醤油もろみ

 
フランス産有機(大豆、小麦)、ゲランドの塩、ボルドー軟水ミネラル水を使用しています。

 

 

味も塩角がだんだんとれて、醤油らしいものがみえてきました。
 今のところ順調です。
 
今後の方針ですが、このモロミを今年か来年 濾布で搾って 
 生醤油を新樽のワイン樽に入れます。
 
ボルドーワインのように寝かした後に、ビンつめして販売になりますので、
 発売は、来年の予定です。
 
フランスでのプレミア限定販売予定です。
 
そして、フランスで色々お世話になっているのが、内田修さん(メドックのワイン醸造家)
 
 
湯浅醤油(有) www.yuasasyouyu.co.jp
丸新本家   www.marushinhonke.com
フェイスブック www.facebook.com/yuasasoysauce