フランスで湯浅醤油を造るプロジェクト 7 熟成報告 4月 | 世界一の醤油をつくりたい 湯浅醤油有限会社 社長 新古敏朗のブログ

世界一の醤油をつくりたい 湯浅醤油有限会社 社長 新古敏朗のブログ

湯浅醤油の社長、新古敏朗が想いを綴ります。
和歌山県の情報の発信、イベント情報などの掲載


テーマ:

湯浅醤油有限会社、丸新本家の新古です。

 

フランスボルドーで醤油を造るプロジェクトのその後の報告です。

やっと、フランスの気候も暖かくなり、2018年11月に仕込んだ

ボルドー醤油もやっと発酵が始まりました。

 

その報告です。

 

見た目もモロミのとろみと言うか、小麦が溶けてる様子がうかがえます。

まだ、大豆は丸いのが見えてますのでまだまだこれから味も良くなってくるでしょう。

 

黒い点は、小麦を手で行ってますので、少し焦げが入っているのが見えています。

これが、香ばしい香りを醸しだしてます。

 

ボルドー醤油の管理は、ワイン醸造家の内田修さん

内田さんは、フランスボルドーのメドックに渡り、日本人的繊細なワインつくりしています。

彼の醸造所の一部を借りて醤油造りをしていますので、私が日本に居る間は様子を見てもらっています。

 

今回の彼のコメントが下記です。

「濃い口というのでしょうか・・・ とにかく混ぜている時の香は抜群に良いです。香ばしい大豆を煎ったような香りです。 味はやはり塩が先行してしまうので、辛いという感じですが、その中に深い大豆と麦の日本の味がします。旨味を感じます。」

 

湯浅醤油(有) www.yuasasyouyu.co.jp

丸新本家   www.marushinhonke.com

フェイスブック www.facebook.com/yuasasoysauce